« 野沢温泉のエンデューロに参加してきます | トップページ | 輪行して墓参りに行ってきました【GENIUSの初輪行】 »

2015/08/05

野沢温泉エンデューロに参加してきました【テッペン取るのは難しい・・・】

ちょっと時間があいてしまいましたが、去る8月1日2日に開催された野沢温泉エンデューロに参加してきました。

Dsc05843

結果は年代別2位でしたが、数え切れないくらいの世界戦出場、全日本チャンプに輝いた今でも現役の小坂選手と1.55秒差だったので上出来です。

賞品はこの手の大会にありがちな「詰め合わせセット」(ポーチャンちゃんは付属しません)

Dsc05839

Tシャツや消臭スプレー、入浴剤などなど。

時代錯誤な不良在庫のサスペンションフォークなどをいただくよりありがたいですね。

今回、不覚にも本戦にカメラを持参しなかったという大失態でろくなレポートがかけませんがレースを振り返ってみます。(同行メンバーがFBにアップしたフォトを流用してます、お許しください)

今回の大会も前回同様エンデューロというカテゴリで、基本は下りのタイムアタックレースなのですが登りも多めの設定。しかも移動は自走が基本という若干クロカンよりなダウンヒルレース的な種目です。

麓の大会本部をスタート。

11813490_467446760090645_2747160992

最初のリエゾンはゴンドラで中腹まで登ってそこから山頂までを自走するという設定なのでプロテクターをパッキングしてスタートしました。

Dsc05832

中間駅から山頂までの標高差約200mは自走区間でゴンドラを横目に林道を登っていきます。スタート時間までは1時間以上余裕があるのですが、登っているうちにだんだんとテンションがあがって、スタートから30分足らずで到着してしました。

リエゾン区間の設定は1時間半なので山頂で1時間ほど休憩することになります。

Img_0005

緊張感も特に無いスターとエリアの近くの木陰でシドニーオリンピック代表だったバイクランチの雷太選手を見かけたのでローカルトレイルの雑談をさせていただき時間を潰しました。

SS1のスタートです。
今回の大会は野沢温泉スキークラブの運営とあって機材はスキー競技仕様。
そのため、エンデューロでは聞かないカウントダウンタイマーの音とともにスタートでした。

「ピィーン」・・・・・・・「ポッ」「ポッ」「ポッ」「ピッ」「ピッ」「ピッ」「ピィーン!」

この音、たまんないねぇ~(^^)

走りのほうは可もなく不可もなく、焦らず淡々と走ることを目標に、丁寧にポイントを付く走りに徹しました。
そんなこともあり、とくにレポートするこも無い内容で無難にゴール。
振り返ったタイムは「3分45秒・・・」。

順位速報も無い光電管なので早いのか遅いのか解りませんがとりあえず楽しく走れました。満足。

引き続きSS2に向けてリエゾン区間を移動します。
ここのリエゾンは下りオンリーで辛いところはありませんが、唯一の難点が日射し。

Img_0007

そのため、スタート地点手前の木陰でみなさん休んでいたのでセニョも便乗して休憩しました。

SS2はダウンヒル色が強かったSS1とは違い漕ぎと突っ込みが大切なコース設定です。

漕ぎは苦手だけど死ぬ気で漕いで、とはいえ頑張り過ぎて酸欠となり、最後のゲレンデスラロームでミスしない程度な加減を目標に走ります。

「ピィーン」・・・・・・・「ポッ」「ポッ」「ポッ」「ピッ」「ピッ」「ピッ」「ピィーン!」

漕ぐ、漕ぐ、漕ぐ・・・登る。

漕ぐ、漕ぐ、漕ぐ・・・あんまり早く感じない・・・けど漕ぐ・・・

Img_0009

ゴール!!

「2分33秒・・・」遅くは無いけど決して早くないタイム。SS1とSS2を合計したタイムで決められる順位をしばし待つことにします。

それまではとりあえず・・・

Img_0015

「カンパーイ!!」って感じで緩い時間の中リザルトを待ちました。

結果としては総合で22位、Bクラス13位とダメでもないし惜しくも無い順位。
期待できる年齢別は・・・・

1.55秒差で2位。。。

ん?「小坂}???、あの?
と、ここで始めてシクロクロス、MTB界のレジェンドが参加していたことに気づきました。

小坂選手が相手じゃ2位は上等。でも、あと2秒早ければ夢のような結果だったじゃん・・・

などと一人で悶々としたなか表彰式が始まりました。

11704837_808735302578496_3518670616

なんだかんだといっても表彰されればやっぱり嬉しいですね。

次回戦うときはもう少しリスクを負って攻めていこうと思います。

負けないぞぉ~

ちなみに小坂選手はセニョと同じくSCOTT のGENIUS10の昨年モデルを完成車状態で乗っておりました。雷太選手はスペシャを完成車状態で。
機材に不満を感じつつもその結果を見ると純正状態の完成車で十分走れるということではありませんか。やっぱりセニョも可能な限り純正を貫こうと思った大会でした。

参加者の皆様、お疲れ様でした。充実した2日間でしたね。
この大会を支えた野沢温泉、スキークラブの皆様ありがとうございました。

来年もまた、是非、開催してください!

|

« 野沢温泉のエンデューロに参加してきます | トップページ | 輪行して墓参りに行ってきました【GENIUSの初輪行】 »

自転車」カテゴリの記事

MTBイベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野沢温泉のエンデューロに参加してきます | トップページ | 輪行して墓参りに行ってきました【GENIUSの初輪行】 »