« 佐渡トライアスロン2014Rタイプに挑戦【バイクゴールまで】 | トップページ | 佐渡トライアスロン2014Rタイプに挑戦【佐渡を満喫】 »

2014/09/11

佐渡トライアスロン2014Rタイプに挑戦【そしてフィニッシュ!】

○山センセにバトンタッチしてからトランジションエリアを出てバイクを数えると、

Dsc04391

1、2、3・・・6

ラックには7台のバイクが確認できました。
セニョのゴール直後に1台戻っているハズなのでバイクフィニッシュ(ランスタート)は6位で渡せた感じです。

毎年恒例の韋駄天なバイク担当数名が頭に浮かぶのでここで順位を6位まで上げられたのは我ながら頑張った!と賞賛しましょう。

さて、○山センセが戻ってくるまで1時間ちょっとあります。

セニョのバトンタッチを見届けた奥様と春ちゃんは○山センセの応援に向かったので、その間にベースに戻って汗を流して着替えることにします。

○山センセが戻ってくるのを待っていると、ライバルチームの取りまとめ役をしている親戚ご夫婦を発見、しばし雑談をしている間にもリレータイプがゴールし始めました。
4位に勝手にライバルの緑チーム、5位に親戚のライバルチームがゴール。
ここまでの経過時間から計算しても我がポーチャンちゃんは10分以上はかかるハズ。

6位、7位。。。

お!来ました!
走る姿はパワフルで大きく見える○山センセ、近づいてくるとやっぱり小さくてカワイイ○山センセが戻って来ました!

Dsc04392

同伴エリアから飛び出し、いつものように3人でゴール!

Dsc04394

いいレースができたこととボランティア、関係スタッフに敬意を表して振り返って深々と一礼。
見上げたタイムは5:21台なので納得できるタイムです、みんな頑張りました。

Dsc04396a

ゴールゲートで完走メダルとフィニッシャータオルをカワイイボランティアにかけてもらい大会看板の前で記念撮影。

ゲートの裏の飲み物食べ物エリアでみんなでワイワイと補給していると○山先生が顔を押さえて・・・

Dsc043971

この涙の真相はわかりませんが、AやBタイプの過酷さと違い、リレータイプにはリレータイプの重圧があり、スイム、バイクとパートが進むにつれその重圧は増えていきます。
箱根駅伝ほどでは無いでしょうが、自分がブレーキになるとメンバーがここまで1年頑張って来た努力を実らせることができなくなることを誰も口にしない、いえ、怖くて誰も口にできないといったほうが正しいかもしれません。

今回、○山センセは調子が悪かったようで終始弱気な発言ばかり。
自分のスタートまで4時間そのプレッシャーに耐え頑張って走ったのですから、その理由は聞く必要もないでしょう・・・

ゴールの余韻も程々にみんなでベースに戻って楽しいランチ&祝杯タイムです。

Dsc043981

今年もセニョ姉が同伴してくれたので、クッキングは彼女にお任せ。
ヘルシーにチヂミと鉄板焼肉を食べながらキャンピングベッドに横になったり、ランパートに進んだAタイプの選手を見送ったり、ゴールしたBタイプの選手とオハナシしたりと大会の余韻をしばらく楽しみました。

心の底からこみ上げてくる達成感に浸りつつ、光る海を見ながらボーっとしていると今年の夏も終わったなぁ。。。。って感じです。

|

« 佐渡トライアスロン2014Rタイプに挑戦【バイクゴールまで】 | トップページ | 佐渡トライアスロン2014Rタイプに挑戦【佐渡を満喫】 »

スポーツ」カテゴリの記事

ロードサイクリング」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 佐渡トライアスロン2014Rタイプに挑戦【バイクゴールまで】 | トップページ | 佐渡トライアスロン2014Rタイプに挑戦【佐渡を満喫】 »