«  新潟シティマラソン走ってきました【オマケ】 | トップページ | トレイルライドを楽しんできました【東吾妻むかし道MTBライド2014】 »

2014/10/18

シートポストを交換しました【KS LEV Integrano】

SCOTT RANSOMから移植したドロップダウンシートポストですが、調子が悪いしセッティングが出なかったので交換することにしました。

Dsc04545

チョイスしたのは今までと同じくKS製でフレーム内にケーブルを収納できるIntegraという製品です。

 今使っているKSのDropZoneもとりあえずメンテをしてある程度回復しましたが、どうやってもセッティングが出ませんでした。

Dsc04546

その理由は、ご覧のようにDropZoneはシートクランプの部分が後ろにオフセットされているのでシートチューブが寝ているGENIUSに装着してシート高を上げると必要以上にサドルが後ろにいってしまいました。

そんなこともあり、交換を決意した訳ですが、ついでにストロークも125mmから150mmに延ばしました。

取り付け方法については英語ですがYouTubeに動画が落ちていますが、Integraの説明は2本あります。

KS LEV Integra Installation →https://www.youtube.com/watch?v=EuPsclXqO4I

KS LEV Integra 2nd Generation Installation  →https://www.youtube.com/watch?v=AaZvTDcwA8A

ですが、どちらも国内に正規輸入された製品とは取り付け方法が若干違います。
さらに、同封されている説明書(英語版)も違うところがありますので一通り目を通してから作業に取り掛かったほうが良さそうです。

セニョの場合、基本的な作業はIntegra 2nd Generationを参考にしましたが、一部解説が足りない場所もあったのでその部分はIntegraの動画を参考にしました。

これで終わりじゃブログネタにならないので、一番ポイントとなる部分について簡単に説明を書いておきます。

アウターをフレーム内に通してシートチューブエンドにマーキングをするところは動画と同じ。

Dsc04549

セニョの画像はフレームに通す前にマークしています。

Dsc04550

ここも動画と基本作業は同じで、一番サドルが高くなる位置をマーキングして、ポストがシートチューブに潜る分アウターケーブルを短くした部分でカットします。

Dsc04552

インナーを通して、エンドキャップから18mmの長さでカットします。

Dsc04553

ケーブルの端はハンダ処理しました。

Dsc04554

同包されてきた保護キャップを冶具にしてケープルストッパーを固定します。

Dsc04555

こんな感じで出来上がり。
コントロールレバー側からアウターを引っ張り出しつつシートポストを差し込んで、シートポストとコントロールレバーを固定すれば作業完了です。

Dsc04556

見た目もスッキリしたし、サドルもセッティングが出せそうな位置に固定できました。

だいぶ説明を省いていますが、繰り返しになりますが、基本は2本の動画をご覧いただいて、仕様の違いを気づいたときこれらの段取りで進めていただけれれば取り付けられると思います。

が、これだけ頻繁に仕様が変わっていますので、次のロッドではこの説明も意味をなさないかも知れませんが・・・・

|

«  新潟シティマラソン走ってきました【オマケ】 | トップページ | トレイルライドを楽しんできました【東吾妻むかし道MTBライド2014】 »

scott GENIUS」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

自転車パーツ・アクセサリー」カテゴリの記事

MTBメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  新潟シティマラソン走ってきました【オマケ】 | トップページ | トレイルライドを楽しんできました【東吾妻むかし道MTBライド2014】 »