« 寺泊シーサイドマラソンの伴走ボランティアいってきました【地域ネタ】 | トップページ | 久しぶりのオーバーホールです【とりあえずフロントフォーク】 »

2013/10/24

思いのほかに長引いています【良い漢方薬を処方してもらいました】

10月の3連休に富士Qに行って来たのですが、そのときに痛めたふくらはぎの痛みが一向に改善しません。

Dsc01709

やっぱり歳にはかなわんかなぁ・・・

富士Qハイランドに行ってからもうすぐ2週間になりますが、その怪我の原因は「ええじゃないか」にこのデカイ体が合わなかったこと。

セニョの実物をご存知の方はお分かりでしょうが身長が186cmあります。
ええじゃないかの制限は200cmで60歳までなので、身長より年齢がヤバイ(?)けど十分乗れる規格で、その特性は靴を脱いで座席に座り3軸に回転するコースターです。

通常の場合、横Gがいくらかかってもサイドパッドで足が押さえられるので問題ないのですが、セニョの場合、サイドパッドを足が超えてしまい、横Gがかかるたびに老朽化して痩せたサイドパッドにふくらはぎを強打、しかも何度も同じところを・・・、さらに左右のふくらはぎ・・・
痛くても降りることも出来ずただ耐えるだけでした。

コースターをおりても歩くのがやっとの状態ですが、万人が乗るジェットコースターなので、やっとでも歩けたことでやがて収まると甘く見ておりました。

打撲、切り傷は持病というくらい現役時代は怪我に見舞われたセニョですから、家に帰ってからは湿布と圧迫包帯で処置して週末は安静にしておりました。

ところが、右のふくらはぎが日に日に痛くなり、ついには歩くのも大変な状態に。

たまらず先週の土曜に整形外科へ、湿布をもらい様子を見ましたが多少改善した程度。
昨日、再来して先生に相談したところ初めて漢方薬を処方してもらいました。

「治打撲一方」(ジダボクイッポウ)とベタベタな名前の漢方薬ですが、腫れは和らぎ痛みも軽減する優れものでした。

漢方とは言うものの、日本由来の生薬らしいです。

毎度かかりつけの整形外科のですが、来院するのは10年降りくらい。
すっかり歳をとってしまいましたが、まだぼけていませんでした。
弥彦の競輪場の勤務医をしていた経験もあり、スポーツ、特に自転車乗りの気持ちをわかってとことん治療してくれる先生なのです。

秋も本番、MTBシーズン到来でちょっと焦ってますが、
今週末は出勤だし台風来るし、もう1週間安静にして完治を目指します。

ん?薬のほかに何か写っている?
動けないと考えることがたくさんあるものです。。。

|

« 寺泊シーサイドマラソンの伴走ボランティアいってきました【地域ネタ】 | トップページ | 久しぶりのオーバーホールです【とりあえずフロントフォーク】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寺泊シーサイドマラソンの伴走ボランティアいってきました【地域ネタ】 | トップページ | 久しぶりのオーバーホールです【とりあえずフロントフォーク】 »