« 2014佐渡ロングライド210【命をかけた(?)後半戦です】 | トップページ | 今年もショートコースのボランティアスタッフで走ります【新潟シティライド】 »

2014/05/21

2014佐渡ロングライド【無事に帰りました】

210kmを走ったサイコンのログを確認すると、両津を過ぎてからの心拍の上がりが異常であったことを示しています。

Sinpaku

赤の線が心拍です。

推測ですが、結論から申しますと体調不良を原因としたアレルギー反応??
佐渡に渡る際、出航直後から具合が悪かったり、前日から体に蕁麻疹が出たりしていましたが、それらも全て関係している気がします。
その原因が食べ物なのか、大会数日前に虫に刺されたことでの抗体反応なのか(今までにも何度か発症)、とにかく体調が悪かったことは否めませんが、家に帰って虫刺されの場所にに非ステロイドですが消炎剤を塗ったら蕁麻疹も治まったことからそんな原因でしょう。

てな感じで普段、歳が歳なので最大心拍数180を最大として、3つのゾーンで上がりをコントロールしながら走っていて、今回のような頑張るときは、140~160で推移するようにしていますが、両津から先の残り半分がこの状態ですから恐怖感はありました。

さて、話を戻してロングライドの締めに移ります。

Adsc03632

栗饅頭はなかったけれど、美味しいオニオンスープをご馳走になってアンケートなんか書いていたら15:00を回ってしまいました。
帰りも一等を予約した両津発のフェリーが16:15なので、2台を輪行する時間を考慮すると30分前には着きたいところです。

幸いは追い風基調で30分もあれば行けそうですが急ぐに越した事はありません。

ロングライドのおかわり的な気分で走り、金井を通過したあたりから体の異変を感じ始めました。

Adsc03636

心拍数が155まで落ちています。
ここに来てようやく不整脈が治まってきました。

この改善は走るほどに現れ、両津に付く頃には・・・

Adsc03640

心拍数は130にまで落ちていました。
必然的にペダルを踏む足にも力が入るようになり、体力を温存していたこともあり、両津までの道のりは40km/h近い巡航速度で気持ち良く走ることができました。

両津に着くと奥様は親戚の方に送ってもらいセニョを待っていました。
2台のバイクを輪行して、荷物をまとめて着替えは船の中ですることにして急いで改札へ。

出航10分前、余裕で船に乗ることができました。

Adsc03646

船が出港したところで苦しかった小佐渡を見ながら甲板の墨で持参した全身洗浄シートとかいう巨大なウエットティッシュで体を拭いて体をマッサージ、新潟まで爆睡します。

オヤスミナサイ・・・

館内放送がうるさくなって来て新潟港に帰って来たことを告げています。
もう一度両津に戻れるくらいこのまま眠っていたいですが、家にも帰りたいので嫌々起きると、キレイな夕日。

Adsc03653

今年もいい天気でしたね、体の不調でペースを上げられませんでしたが、仮に元気だったとしてもあれだけの向かい風でしたらかタイム的に30分詰められたかな?って感じでしょうか。

セニョは5年連続快晴での参加となりました。
行きの船酔い、不整脈、散々苦しめられて、今の時点では来年はもう参加するのは止めようと心に誓っているのですが、募集開始が始まると申し込んじゃうのかな?

Adsc03547

親戚はじめ、沿道からこんなカワイイおばあちゃんに声援を送られ、島民の皆様に暖かく向かいいれられると、そんな人情に触れたくなるのが、この手のロングライドイベントですね。

参加を決めるにはまだ半年以上ありますから、それまでは思い出に浸って考えることにしましょう。

参加の皆様お疲れ様でした、今年も素敵な佐渡でしたね。
会場、沿道、アップルスポーツカレッジのボランティアの皆様、我々の道楽にお付き合いいただきありがとうございました。本当に頭が下がります。
大会関係者の皆様、準備ご苦労様でした、次のオープンウォーター、トライアスロンの準備に向けて頑張っていただけたらと思います。

はぁ~、今年も終わったぁ~っ!

|

« 2014佐渡ロングライド210【命をかけた(?)後半戦です】 | トップページ | 今年もショートコースのボランティアスタッフで走ります【新潟シティライド】 »

ロードサイクリング」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014佐渡ロングライド210【命をかけた(?)後半戦です】 | トップページ | 今年もショートコースのボランティアスタッフで走ります【新潟シティライド】 »