MTBアイテム

いままで使ってきたアイテムでネットで買えそうな製品を一挙ならべてみました。

タイヤやホイールなどの足回りパーツ

タイヤ

KENDA BLUE GROOVE LITE-DTC 26インチ×2.0 FB

LITE-DTCという軽量モデルですが、コンパウンド自体の軽さより、トレッドのセンター部のブロック高さが特徴。当然走りは軽く、初王滝はこのタイヤで走った感じは高次元は期待できないけど砂利、ガレ場ともナチュラルな操作性が印象かな。ただし、泥濘には弱い・・・
3気圧くらい入れて走りをブロック任せにしても良感じで、結構好印象なタイヤです。
関連ページ:http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2007/04/post_e03b.html

---------------------------------------------------

IRC MIBRO for MARATHON TUBELESS

LITE-DTCと同じコンセプトのIRCと思ったら別物でした。08春王滝でチューブレスを使ったけど、2.1の太さが気にならない走りの軽さは特筆!。ただし、角のあるタイヤの乗り方をつかめないと・・・。KENDAとは違いあまり高圧にすると乗りにくい。角を感じない程度の空気圧がオススメ。
関連ページ:http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2008/05/post_0686.html

---------------------------------------------------

【MAXXIS□マキシス】 XCタイヤ ARDENT アーデント

トレイル系で今一番お気に入りのタイヤ。特性が無いのが特徴かもしれない。野沢DHMじゃ漕ぎが軽かった印象だったけど、王滝の8時間は苦痛だった。反面野沢の激坂はつらかったけど王滝の下りは凄い楽だった。ブロックが小さく細かいけど走行抵抗はある。また、「急」や「乱暴」なことをすると裏腹な挙動を示すので、トレイルをゆるく乗るのにベストかな?空気圧を上げても意味が無いみたい。
上背あって重たいワタクシ系ではなく、体重の軽い女性や子供の下り系には結構使えそうな予感。

関連ページ:http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2008/08/mtb_7a32.html

---------------------------------------------------

IRC アイアールシー TAMASHI DH DEEPCONTACT

04苗場DHでの戦利品で、今年の野沢DHMの決勝で初めて日の目を見たタイヤ。ハードなDH用でとにかく漕ぎが重かった。しかし、いざ下りになると全く不安は無くドライ時のAERDENTよりコントロール出来た。このタイヤというよりハードなライドにAERDENTが向かないだけかな・・・
ピュアなDHレースをしない今、重いだけで使い道が無いレーシングタイヤ。

関連ページ:http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2008/08/post_cd91.html

---------------------------------------------------

【MAXXIS□マキシス】 XCタイヤ HIGH ROLLER UST ハイローラUST

実際に使っているのはDH用2.35のチューブド。07野沢DHMの決勝でFSRXCに履いて参加。漕ぎも軽く泥詰まりもない。ピュアなダウンヒルにも使えるタイヤ。角張っているわりに挙動はナチュラルで、USTの2.2でもう少し軽い仕様があれば、間違いなくチョイスすると思う。2.1のXCチューブドを買おうか検討中・・・
関連ページ:http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2007/08/post_8f3f.html

---------------------------------------------------

MICHELIN ミシュラン DH24ATチューブレス 26×2.2

実際に使っているのは2.5のチューブド。07野沢DHMの試走で久々に使ってみた。数値からは思えない漕ぎの軽さとラウンド形状で非常に扱いやすい。2.2があればまだまだ使いたいタイヤ。唯一の欠点は高価で供給が不安定。コレを買うとKendaが2セット弱買えるという事実から手が出せない。
でも、欲しいなぁ・・・

関連ページ:http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2008/08/post_a4ce.html

---------------------------------------------------

IRC MTBストリートタイヤSMOOTHIEスムーシー

完組のD2に組んであるスリックタイヤ。20mmアクスルのRANSOMには使えないけど、FSRに組んで海岸沿いの国道でロードを追撃するのに使っているタイヤ。普段は奥様の通勤チャリにセットしてあるスリックタイヤ。
チューブは下に紹介したパナソニックのR-AIRの1.25がベストフィット!

関連ページ:http://senor.blog.so-net.ne.jp/2006-04-23

---------------------------------------------------

ホイール・チューブ

SHIMANO DEORE XT WH-M770

前後揃えても約5万円で済む20mmアクスルのホイールとしては十分な性能を持っていると思う。唯軽いだけではなく、ワタクシの荒いライディングでも決して振れることがないので、AM用のホイールとしては十分。趣味のDHerでも問題なく使える。軸受けがシマノのコダワリで汎用ベアリングでは無いことと、お世辞にも格好良いとは言えないデザインという点に問題意識を持たなければ利用価値を感じる。
関連ページ:http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2008/04/post_7e10.html

---------------------------------------------------

MAVIC CrossRide Disc

FSRに使っている完組ホイール。前後で3万円は魅力。だけど重いし、本数が少なく扁平されたスポークをという特徴がトレイルで何度か仇になったことも。重いホイールらしく高速域では良い感じに廻ってる。個人的にはD2の方が好感持てるけど、手軽さはこちらのホイールかな。スペアホイールの入門用にどうぞ。

関連ページ:http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2007/04/post_68e8.html

---------------------------------------------------

PanaracerパナレーサーR-Air自転車用チューブHE26×1.75~2.1仏式

王滝での失敗以来、常用のチューブドタイヤは全てこのチューブ。軽量チューブはパンクしやすいという話は迷信にしか思っていない。携帯用に軽量チューブが便利で、そのチューブを定期的に下ろしてまた新しいチューブを携帯して・・・というサイクルにすると自然と全部このチューブになることに。
本当はこれよりスペシャの普通のチューブの方が好きだった。。。

関連ページ:http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2007/04/post_b963.html

---------------------------------------------------

MTBを組むときの基本パーツ類

コンポーネント

シマノ XT リアディレイラーRD-M770-GS

ショートゲージのXTを入手したとき以来の感動があったディレイラー。シャドーされてトラブルが少ないのはもちろん、テンションスプリングが1つ少なくなったのに暴れないでリニアに反応してシフトしてくれる。
最近は下位グレードもシャドータイプになったので一度お試しあれ。
関連ページ:http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2007/10/post_bcc9.html

---------------------------------------------------

【SHIMANO DEORE XT】フロントディレイラー TOP SWINGタイプ FD-M770

意外と粗末にされるフロントメカですが、やはりXTは剛性が高くてキビキビと変速してくれる。ワタクシは昔の人間なのでシフトの瞬間ペダルの力を抜く癖があるけど、踏みっぱなしの人はやっぱこれくらいの剛性のディレイラーの方が反応いいかもしれない。

関連ページ:http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2007/10/post_bcc9.html

---------------------------------------------------

【SHIMANO XTR】SM-RT97S センターロック ディスクブレーキローター

2種類のマテリアルを使っているのは、軽量という目的ではなく、ローターの振れを防いでくれている。最近、熱膨張の差のためか、ブレーキを頻繁に使って熱くなってくると「パキパキ」と音がするようになった。AMには向かないので、XTクラスのローターがお勧め。であれば8インチも選べるので、今、ワタクシに制約なしで選べといわれたら8インチを選ぶと思う。

関連ページ:http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2007/04/post_576a.html

---------------------------------------------------

【SHIMANO DEORE XT】デュアルコントロールレバー ディスクブレーキ用 ST-M775(油圧式ブレーキ用)

下り系の人間には何故か評判の悪いデュアルコントロールレバーだけど、ワタクシは愛用者。理由は親指の負担を減らすためで、1日下っていると親指の付け根がつき指したように痛くなっていた。その痛みから解放されるのだから選ばない手はないだろう。もともとひとさし指は常にブレーキレバにかけて乗っていたので全く違和感が無かったりします。
これも、LXを使っていますが、XTはサーボウェーブになったようで、制動力アップが期待きる。が、そろそろハンドルクランプの方法を2ポルトにしてほしいなぁ・・・

関連ページ:http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2007/11/post_6aed.html

---------------------------------------------------

FC-M770 シマノ XT クランクセットFC-M770 シマノ XT クランクセット【自転車】

ホローテックの剛性は周知の事実。そこにプラスして、今回はミドルギアがカーボンコンポジットになった!この剛性アップがすばらしく、今までミドルはあまり使わなかったのだが、ミドルの漕ぎの軽さを知ってからはめっきり使うようになった。このクランクはお勧めです。

関連ページ:http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2007/10/post_bcc9.html

---------------------------------------------------

【SHIMANO DEORE SLX】 ハイドローリック・ディスクブレーキキャリパー BR-M665

今使っているLXの姉妹品でHONEの下のグレードになるのかな?色以外はLXと違わないように見えるけど、制動力が20%向上しているそうだ。
もしかしてサーボウエーブが制動力を上げているんじゃない?いずれにしても、それほど上位との差がないように感じます。

関連ページ:http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2007/11/post_6aed.html

---------------------------------------------------

下れる軽量パーツとしてチョイス

その他パーツ

EASTON MonkeyLite XC CNT ハンドルバー

名前の通りクロカン用。「DHで大丈夫?」という質問を何度か受けましたが、PL法な国の製品で、我々はゆるい下りに使ってもそうそう何もないでしょう。
何よりカーボンバーで1諭吉のレンジでDH用並の幅のバーはそうそう無いのです。見た目はカーボンのくせにカーボン模様でないCNTがいただけませんが・・・
関連ページ:http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2007/10/post_0df7.html

---------------------------------------------------

selle ITALIA SLR T1

SLRベースでトライアスロン用に前にGELがついたモデル。デザインは毎年変わっているけどコンセプトに変更はないみたい。軽くてほどほどの値段で何といってもテールエンドにケブラーを巻いて転倒に強く、しかも乗り位置が広いので、MTBでの利用も好印象。ただ、レザーが摩擦に弱いようで泥だらけでたくさん乗る場合は再考が必要のようです。

関連ページ:http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2007/11/selle_italia_sl_6aee.html

---------------------------------------------------

SHIMANO SH-MT41B SPDシューズ

激しい走りをしない今はツーリングモデルを好むようになりました。特に山サイの場合は歩く、担ぐなんていう状況も多く、靴としての最低限の機能が必要です。今まではディアドラとかのビムラム系を好んでいましたが、最近シマノも良さそう(に見える)なシューズが出ましたので履いてみました。
個人的にはAdidasが気になってます。

関連ページ:http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2008/04/post_b963.html

---------------------------------------------------

MTBのメンテナンスはここから揃えましょう

工具

リーフ 82A-5 ツールボックス

一般の工具だけでは何も手がつけられないのが自転車で、いつ何が必要になるか解らないのが工具類。
このセットの品質は決してよくないけど、無いよりはマシ。使う工具も半分程度かもしれないけど、これをとりあえず買ってよく使う工具をアップグレードしていくのがいいかもしれない。
このせっとにはホローテック用の工具が入ってると書いてあったが本当だろうか・・・
関連ページ:---------------

---------------------------------------------------

TL-FC16シマノ クランク取付工具

ホローテックのクランクを締めるためのダイヤル工具。
これでなくても十分代用できそうだけど、代用する必要もないくらい安い工具なので揃えてしまおう!

関連ページ:http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2007/11/post_a463.html

---------------------------------------------------

シマノ純正工具TL-FC32 アダプター取付工具.

ホローテックⅡのBBを締める工具。これが無いとホローテックⅡの取り付けは出来ないと思う。
20mmアクスルのロータのロックリングもこれで締めるので必須な工具なのかもしれない。
ワタクシはレンチ型ではなくボックス型(廃番?)を使っていますが、締め付けトルクはレンチ型で十分みたい。

関連ページ:http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2007/11/post_a463.html

---------------------------------------------------

シマノ TL-CT11 ケーブルカッター 

ニッパーで代用できそうで出来ないのがワイヤーカッター。
ブレーキが油圧になってから出番はめっきり減ったけど、それでも絶対必要な工具。
アウターケーブルを切るにはコツがあるので我がBlogから探し出してくださいませ。

関連ページ:-------------

---------------------------------------------------

バルビエリ ビジョンエアー(エアゲージ付き自動・手動両用ポンプ)

突然携帯工具の紹介。
ハンドポンプとCO2とエアゲージがセットになったコンパクトなインフレータ。
以前、王滝で泣いてから携帯ボンベは妥協しないことにしました。
でも、まだ1回も使ったことないし、コンパクトな故、全てがアバウトな作りな予感もするのでボンベは2本持って走っています。
CO2の長所を否定しているような行動だけどね。

関連ページ:http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2008/04/post_b963.html

---------------------------------------------------