« 佐渡トライアスロン2014Rタイプに挑戦【大会前日】 | トップページ | 佐渡トライアスロン2014Rタイプに挑戦【バイクゴールまで】 »

2014/09/09

佐渡トライアスロン2014Rタイプに挑戦【競技開始~小木AS】

当日の朝は目覚ましなしで3時半に起床、5時前に会場入りしました。

Dsc04375

白けてきた夜空に煌々と照らされる会場の雰囲気は何度経験してもいいものです。

風はほぼ無風、もちろんベタなぎなのでスイムの開催を疑う必要もなさそうです。

Dsc04376

今年は会場から程近い芝生のエリアにベースを設営したので時間に余裕が持てるし、会場の動きも手に取るようにわかりとてもいい感じ。
これくらいの図々しさはやっぱ必要でしょう。。。

時刻は5時半。

ボディマーキングの時間となりました。
3人揃ってマーキング会場に足を運んでマジックインキで腕に大きくゼッケン番号を書いてもらいます。

Dsc04378

「86」。

うーーーーーん縁起がいいねぇ。
と、他のメンバーには全く関係のない数字に好感を抱きながら、バイクラックにバイクを収めたり、着替えたり、マッサージしたり、粛々と準備をしているとAタイプのスタート時間となりました。

Dsc04379

赤いスイムキャップの列が段々と水面に潜り泳ぎだしています。

これから3.8km泳ぐんですよねぇ、それから190kmバイクで走って、さらにフルマラソン走るという長い長い一日が始まりました。

その後、Bタイプ、Rタイプの選手のスイムチェックの後、各自ウォーミングアップを開始していました。

Dsc04381

春ちゃんのスタートを見届けたいところですが、スタートして30分もするとセニョにバトンタッチとなるので、モチベーションを上げて集中していかなければなりません。

勝手にライバルの緑色のチーム代表に挨拶をして、ストレッチ&マッサージで緊張する体をほぐしながら出番を待ちます。

Rタイプトップのスイマーが戻って来ました。

まだ30分経っていません。
勝手に35分くらいかな?と思っていましたが、今年は例年に増してレベルが上がっているようです。

一人、また一人、黄色ゼッケンのRタイプのスイマーが戻って来ます。

まだ来ません・・・・

緑のチームも帰ってきてバトンタッチしています。

Dsc04382

あそこのチームもここのチームもみんなスタートしていき、ここ最近逃げる立場な展開がメインだったのですが今年は追従する展開となそうです。

お、来ました!急いで!でも足元気をつけてぇ~!

Dsc04383

スイムフィニッシュ11位、33分16秒でバトン代わりとなる計測タグを受け取り急いでバイクに走ります。

本当はこのタイミングでRuntasticのライブトラッキングをオンにして、サイコンのログをスタートする予定だったのですが、どれも記憶からぶっ飛んでしまいました。
練習なら一旦止まって設定を全部直すところですが、今日は大会当日そんな余裕はありません。

バイク乗車ラインを越えるまでのランニングで黄色ゼッケンを1人パス。

これで10位にアップ。

Dsc04384

さぁ、小佐渡一周の旅に出発です!
幸い最低限のサイコンとGPSは機能しているのでゴールまでに必要な情報い不足はありません。
ガンガン行きましょう~☆

スタート直後、無風からやや追い風の状態に加え、周囲のBタイプの選手のペースに巻き込まれてしまいウォーミングアップなのに軽く40km/hを超えています。

飛ばしすぎかなぁと思いつつもそれほど足への負担を感じなかったのでそのままのペースをキープすることにしました。

スタートして10km周辺で勝手にライバルの緑チームに追いつきました。

まだ心の余裕もばっちりだったので、追い越しざまにポケットからカメラを出して

「記念撮影しますよ~~~ぉ」

と声をかけましたが、あっさり拒否・・・

Dsc04385

顔を背けてしまいました。

残念。

緑チームに登りは絶対叶わないので機材のアドバンテージが生かせる今のうちに時間稼ぎに着手、先を急ぎます。

Dsc04386

すると絶妙な距離感でセニョに追従してきます。

うーーーーん、さすがにロード上がりなだけあって駆け引きに必要な対応はとって来ますね。

ならば・・・

緩い下りでシフトアップ。DHポジションをしっかりと取り一気に加速、45km/h巡航で引き離しに成功。小さくなる緑の陰を振り返って確認、安心しながら両津を回り姫崎に向かいました。

姫崎の手前までに黄色ゼッケンを他に2台抜いたので、これで7位に浮上したことになります。一方青ゼッケンのBタイプの健脚ライダーには何人か抜かれていますが、彼らと競う必要は無いので無理せず見送ることにして・・・

ん?

そんなBタイプの選手を追従する緑の影が。
やはり来ました!勝手にライバルの緑チームがギリギリの距離感で貼りついています。

普通にロードレースのバトルならここでトレインに乗らなければ負けなのでしょうが、露骨な行動は謹んで先に送ることにします。

姫崎を回ると遠くに越佐海峡が見えてきました。
夏の終わりの日射しを浴びてキラキラと光る水面が右から左へとその輝きが動いています。

て、ことは向かい風?

予想通り水津を回るといい感じの向かい風でDHポジションを取っても時折30km/h巡航が辛くなるほど。

そうなると現れてくるのがセニョの影に隠れる奴ら。
人一倍大きな体は後ろ5m横1mと規定されたドラフティングゾーンの外でも十分ドラフティング効果が出るので自然と人が集まります。

セニョに追いついて休むBの選手。
セニョが追い越したところで休憩のため後ろに付いて休憩に入る全日本女子の選手。
そしてみなさんしばらく休んでセニョの後ろから飛び出していくのですが直ぐに行く手を風に阻まれて結局セニョから離れられない。
そんな選手を追い越せるほどの圧倒的な速度を出せないセニョも微妙な距離感でドラフティング気味の恩恵を蒙ることになり。。。

ロードのキレイな先頭交代とは違う、飛び出したいけど挫折して吸収されてしまうという何とも切ない集団が形成され、バタバタしているうちに緑チームに追いつき追い越したところでマーシャルの登場です。

Dsc04387

セニョ的に先頭ないし2~3番目を終始キープしている状態で、集団気味になっているときは前車より常に右に出るようにしているので、キープレフトルールを遵守していないものの、ドラフティングゾーンに居るつもりはないのでマーシャルはそれほど怖くは感じませんでした。

|

« 佐渡トライアスロン2014Rタイプに挑戦【大会前日】 | トップページ | 佐渡トライアスロン2014Rタイプに挑戦【バイクゴールまで】 »

スポーツ」カテゴリの記事

ロードサイクリング」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 佐渡トライアスロン2014Rタイプに挑戦【大会前日】 | トップページ | 佐渡トライアスロン2014Rタイプに挑戦【バイクゴールまで】 »