« まずは自分の限界を知っておきます【東京マラソン挑戦中!】 | トップページ | 思いのほかに長引いています【良い漢方薬を処方してもらいました】 »

2013/10/20

寺泊シーサイドマラソンの伴走ボランティアいってきました【地域ネタ】

今日はあいにくの雨模様でしたが、

Dsc01614_2

昨年に続き今年も寺泊シーサイドマラソンの伴走でした。

寺泊シーサイドマラソンは今年で35回目を数える由緒ある大会で、新潟では一番歴史のある大会とのこと。

伴走をして感じるのは、連続開催のノウハウなのかとても淡々と進行する大会であること。
そして、2キロ、5キロ、10キロ、ハーフと小学生低学年が父兄と一緒に走れるカテゴリから健脚には自己ベストを狙えるフラットコースなど、幅広い参加者が楽しめる大会と感じます。

今年は大会開催前から小雨の降るあいにくのコンディションでしたが総勢約1500人のランナーが一生懸命走っていました。

Dsc01617

セニョのミッションは2キロの先導のあと10キロとハーフの監察をすることです。
今年はありがたいごとにドクターが伴走で参加いただけたのでAEDはおまかせできました。

実は先週、富士急ハイランドに遊びに行っていて、ええじゃないかに乗車中、体の規格が合わずに宙ぶらになった足を搬器で何度も強打、ふくらはぎに内出血を抱えての参加となりました。
そんな足の踏ん張り具合のチェックと昨晩速攻で履き替えたMIBROチューブレスの具合を確認するためスライドしていたら見事にスリップ、足をひねれないのでSPDが外せずにそのまま転倒・・・と、いっても立ちゴケ程度でしたが足もおしりも痛かったぁ・・・

6年前のMIBROはゴムが硬化してダメダメでしたとさ。

競技開始とともに我々のミッションもスタートです。

Dsc01618

2キロの伴走は昨年、コースの逆走、バスとはちあわせなどトラブル満載でしたが、今年は上手に左側通行を誘導することもでき非常に順調に完了、すぐにハーフの監察に向かいました。

ハーフの監察も正直なところ今年は何事も無く順調そのもの。
柏崎方向の1車線規制で開催されているのですが、どうしても復路も左車線走行をしてしまうランナーを右側走行させるべく誘導する場面は多少ありましたが、それも昨年から比べると格段に減少、淡々と進行していきました。

Dsc01619

今回は雨の大会が確実だったので、準備の時点でウオータープルーフのセミウィンターのジャージで武装して体温の低下を防ぐともに、レインウェア、シューカバーで武装したので寒さはしのぐことができましたが、スタートから約3時間、時間共に強まる降りで体温は徐々に奪われていき最後は辛かったかな。

気温は終始13度と低い大会でしたので参加者のみなさんもかなり寒い思いをしたのでうはないでしょうか。伴走スタッフも体を冷やしたかたもいたようです。
みなさんゆっくり休んで、また次の大会に挑みましょう!

参加者のみなさん、地域のみなさん、スタッフのみなさん、伴走のみなさんご苦労様でした。

|

« まずは自分の限界を知っておきます【東京マラソン挑戦中!】 | トップページ | 思いのほかに長引いています【良い漢方薬を処方してもらいました】 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まずは自分の限界を知っておきます【東京マラソン挑戦中!】 | トップページ | 思いのほかに長引いています【良い漢方薬を処方してもらいました】 »