« スマホと各種契約を見直しました【月額二千円チョイのモバイル端末】 | トップページ | 妙高ダウンヒルマラソン2013に来ています【第1日目予選】 »

2013/11/14

新しい物語が始まります【2014 SCOTT GENIUS 720】

10月末に近所の自転車屋さんに入庫

Dsc01958

昨日、我が家にやってきました。

未だにお気に入り気分の強い同じSCOTTのRANSOMが2006年モデルで購入が2007年ですから6年もの長きにわたりセニョのトレイルライフを供にしてくれました。
まだまだ乗りたかったのですが、SCOTT独自のリアユニットとフロントフォークの疲労に加え、未だに9速、フロントは20mmアクスルでテーパードじゃない規格、ハブベアリングの不具合など、1つ直し始めるとすべてに手をくわえなければならないくらい機材が進歩していて、とどめにMTBのホイール自体が29inchや27.5inchiにシフトいる状態・・・

これ以上機材交換での機能維持は限界があると感じて購入した次第です。

そんな理由をつけて購入したのが、またまたSCOTTのオールマウンテン向けのナナハン(27.5inchi)規格のGENIUS 720です。

Dsc01962

SCOTTにしたのは、やはりセニョの体。
国内でLやXLの27.5inchiや29inchiを輸入しているメーカーが稀少なことと、6年乗ったRANSOMのフレームがカーボンのトラブルが皆無、さらには並行輸入でありながらサポートが確実だったことかな?

今週末は妙高ダウンヒルマラソンなので、GENIUSをいじっている場合ではないのですが、自転車屋さんに置いてあってもどうにもならないので自宅に持って来たわけですが、実際乗るには多少の仕様変更と初期セッティングが必要なのでそれらを今後進めていくことにします。

今回のブログネタですが、GENIUSの気になったポイントについて簡単に語ってみます。

Dsc01957_2

フロントフォークは32Float Evoですが、昨年までは34Talasだったもの。

Dsc01954_2

リアショックもFOXの Nudeで、こちらは昨年はDT製だったものがFOXに変わりました。

前後ともCTDでロックアウト⇔100mm⇔150mmを前後一緒に手元でコントロールでき、そのリモートレバーもFOXのCTDリモートレバーを使っていました。
FOXの2014年のラインナップには150mmというストロークのFloatはラインナップに無いのでSCOTTオリジナルですが、おそらく140mmをチューニングしたものではないかと想像しております。

Dsc01952

リアユニットの取り付け部にシムが付いていて、その位置を替えるとBBハイトが調整できるのですが、おそらく低いほうに固定して、ペダルがヒットして困るようなら高くするようなセッティングを進めると思います。

それよりも、このスイングアームが27.5inchiと29inchiが流用できるようで、これに気づいたとき、29inchiのGENIUSを購入して27.5用のアームに替えようと思ったら、国内に29inchiは輸入しないことを知りあえなく断念となりました・・・

Dsc01948

ホイールは完組ではなく、ハブはシマノのSLXと使い、リムはシンクロス製・・・
とはステッカーだけで、リムはALEXRIMのもの。
このほか、ステム、ポスト、ハンドル、グリップなどはシンクロスのロゴが入っていますが、昔あこがれた「それ」とは違い、完成車用のチープさが滲んでいるが残念なところです。
ちなみに、スポークは無名なつや消し黒で安っぽいものでした。

これから一番を入れなければならない箇所がドロップポストの装着。
GENIUSにはあらかじめ下引きでワイヤーを取り回すルートがあり、上級グレードはドロップポストが標準装備となりますが、下のグレードの720には目くら蓋が取り付けてあります。

Dsc01950_2

上のフォトはフレームの下側。
目くら蓋を外して、付属のケーブルルーティングの穴が開いた蓋に交換、ハンドルからダウンチューブに沿って下りてきたケーブルをここからフレーム内に入れ、

Dsc01954_3

シートチューブの途中に見える目くら蓋も交換して、ここからアウターを出すことができます。
これはカタログには書いていない、結構嬉しい仕様です。
が、セニョのドロップポストのケーブルはポスト前側にケーブルが出ているので、取り回しは苦労しそうですが・・・

このほか、

Dsc01956

リアディレイラーはスタビライザー付きで、他の駆動系も全部XTがチョイスされています。

セニョ的にこのバイクの一番の難点はシフター

Dsc01961

親指の古傷をかばうため、デュアルコントロールレバーを使い続けて来ましたが、10速には設定がないため、ラピットを使わなければなりません。

しばらくはブレーキレバーを煽りたくなるんだろうなぁ・・・

|

« スマホと各種契約を見直しました【月額二千円チョイのモバイル端末】 | トップページ | 妙高ダウンヒルマラソン2013に来ています【第1日目予選】 »

scott GENIUS」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

自転車パーツ・アクセサリー」カテゴリの記事

MTBメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スマホと各種契約を見直しました【月額二千円チョイのモバイル端末】 | トップページ | 妙高ダウンヒルマラソン2013に来ています【第1日目予選】 »