« そうだ、東京へ行こう!<越後湯沢~渋川>【三国越えの山岳ステージに突入です】 | トップページ | そうだ、東京へ行こう!<うちに帰ろう・・・>【無事に完走しました】 »

2013/07/25

そうだ、東京へ行こう!<渋川~東京>【向かい風と自転車道と渋滞と信号の試練がてんこ盛り】

渋川から先は利根川自転車道と高崎伊勢崎サイクリングロードを使って埼玉県の本庄へ、

Dsc00897

そこから熊谷まで一般道を経由して荒川自転車道へとつないでいく予定です。

13:00 渋川到着は12時半の予定でしたから30分の遅れが出ています。下りでペースを上げられると思っていましたが、向かい風だったこともあり押し気味の展開となりました。

自転車道へのアプローチ標識は完備されていましたが、肝心の自転車道の入り口に看板が見当たりませんでしたが、大正橋手前から入ることは間違いないので写真のルートで間違いなさそうです。

この利根川自転車道は県道416号の看板も立つ立派な県道で、群馬側、埼玉側ともに県道として管理されているようです。
そのため案内表示も充実していて、凸凹はありますがいいペースで走ることができる自転車道でした。

13:30群馬県庁を対岸に見ながら通過。

Dsc00898

走り始めて30分、綺麗に整備された河川敷がひたすら続き、都会の河川敷って感じです。
反面、どこまで走っても河川敷公園という単調な景色、
その後は一般的な自然の河川敷が延々と続いていました。

Dsc00900

この単調さが非常~に苦痛で思わず大声で

「わーーーー!飽きたぁ~っ」

と怒鳴って見たりしましたがどうにもなるわけもなく、結局黙々と漕ぐことには変わりません・・・
加えて向かい風は強まる一方、疲労が溜まってきた体に結構堪えるようになってきました。

利根川自転車道で南下するルートで注意しなければならないのが途中五料大橋から対岸に渡って高崎伊勢崎サイクリングロードに進み新坂東大橋へ向かうルートを辿ることです。
しかし、ここまで「新坂東大橋○○km」という看板もあり、ちゃんとガイドしてもらえるだろうと思って気を抜いていたら何やら走る方向が変わってきました。

31_2

行き過ぎた・・・
これで約10分のロスです。

慌てて戻って五料大橋で対岸に渡って、高崎伊勢崎サイクリングロードに移りました。

Dsc00901

ここから新坂東大橋までは焼く5km、向かい風は一層強さを増していますが埼玉県目指してもうひと踏ん張り。

Dsc00904

新坂東大橋を渡って埼玉県へ入りました。
ここまで自宅から250km、時間にして11時間30分が経過しています。

ここで利根川を離れて熊谷まで一般道のR17を進み荒川へと進むことにします。
疲れたし、そろそろ休憩しようかなぁ~なんて思いながら背中からアミノバイタルゼリーを取り出していると、右からすーーーーっとセニョを抜く1台のバイク。

元気いいなぁ~・・・
なんて見送りましたが信号待ちで追いつくことが出来ました。
ローカルの方なら、荒川土手へのアプローチのベストラインを教えていただけると思い話しかけるとさいたま近郊の方とのこと。
自宅まで40km以上をこのままR17で戻るというお話でした。
セニョのアタックについて話すと前で引っ張っていただけるとのこと!
荒川サイクリングロードも魅力ですが、ローカルな方のR17アプローチの提案と先導のどちらかを選ばなければなりません。

お願いしますっ!

Dsc00907

この方、ルイガノの普通の(失礼)クロスバイクですがこの向かい風の中30km/hオーバーでガンガンセニョを引いてくれています。
聞けば朝自宅を出て往復200kmの赤城山を登って帰る途中とのこと。。。
ガシガシ行くペダリングでヒルクライム1本して帰ってくるとはかなりの脚力ですね。間もなくロードバイクが納車されるとのことで、ロードに乗った暁には余裕で300kmをこなしそうです。

埼玉県内は協力なアシストと出会いで余裕が出たので、R18の町並みを楽しむことが出来ましたが、やはり熊谷は暑い!
天候は曇りで手元の温度計で32℃と熊谷としては低め?の気温ですが暑く感じるのは熱風のせい?
一緒に走りながらコンビニに2回入り、都度1リットル、500ccのミネラルウォータを飲んでボトルに補充していますが、全く足りない感じ。
全く補給が追いついていません。
こりゃ熱射病になるね、この地域は・・・

そんな中、

時期的にお祭りが多いようで、いたるところでお神輿が出ていました。

Dsc00909
(画像の車のナンバーが新潟ナンバーですが、やらせではありません!ここは熊谷です!)

夏祭りの無い地域に住むセニョにはとても羨ましい光景です。

セニョの体力もだいぶ温存できたので、残り少しは先頭に出て彼を引いて恩返し。。。

Dsc00910_2

この辺りが自宅ということで、このプログの存在を伝え、
次回の再会を誓いながらお別れしました。

ホント、助かりました!

ここからは一人旅に戻って夕暮れ近い埼玉市街を信号に止まりつつも30km/hで走るように頑張りました。
17:45 埼玉新都心付近で本日最後のコンビニ休憩を取り、パンを一つとコーヒー牛乳の飲んで都内を目指しました。

18:20 ついに荒川を渡って東京都に入ります!

Dsc00911

道路案内板もいつしか「東京○○km」の表示から「日本橋○○km」変わっています。
ルートはR17をトレースすれば良いので問題ないのですが、信号待ちの多さが尋常じゃありません・・・
当初は18時はゴールする予定でいましたが、このままでは19時を回ることは確実です。
焦る気持ちを抑えつつ、頭の中では気分良い幕引きの方法と最終の新幹線に乗る方法の考えを巡らせています。

これからの予定は昨年の金沢アタック同様着替えを調達、今回は入浴を済ませて最終の新幹線で帰るというもの。
新幹線のチケットは取っていないし、こなす用事を考えると余裕を感じません。

ゴールを想定した東京駅を諦め着替えの調達を予定していたお茶の水に向かうことにします。

「御茶ノ水→」の看板発見!

Dsc00915

曲がって1ブロック進んだところでミスコースに気づきました・・・・

Dsc00916

目の前に東京ドームが見えるってことは水道橋に向かってるじゃん!
外堀通りでお茶の水に戻り、今回の長旅のゴールはこちら。

Dsc00917

神田小川町のエスポートミズノ。
こちらで着替えを調達することにします。

<つづく>

|

« そうだ、東京へ行こう!<越後湯沢~渋川>【三国越えの山岳ステージに突入です】 | トップページ | そうだ、東京へ行こう!<うちに帰ろう・・・>【無事に完走しました】 »

ロードサイクリング」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

新潟-東京弾丸ツアー、無事の完走おめでとうございます。
ルイガノの普通のクロスバイクに乗る者です。
前を走らせてもらい調子にのりましたが、最後は引いてもらわなければ走れなくなっていました。。。家についてみると走行距離198km(あと2km)だったという落ちがついていました。

セニョさんの脚力は当然のことながら、ペース配分や持ち物のセレクト、小銭が発生しない電子マネーの徹底活用、帰りの服まで現地調達という合理性には参りました。段取りが勝負ですね。都市間ロングライドは夢でしたが、もっと身近な目標に変わりました。
これからのご活躍に期待しています。

投稿: ルイガノのクロスバイクの人 | 2013/07/25 13:26

to ルイガノクロスバイクのかた

当日は本当にありがとうございました。
普段は単独行動が多いワタクシですが、あらためて同行者がいる魅力を再確認しました。
新車が待ち遠しいことと思いますが、ロードバイクになれば
あれだけの走りが出来れば400kmも夢じゃなさそうですね。
また、お会いできること楽しみにして負けないよう精進したいと思います!

投稿: セニョ | 2013/07/25 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そうだ、東京へ行こう!<越後湯沢~渋川>【三国越えの山岳ステージに突入です】 | トップページ | そうだ、東京へ行こう!<うちに帰ろう・・・>【無事に完走しました】 »