« 新しい物語が始まります【2014 SCOTT GENIUS 720】 | トップページ | 妙高ダウンヒルマラソン2013に行ってきました【第2日目決勝】 »

2013/11/16

妙高ダウンヒルマラソン2013に来ています【第1日目予選】

大会の数日前までは11月にしてはありえないような降雪に見舞われた妙高地区、

Dsc01970

これまた数日前まで雨の予報でしたが、みごとに予報を裏切り快晴となりました。

ホント、晴れ男で申し訳ございません。

8時から受付開始だったので、8時過ぎに会場に入ると駐車場はさっぱり。

Dsc01974

それほど有名な方も(って最近の有名どころが良くわかっていないセニョですが)いそうもありません。

天気はいいけど、雪上レースだからDNSも多いかなぁ・・・
などと妄想しながらゴールエリアへ行ってみます。

Dsc01975

このゴールゲートを見ると気持ちが高まってきますね。

妙高山もカッコイイ!

ゴンドラ1日券を買ってゴンドラで登ります。

ゴンドラ駅舎付近は時間が経てば雪も消えそうな積雪量でしたが、
ちょっと登ると一面の銀世界!

Dsc01979

振り返ると雲海の向こうに志賀の山々がどーんと。

Dsc01981

ホームゲレンデのように通ったこともある杉の原ですからこの状況を見るとスキーをしないのが不思議な気分になって気ます。

上に登っても当然雪。

Dsc01982_2

圧雪した状態で10センチはあるでしょうか・・・

コースはというと、ただゲレンデを走り降りるだけに変更されていました。
確かに、この状態で下手に左右に振ったり、コースにアクセントを付けても雪に取られるタイヤを押さえながらトレースするのは困難ですね。
このあたり、百戦錬磨の八代さん、勝手がわかっていますね。

では、気合を入れて試走に行きましょう~☆

Dsc01985

暴れるバイクを押さえ込んでひたすら下るだけですが、

微妙に左右に振られたコースをトレースするのもやっとな感じ。

もうすぐゴールというところでシングルトラックに突入。
大小3つのシングルトラックが切られていましたが、特筆することもなく、リズミカルにこなしていけるトレイルでした。

最後のトレイルだけ入った直後に分岐がありました。

Dsc01986

左へ行くと岩に2回よじ登るライン、右へ行くとただのシングルトラックですが、左へ行くより遠回りになる設定でした。

ここは迷わす左でしょう。

その後、遅れて来たmatuodda氏ともう1本試走をして、予選で荒らされるラインを予想しつつ、自分のラインを見つけておきました。

試走が終わったのでお昼にしましょう~☆

天気も良く基本もほどほどあるのでビニールシートを敷いてカップラーメンタイムにします。

Dsc01991_2

お湯を沸かして、こんなときじゃないと食べることもないカップヌードルを食べて予選に挑みます。

Dsc01993

ダウンヒル競技なので自力で登らず、こんな感じでゴンドラでMTBを積んで登ります。

この楽さがダウンヒルのいいところ~♪

予選が始まります。

このダウンヒルマラソンという競技は予選のタイムで本線のスタート位置を決めて、一斉にスタートするという競技。
今回の予選は一般男子とそれ以外という2組で行われました。

当然、セニョは高齢者クラスなのでそれ以外組みとなり一般の10分後にスタートでした。

一般組みのスタートをみることが出来ました。

よーーーーーーい・・・

Dsc01996

どん!

Dsc01997

雪でスピードに乗せることができず、おだやかなスタートでした。

つづいてセニョの組となるその他のグループです。

Dsc01999

人数的には30~40人くらいかな?。
おっさん、女性、子供のクラスなので、それなりの結果を残さないとかっこ悪いことになりそうです。

よーい、ドン!

颯爽とバイクにまたがり全力で漕ぎ出し・・・
そんなことしません。
ひたすらバイクを押して走る!走る!
坂になるまで押して走る!

下りに入る段階で前は2人、女子と中高生かな?
ここはあせらず、先ほど下見したラインを忠実にトレースすることで、自然と抜くことが出来ました。

よっしゃ!トップだ!

気温が上がって雪が解け、予選1組が耕しているので、試走時点よりかなりコンディションが変わって来ました。
そうなってくると見えなくても良かったものも見えてきて、横溝の中に大きな岩が!

この岩を避けようと頑張ったのが大間違い。
雪の上では急な操作は禁物。

転倒~っ!

雪の上なので転んでも体にダメージはないものの、雪と雪解け水を嫌って上下雨具を着ているため、雪の上で滑る滑る・・・

簡単に10~20mは滑り落ちてしまいました。

慌てて立ち上がりバイクを取りに登っているうちに女性に抜かれちゃいました・・・

が、その次の漕ぎセクションで簡単にパス、トップ奪還!

ここで感じたのが、予選ではやらなかったブレーキを引きずり気味に降りているコントロールで、明らかに雪の抵抗が減ってきています。

そうなると雪の影響も少なく普通に下れる状況になってきた証拠で、時折現れる雪に全神経を集中して駆け下りました。

中間地点を過ぎると、予選1組の選手を次々にパスする状況となり、右に左にと縫いながら走る場面もしばしば。
でも、後ろを振り返っても同じ組が追従している感じもしません。

シングルトラックからは軽く流してゴール!

ゴールには1組で走ったmatsuodaと、豆ちゃん応援してくれていました。

とりあえず予選2組ではぶっちぎって1位が取れたので目標達成。
あとは予選結果で明日のススタート順が気になるところです。

後片付けを終わらせて、大会本部に行き予選結果を確認することにします。

Dsc02002

じゃーん!

3位!

トップの2名は海外経験もあるプロライダー。
その彼らに1分差をつけられていますがここは素直に喜びましょう~!

明日は憧れの決勝最前列スタート。
でも、その早い連中の勢いに巻き込まれると生きて帰れななる可能性もあるので、明日は押さえて走ります。

きっと・・・・

たぶん・・・

ここで自分を抑えられないと人間成長できないんだよね。

|

« 新しい物語が始まります【2014 SCOTT GENIUS 720】 | トップページ | 妙高ダウンヒルマラソン2013に行ってきました【第2日目決勝】 »

自転車」カテゴリの記事

MTBイベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しい物語が始まります【2014 SCOTT GENIUS 720】 | トップページ | 妙高ダウンヒルマラソン2013に行ってきました【第2日目決勝】 »