« ダイニングのリフォームを始めます【練り済み漆喰を天井と床に塗り上げます】 | トップページ | リビング側のリフォームを開始します【漆喰塗りコルクタイルを貼ります】 »

2014/03/30

ダイニングのリフォームの続き【コルクタイルを貼ります】

漆喰が生乾きの状態なので触ったり崩したりしないよう気をつけながらマスキングテープを剥がして

Dsc03077

コルクと床の間にゴミが混入しないよう床を掃いて拭いて準備に取り掛かります。

今までタイルカーペットの施工は3~4回やって来ましたが、コルクタイルは初めて。
タイルカーペットとの違いはカーペットは床面に接着剤を塗ればいいだけですが、コルクタイルは床とタイルの両方に接着剤を塗布する必要があること。加えてとどめはコルクタイルは一度貼ると張りなおしが利かないという一発勝負がチャレンジ心をくすぐります。
しかし、もとアトピーだった奥様の体質と、ポーちゃんの毛や外から砂を持ち込むことを考えるとカーペット敷きは衛生的に心配だったので、作業は大変そうでしたが選択肢はコルクタイルしかありませんでした。(クッションフロアは選択の余地無し)

まずはスミ出し作業。

部屋の真ん中辺りから始めて何回かに分けて貼っていく手順となるのでその中心を決める作業をします。

Dsc03076

中心から東西南北に貼り進めて、端の方でタイルを切って寸法を合わせる必要が出来るのですが、その際なるべく大きなピースで調整できるように考えながら張り出し位置を決めて、縦と横に十字になるように墨を打ちます。

イメージ的には墨だしで十字に切った1/4ずつ作業することになるので、その一角にローラーで接着剤を塗ります。

Dsc03079

コルクタイルも裏返して整然と並べて接着剤を塗ります。

Dsc03083

塗り終えたら、コルクタイルが邪魔にならないようにV字型に立てて、どちらも透明に乾くまで待ちます。

Dsc03086

どちらも乾いたところで、中心から貼り進めて行きますが、直尺を当て木にしながら墨に添ってまっすぐに貼ると良いようです。

Dsc03088

隅の部分は部屋の形に合わせてカッターで加工します。

Dsc03089

半分終わった頃から貼り終えたコルクタイルの上で作業をすることになりますが、眠くなって集中力が切れて辛かった・・・

Dsc03095

こんな感じで貼り進めて行きますが、接着剤の乾燥時間を考えながら接着剤の塗布作業を先行しながら貼り進めて行くと効率の良い仕事ができますし、扇風機を使って送風すると接着剤が早く乾きます。

冷蔵庫の下とかも手を抜かずに貼りました。。。

Dsc03092

貼り始めて約9時間、朝5時までかかりましたが生活できるまでの作業が完了です。

Dsc03099

結構時間がかかりましたが、キッチンなど凹凸の多い壁面に併せて行く作業が難航たことが原因でしょう。見切り板などは最終仕上げで取り付けることにして、ダイニング側の左官と大工工事はおしまい。
4日目からはリビング側の作業にとりかかります。

|

« ダイニングのリフォームを始めます【練り済み漆喰を天井と床に塗り上げます】 | トップページ | リビング側のリフォームを開始します【漆喰塗りコルクタイルを貼ります】 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

DIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイニングのリフォームを始めます【練り済み漆喰を天井と床に塗り上げます】 | トップページ | リビング側のリフォームを開始します【漆喰塗りコルクタイルを貼ります】 »