« この時期の定番トレイルを走ってきました【山岳サイクリング】 | トップページ | 新しい物語が始まります【2014 SCOTT GENIUS 720】 »

2013/11/10

スマホと各種契約を見直しました【月額二千円チョイのモバイル端末】

昨年春からIIJMIOのXperia RAYとガラケーの使い分けをしてきましたが、ここで見直しをして2台持ちを卒業することにしました。

Dsc01829

それには、おさいふケータイ機能を持ったスマホへの切り替えが必須であったため、程度のよさそうな中古スマホの入手から着手しました。

ここで今回の作業で得られる成果を説明いたしますと・・・

Docomo回線を使ってDocomo用のスマホでインターネット接続を提供するIIJMIOのサービスを使い、NTTcomのIP電話サービスでauのガラケーにかかってきた電話をフル転送で受ける設定を行い、格安でフルスペックのスマホを作り上げるという内容となります。

で、欲しかった端末はXPERIA SXで、結局購入はヤフオクとなりましたが、購入まで2週間ほど落札状況をチェック。
人気の無いピンクがホワイトより2割くらい安いことを確認して、約22,000円で落札することができました。

約1年使用の割りに傷は殆ど無くとても綺麗な状態。
ピンクということで女性が使っていたのかな?
スマホという機能だけが気になり、ピンクという色にはそれほど抵抗も無く落札しちゃいました。

Dsc01830

1年間使用ということもあり、念のため\1,000しない中華製の予備バッテリーも2パック購入しました。

次なる準備はSIMカードの変更です。
現在使っているXPERIA RAYは標準サイズのSIMで、今回買ったSXはMICROシム。
IIJMIOはシム交換手数料\2,000/枚を払って時間をかけて交換手続きをする必要があります。
冷静に考えると、今回セニョの分のSIMカードの交換手数料は\2,000で澄みますが、今後娘のモバイルルータをIphoneに切り替えたり、次に奥様の端末を帰る頃にはMICRO SIMにする必要があることを想定すると、現在のファミリーシェアを解約する前提で新しいファミリーシェアを\3,150で契約して日割りの月額費用を払ったほうがコストも時間も削減できるとの判断に至りました。

そこで、IIJMIOのSIMをイオンで買える「ウエルカムパックforイオン」を青山のジャスコで購入することに決定。

Dsc01888

自宅のWIFIでアプリの移行設定を行い、IIJの申し込みを終わらせて約2時間。
その後、ガラケーのおさいふケータイ系のアプリ3種類のインストールも完了。
これらはモバイルスイカ定期券で通勤してコンビニではEDYで買い物するセニョにはマストアイテムでした。
これで音声通信はできないけどおさいふケータイが使えるところまでの設定が完了です。

Dsc01889

おさいふケータイに続いて今回始めて使うサービスで、音声通話を可能にするNTT Commの050+にサインアップ。専用アプリをダウンロードして設定すれば、スマホの通信機能でIP電話を使うことができました。

Dsc01891_54

ここに、既存のガラケーのフル転送を設定すれば、ガラケーにかかってきた電話を受信することができ、2台持つ必要がなくなりました。

意味わかりましたか???

最後に気になるランニングコストは・・・

IIJMIOのファミリーパックが\2,688なので1台あたり約\900-
NTT Commの050+が\315-
KDDIの最低料金\780-とEZweb\315-

合計で\2,300/月くらい払うことでほぼフルサービスのスマホが使えることになりました。

今後娘のIpadをIphone化したり、奥様も050の1台体制に変えるなど我が家のスマホ運用の見直しを進めることにします。

|

« この時期の定番トレイルを走ってきました【山岳サイクリング】 | トップページ | 新しい物語が始まります【2014 SCOTT GENIUS 720】 »

こだわりアイテム」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
いつブログをこっそり楽しく拝見しております。

現在SB版iPhone5を使っていますがLTEになったことで月額が高くなったり、
自宅も職場もWiFiが繋がっているのでiPhone1台に月6000円以上払う価値があるのか思っていたところです。
docomoの白ロムスマホかSIMフリーiPhoneの買い替え前提で
今回のセニョさんの記事が非常に興味深かったので幾つか質問させてください!

○auガラケーは自宅に置きっぱなしでもOKということでしょうか?
○着信番号はauガラケーの番号で発信もauガラケーの番号にできますか?
○通話料の発生は 「発着信」←→au通話料金←→「auガラケー」(転送)←→無料←→「スマホ」 になるのですか?
○フルサービスじゃないのは具体的には何ですか?キャリアメールとかdocomo独自のサービスのことでしょうか?

長々と質問してすみませんが、教えていただけると有り難いです。

投稿: kaeruman | 2013/11/26 12:43

kaerumanさん

亀レスでごめんなさい、ご質問の内容ですが・・・
ガラケーは家に置きっぱなしで、電源も入れていません(電池切れで放置)
こちらのガラケーに着信したものを050に転送したものは相手の番号が表示されますが、
こちらの050からかけた電話番号は050・・・・・の番号でかかってしまいますので不明の相手と認識されるでしょう。
もちろん転送設定した電話から発信することはできますので、手元にガラケーがあればそれを使うこともできます。
通話料はかけてきた相手もガラケーまでの通話料金を取られ、自分もガラケーから050までの通話料金を取られるようです。
最後の質問が良く分からないのですが、IIJMIOでは当然docomo.ne.jpやezweb.ne.jpのアドレスの発信はできませんし、
iコンシェルのような独自サービス、さらにはLINEのキャリア認証も取れません。(契約によってはSMSはできます)
最近、イオンのSIMで音声通話もできるプランが販売されたようです。
それであればIP電話より音質はいいに決まっていますので、今回の組み合わせよりお徳かもしれません。
が、詳細は良く分からないので調べていただければと思います。

投稿: セニョ | 2013/11/28 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この時期の定番トレイルを走ってきました【山岳サイクリング】 | トップページ | 新しい物語が始まります【2014 SCOTT GENIUS 720】 »