« 不整脈の根治を目指します【入院までのあれこれ(その1)】 | トップページ | 不整脈の完治を目指します【先生!カテーテルアブレーションお願いします】 »

2016/09/02

不整脈の根治を目指します【運命ともいえるストーリー】

色々悩んで色々探って、色々調べているうちに時間は流れて今年の5月。
今年の佐渡ロングライドも当然絶不調ではありましたが、天候にも恵まれ例年どおりの計画をこなし、

http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2016/05/2016-a415.html

日々の生活もいよいよ辛くなった頃、会社の健康診断時期となりました。

検診項目に心電図の項目はあるものの、今までとくに再検査になることもなく「所詮、健康診断なんて・・・」と思い受診したのですが、今回はその予想を全く覆されました。

そもそも、検診当日はありがたいことに朝から不整脈を発症していて、これで何も言われなかったらどうしてくれようなんて思って受診しました。
心電図以外ほかに異常の無い体なので他の検診はなんの問題もなく通過、心電図検査の時点でも医師ではない検査技師から直接「不整脈」と言われことはありませんでした。
一通り検査も終わり、最後は医師の所見となりますがどう見ても80近い現役引退先生という感じのおじいちゃん医師は検査の内容に目を通すと、「健康そのものだね」と太鼓判を押してくれました。
「何か気になるところは」
の問いに・・・

「不整脈」っぽいんですけど・・・と告げると、おもむろに聴診器を胸にあてるや否や

「はい!不整脈」

さっきとった心電図の記録持ってきて!
お、これはひどい、すぐ医者行きなさい!
町医者なんて行かないで大きな病院行きなさい!
そうだ、診断書を書いてあげよう、おい、診断書持ってきなさい。
どこ行く?大学病院か?

○○病院に知り合いが・・・

おぅそうか、知り合いがいるならそこに行きなさい。
すぐ行くんだぞ。
こんな検診の結果待って、町医者行ってから紹介されていたんじゃ時間かかって仕方がない!

・・・といった感じで、所見健康診断だと思っていたはずが、あれよあれよと紹介状を即日、しかも無料で書いていただくことができました。

1472797723457.jpg

うれしいやら、驚くやらで、看護婦さんからあとで名前をうかがってググってみたら、そのおじいちゃん医師はなんと、県内の大学病院の心臓外科の第一人者を経歴を持ち、医師会などの顧問をされている、心臓のことを語らせたら右に出れる医者が居ないような方でした。

そんな感じで第一難関ともいえる大病院への通行手形である診断書を労せず入手に成功。

次はカテーテルアブレーションを施していただける執刀医探しを開始しました。

|

« 不整脈の根治を目指します【入院までのあれこれ(その1)】 | トップページ | 不整脈の完治を目指します【先生!カテーテルアブレーションお願いします】 »

健康管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不整脈の根治を目指します【入院までのあれこれ(その1)】 | トップページ | 不整脈の完治を目指します【先生!カテーテルアブレーションお願いします】 »