« やっぱり、水栓まわりをアレンジすることにしました【残った材料を使い切ってどこまで出来るか・・・】 | トップページ | 2013新潟シティライドのショートコースを走ってきました【伴走スタッフで参加します】 »

2013/05/20

ウッドデッキの総仕上げ【今度こそこれで最後】

土曜の夜19時過ぎまで作業して終わらせたハズのウッドデッキ。

Dsc00291

一晩寝て起きると、部材の一つがどうしても解決できなくて、朝から切り出すことにしました。

セニョ家のベランダの中央部分は手摺がありません。
最初にウッドデッキを作ったときのデザインで太い荒縄を使うデザインとしたため。
軽い気持ちで設計したのですが、柱に縄と通せる4inchを貫通させホールソーが恐ろしく高かくて購入を断念。

穴の代わりに色々な金具を使ってみたもののどれもしっくり来ず、今回思い切って自作することにしたわけです。

そのロープ受け部品、全部で4つ作ります。
手持ちのホールソーで1×4に穴を開けて、

Dsc00292

荒削り回転やすりでバリを落としたあと、角を取ったり、サンドペーパーで形を整えたりして、

Dsc00294

部品化完了。

Dsc00296

左右の柱の上下に取り付け、

Dsc00297

砂浜で拾っておいた地引網用のロープをたすきがけ。
ロープの切口を針金で固定すればおしまい。

Dsc00298

完了。
これで本当に完了です。

かなり時間がかかってしまいましたが、なんとか納得できる仕上がりになりました。

全部で4日ほどかかりましたが、ここで今回手を入れたウッドデッキをご覧ください。
鼻歌で、劇的ビフォーアフターのテーマ曲「Inscrutable Battle」を鼻歌で演奏しながら・・・

今まで庭へとつながるこの階段には扉や柵はがなく、庭で自由に走り回る愛犬ポポロちゃんが外に出ないようにするために、100均ショップで購入した貧相な網を使っていました。

Dsc00301

それが、今回のリフォームで立派な両開きの扉が付き、庭へと続く階段の壁はウッドデッキと同じテイストのレッドシダーで化粧されました。

Dsc00302

扉を開けると植え込みが2箇所。
これはかねてから作りこまれていた花壇ですが、装いも新たに感じるよう生まれ変わり、扉を開けたゲストをやさしく迎え入れています。

Dsc00299

その階段の上、ワイヤーフェンスで仕切られていた細く狭いスペースに押し込まれていた水周りは、フェンスを取り外し開放的になったスペースを有効的に使えるようなウッドデッキが作られました。

このウッドデッキで水道を使って荒い物をすることはもちろん、お父さんが山へ行った泥だらけのアイテムを効率よく洗う洗い場として、
またお母さんの大好きな花の鉢植えをする作業スペースとしても有効に活用できそうです。

Dsc00304

庭の奥に目をやると、腐って崩れそうだったデッキが生まれ変わっています。
従来より30センチ大きく、そして、リビングとの段差を極力なくした作りとしたことで、庭との一体感も高まり、ちょっとしたくつろぎのスペースとしても使えるようになりました。

Dsc00305

もちろん、メインのウッドデッキの腐っていた部分もきれいにリペアされていました。

Dsc00306

アクセントで張られたロープの白さも眩しく、これからの季節はここで七輪を使った焼肉が繰り広げられることでしょう。

Dsc00307_2

芝生の張替えも済み、デッキの修理も終わったセニョ家の庭。
これで、手入れ感のあるオーラを感じる庭に戻りました。

優雅に過ごした日中のセニョ家の庭も夜になると様相が変わります。

今回のリニューアルで省電力型のライティングシステムに生まれ変わったガーデンライトは従来同様の夜間のタイマーkんトロールはそのままに、消費電力を減らすことに成功しました。

これで、夜自宅に帰ってからでもきれいになった庭を眺めて緑のある幸せをいつでも感じることが出来ます。

Dsc00290_2

セニョ家のガーデン。
10年以上の年月をかけ、少しずつ手を加えここまでの庭になりました。
メインのデッキの基本部分は大工に手伝ってもらったものの、そのほかの部分の大工工事や左官工事、電気工事にいたるまでセニョが頑張ってデザインして作業しました。

これからも少しずつ手を入れて、心休まるガーデンにして行く気持ちを新たにしました。

|

« やっぱり、水栓まわりをアレンジすることにしました【残った材料を使い切ってどこまで出来るか・・・】 | トップページ | 2013新潟シティライドのショートコースを走ってきました【伴走スタッフで参加します】 »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり、水栓まわりをアレンジすることにしました【残った材料を使い切ってどこまで出来るか・・・】 | トップページ | 2013新潟シティライドのショートコースを走ってきました【伴走スタッフで参加します】 »