« 2014佐渡ロングライド【無事に帰りました】 | トップページ | 平日の夕方練を開始しました »

2014/06/03

今年もショートコースのボランティアスタッフで走ります【新潟シティライド】

佐渡ロングライドが終わったあと、2週続けて新潟シティライドのショートコースの試走に参加してきました。

Dsc03734

ショートコースは申し込み開始日の午前中に、ロングコースも夕方には定員一杯になってしまったというプラチナ参加権を手にされた方はおめでとうございます。

ちなみに、ショートコースは昨年から変更はありません。

ロングのコースは複雑なコースレイアウトを一部見直すことと、誘導看板を設置して誘導スタッフの数を減らしたようです。(風のうわさで聞いた話し)
また、ロングコースは伴走サポートが限られるため、参加者各自がルートを確認する必要がありますので、事前にコースマップをダウンロード、あるいはルートラボなどからトラッキングログを落としたりしてコースを把握していただくことをおススメするとのことでした。

一方、ショートコースは最大3名およびフリーの伴走スタッフとともにグループ走行するため、ミスコースという面では安心して参加いただけるかと思います。
そのショートコースは全工程33kmの中に新潟島の周回および信濃川土手、最後は市街地走行という変化に富んだコース設定にグルメライドの要素を取り入れた欲張りな内容となっていますが、それなりの注意点もありますので気になるポイントを書き出して見ます。

その1、熱射病日射病対策をお願いします
コース全般が自転車道および河川の土手の走行となり、日陰となる部分はほぼありませんので熱射病対策は必ず行ってください。
最低でも500ccの水、できればスポーツドリンクなどのミネラルを補給できる飲料をご用意いただいてこまめな水分補給はもちろん、タオルなどを濡らして首などを冷やす準備などもオススメです。
加えて、ショートコースに参加の皆様、特にお子様は長時間屋外でスポーツする機会が少ない方が多いとお見受けします。ショートコースの距離は33kmですが、時間にすると早い人でも2時間、子供の場合は4時間近く日射しを浴びながら自転車を漕がなければなりませんので、体力の消耗を防ぐことも考え、風通しの良い長袖ウェアやサングラス、日焼け止めなどの装備も場合により用意いただきたいものです。

その2、トラブルは各自の対応です
パンクや自転車のトラブルは基本的に各自に対応いただきます。一部ボランティアスタッフはパンク修理道具や空気入れ簡単な工具を携行していますが、幅広い車種が走るサイクリングイベント故全ての自転車に対応できません。整備に自信の無い方は事前にお近くの自転車店に点検整備を依頼されてください。
また、スポーツ車の方は替えのチューブを持参いただければボランティアスタッフがその場でチューブ交換可能(かもしれません、、、ママチャリはごめんなさい)です。

その3、疲れたら休んでください
ショートコースの長所でもあり、短所なところでもあるグループ走行。スタッフが前後に付いて、みなさんんが楽しく走れるスピードを心がけ、適度な休憩を入ながらガイドするよう心がけますが、ニワカガイドのサイクリング愛好者なので完璧なガイドはできません。
走るペースが合わなければボランティアスタッフに相談してください。スピードを落とすなり、グループを分け休憩を多く取るなどの対応を考えます。
昨年の例ですが、新潟島は安全確保のためゆっくり走っていたグループ走行でしたが、信濃川土手に出たところで一気に速度を上げたため付いていけなくなったお子様がおられました。父兄の方にはお子様の様子を観察していただき、早めの対応をお願いいたします。

その4、交通ルールを遵守します
シティライドはグルメツアーの特色の他、自転車マナーの普及を狙ったイベントのようです。(セニョは企画には入っていないので本質がよくわかっていないのですが)
そのため、自転車道の他は特に危険と判断した箇所を除き原則として車道左端走行、二段階右折を励行します。女性の方やお子様の場合、歩道を自転車で走る習慣をお持ちの方が多いと思いますが、本イベントは最新の道路交通法に則り「自転車は車道」で行います。慣れないかもしれませんが、ボランティアスタッフのガイドに従ってこの機会に左端一列走行で走ってみましょう。

これらのポイントをふまえてボランティアスタッフが一生懸命みなさんをガイドしますが、参加費から推測いただいても分かっていただけると思いますが、立派な大会を運営できるほどの予算はありません。上げ膳下げ膳なサポートができないことはご理解いただきご参加いただければと思います。

また、大会側で傷害保険への加入はしているようですが、自信の怪我にだけ適用される保険です。よって、日射病、熱射病、頭痛、食あたりなどでは保険適用にはなりませんし、万一の事故発生の際の相手への賠償も各自の責任になります。心配な方は自転車総合保険、医療保険、自動車保険の交通常用具特約などを調べていただきご加入いただくことをオススメいたします。

最後に、はっきり言って想像より疲れるイベントであると思って参加してください。
慣れないコースに、自分のペースで走れない集団走行、バスやトラックと車道を並走したり、暑いでしょうし、半日走り続けます。最後の方は集中力が持続できなくなる方もいらっしゃいました。全員完走できるようスタッフはできる限りの対応をしますが、みなさんも体調と整備を整え万全の体制でご参加されることを願っております。

それでは当 日お会いしましょう〜(^o^)/

|

« 2014佐渡ロングライド【無事に帰りました】 | トップページ | 平日の夕方練を開始しました »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014佐渡ロングライド【無事に帰りました】 | トップページ | 平日の夕方練を開始しました »