« 夏は冷たくしたらたラタトゥイユが美味しいですね【週末クッキング】 | トップページ | 佐渡トライアスロンまであと2ヶ月になりました【練習開始!】 »

2013/06/17

新潟シティライドのショートコーススタッフしてきました【2013新潟シティライド】

日曜日は4:00起きでコンフェデレーションカップ「日本vsブラジル」をテレビ観戦。
終了とともに猛ダッシュで新潟市陸上競技場に向かいました。

Dsc00693

会場にはスタッフどころか、すでに多くの参加者が集まっていて、来るのが少し遅かったかな;;;

本日の相棒はラフに走れるRANSOMをチョイス。

Dsc00694

よそ行き仕様でキレイに見せるためポリッシュで磨いてみました。
キレイに見えるでしょ??

朝6時集合で他のスタッフと「やること無いね~」と言いながらワイワイと喋っていると、なんだかんだと7時。

Dsc00695

篠田市長も参加しての開会式。

その後全員で記念撮影。

Dsc00696_2

スタッフを入れると500人くらいでしょうか。
ある意味全員で記念撮影が出来るくらいの規模な大会なわけで、篠田市長の思惑どおり今後大きなイベントに出来るかは今回の大会の成功にかかっていることでしょう。

7:30のロングコースのスタートに続き8:00にショートコースがスタートしました。

ロングコースは先導スタッフ以外は要所要所に誘導員が立つもののマップに沿って自身の判断でチェックポイントを回りながら走るスタイルですが、ショートはグループ単位にスタッフが付いて走ります。
1編成10人程度で12グループ。
先頭の早いグループ意外は前後に伴走が走り、参加者をフォローします。

セニョの役目はその伴走以外の全体フォロー。
参加者を誘導したり、怪我人を介護したり、パンクを修理したり、などトラブル全般を引き受けて、円滑に流れるようにすることがミッションです。

まずは先頭グループに付いて途中の誘導ポイントまで。

Dsc00699

朝のやすらぎ堤。予想より通行人、ランナーも少なく走りやすかった印象でした。
地盤改良工事も終わり、いつもの新潟の景色が戻りましたね。

みなとぴあの誘導を終えたあと、自転車道の走る参加者とは別に一般道をぶっ飛ばして最初のエイドステーションに急行しました。

休憩後の先頭のスタートまでに関分記念公園(通称:たこ公園)に到着。

Dsc00702

ひとまず続々と到着する参加者を公園に誘導します。

Dsc00701

お疲れさまぁ~♪

ここのエイドステーションは「笹団子風シフォンケーキ」が振舞われます。

Dsc00703_2

もちろんスタッフへの配給もあります。

お、美味しいぞ。
暑くて汗かいた状態でパサパサしたスポンジは許せないと思っていたら、とってもしっとり。
しかもヨモギの香りもちゃんとしていて、大好物のつぶあんも美味しかったです。

唯一残念だったのがゆっくりと食べられなかったこと。

Dsc00705

本日の初トラブルのスポーク折れの参加者がその理由。

と言っても、自分で折り曲げてここまで走って来ていましたし、匠に曲げられたスポークを見ると、ここで無理にニップルを外す必要もなさそうです。
ホイールが振れていてブレーキに干渉しているようですが、それも対応不要ということで、ここでのサポートは必要ありませんでした。

信濃川土手を流していると、熱中症っぽい子供がいるとの報告が。
保護者が付いているので心配ないとのことでしたが合流することに。

Dsc00707_2

小額3年生の女の子が一生懸命走ってました。

苦しそうな顔して一生懸命漕いでいました。
色々話しかけると???
眩しくて目を細め、夢中で漕いでいるのに心配して声をかけている我々を迷惑そうにしている感じ?
ペースが速すぎて余裕が無いのかな?ってことで、ペースを落とすように話しかけてペースを落とすと看板の朱鷺の話をしてくれたり、余裕が出てきました。

途中で一度止めて水分補給をお願いしてしばらく様子を見ていても問題なさそう。
後ろから来たフリーのスタッフに引渡し、次の対応に移ります。

今度は別々のグループで転んで擦り傷と打ち身をした子供が居るとのこと。
特に問題なく走っているとのことですが、念のため合流を試みました。

その2人には第2エイドステーションで合流することができました。
第2エイドステーションでは冷たく冷えた「越後姫のムース」が振舞われます。

Dsc00708

ワタクシのスイーツは後回しにしてとりあえず怪我をした子供達を捜すため声をかけます。

一人は停止する際に保護者と接触、右肘、膝、指に軽い怪我をしていました。
応急処置で消毒のあとガーゼと絆創膏で処置。
メガネも壊したようで、こちらは小分けしたガムテープを渡して別スタッフが応急処置をしてくれました。

もうひとりは絆創膏1枚程度の怪我でしたが、腰のあたりを軽く打撲した模様。
特に腫れもなかったので子供のテンションを上げてあげようと
「サッカー選手と同じようにスプレーしてあげようか?」
と、問いかけるとうなずいたので、持参していたアイシングスプレーを吹きかけてあげました。
「特に効き目は無いよ。おまじないみたいなもんだよ」って言いながら^^;

ワタクシもムースをいただき、休憩もほどほどに先回りして弁天橋に向かいました。

弁天橋からは交通量も多く、車道走行となるのでスタッフとしては心配なエリア。
特に、後半のグループは子供や普段チョイ乗り系っぽい方々が多そうで車道を走る習慣もなさそう。
加えて10名のグループなので弁天橋周辺で、車道への誘導とや停止位置など伴走スタッフのお手伝いをすることに。

あと2グループというところで、電話が鳴りました。
パンクしてグループを離脱した参加者が駅南に居るとのこと。
急行してみると、すでにパンク修理の最中でした。

Dsc00709

聞けば画鋲を踏んだとのことなので、パンク箇所は明快。
自身が持参していたパッチを貼って修理完了。
しかし、空気入れを持っていないとのことで、セニョの空気入れを手渡し修理も完了、ゴールに向けて走りって行きました。

その後は子供達が一番多いグループのフォローに付いてゴールを目指します。

Dsc00711

スタートから3時間以上、北の風は冷たいものの日射しは刺すように暑く参加者の方もお疲れモードな感じ。

心配した子供達も最後まで頑張りとおして無事に陸上競技場に戻ってきました。

Dsc00713_2

ショートコースは一人の脱落者も無く(セニョの知る限り)無事に戻ってまいりました。
みなさん、お疲れ様でした。

楽しいサイクリングになりましたか?

スタッフ側から見ていてもグループ編成とペースにはもう一工夫あると良いかと思いましたが、始まったばかりのイベント、次回はもっと良いサポートが出来るように成長するハズです。

セニョも半世紀を生きて、四半世紀お世話になった自転車界を、その底辺を広げていくことが必要だと思っていますので、機会あればサポートは惜しみません。
それに、頑張っている子供、そしてみなさんを見ているのがとっても自分自身にも刺激になりました。

参加者のみなさん、スタッフ、関係各位のみなさんお疲れ様でした。
来年も頑張りましょう~☆

|

« 夏は冷たくしたらたラタトゥイユが美味しいですね【週末クッキング】 | トップページ | 佐渡トライアスロンまであと2ヶ月になりました【練習開始!】 »

ロードサイクリング」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏は冷たくしたらたラタトゥイユが美味しいですね【週末クッキング】 | トップページ | 佐渡トライアスロンまであと2ヶ月になりました【練習開始!】 »