« 糸の切れたタコとなり両津から小木を目指します【2013佐渡ロングライド210】 | トップページ | フィニッシュから佐渡汽船、そして恒例!言いたい放題【2013佐渡ロングライド210】 »

2013/05/16

小木で一休みして標高差600mを登ります【2013佐渡ロングライド210】

佐渡トラな気分で小木をパスしようと思いましたが気力負け。

Dsc00181

小木はこの先の憂鬱なのぼりに向けて鋭気を養うためには重要なASですね。

毎年ここにはサプリメントのMUSASHIが出ています・・・
おや?今年は出ていませんね・・・
佐渡トラも出なくなったので経費節減でしょうか。

MUSASHIが無いなら、持参したaminoVITALproを飲むことにしましょう。
他にバナナ、オレンジなど果物系をチャージして、芝生に座り込み足腰の軽いストレッチをしてから小木を後にしました。

時刻は14:17分なので予定を7分遅れてのスタートです。

追い越すバイクほぼピンクゼッケンとなりA2集団の中心まで追い上げた感じです。
これからは苦手な登りなので周囲に溶け込んだ走りが精一杯になりそう。

Dsc00183

沢崎を通過。
ここからは斜め後ろからの風に多少救われながら、コース変更された集落へ。

Dsc00185

この先を右に曲がると一気に登りが始まります。

おや、今になって右側に黄色いコーンを発見。
写真とりながら適当に乗っている写真を撮られてしまっていますね。こりゃ。。。

焦らず立ちこぎでリズム良く登ろうと思い、数回ダンシングした途端・・・
鶴、釣る、吊る、攣る・・・
右足ふとともの裏に違和感を感じます。
ここに来て脱水かぁ???

やむなくというか、理由がはっきりしたので見栄を張らずにトリプルにシフトチェーンジ!
前30枚という如何様のようなギアを使いロー側3枚を切り替えながら最大の難所を攻略します。

ちなみに、言い訳ですが、フロントは30ですが、リアは23が一番大きいので、MDの34×27よりは重いんですよ。

参加者の方は耳にされたと思いますが、ここを登っている最中に太鼓の音が聞こえて、音は坂を登りきった右手に綺麗な建物のベランダで男の子が叩いていたのが見えたと思います。その施設が「佐渡太鼓体験交流館」という施設でビジターも叩いて体験できる施設です。
http://www.sadotaiken.jp/index_j.html
そんなセニョも行ったことなのですが、家族の話では一度は訪れる価値のある施設のようで、みなさんも是非来年の行動計画に加えてください。

観光紹介はこれくらいにして。。。

すんません。
このあたり、写真がありません・・・
押してる時間、続く坂道、攣りそうな足・・・
とてもカメラに手を伸ばす余裕がありませんでした。

このままで行くと30分押しを覚悟しなくてはならなそうです。
17:35発のジェットなので、輪行くする時間を考えても20分前には付きたいところ、そうなると佐和田出発は1時間前がMustなのでギリギリですね。

鼓動村の登りを終わらせると、微妙に下っている漕げば飛ばせる道が続き、何度か交差点を過ぎたところで、従来のコースに戻りました。

Dsc00186

今年もダコタは健在でしたがクランクアップしたので周囲にあった建物は撤去されていました。
今後この飛行機はどうするんでしょうね。。。

素浜に到着です。時刻は15時20分で25分遅れ。

Dsc00187_2

あ、狼ジャージ、これ持ってる。。。
セニョも隠れ狼(幽霊狼とも?)ですが、ここでのお話は控えておきましょう。
ここでもバナナとオレンジを食べまくり、早々に戦線復。

時刻は15時25分。予定の30分遅れ。
ここからは大きく2山ありますが、忍耐で乗り切れば、下りは高速コーナリングとテクニカルワインディングの2本立て。下るために登りますよ~

ということで一つ目の坂は下りの最中は前面投影面積を減らすため、フレームに腰掛てペダリング無しで最高速65.77km/hをマーク。
そのままノーブレーキでコーナリング~☆

2つ目の坂は速度というよりテクニック。
すばやい切り替えでノリノリ。
途中、ヘルメット黄色いリボン付けたご一行(サカモトさん?)を抜いちゃって、女性ライダーのライン被してしまったかもです。スンマセンm(__)m

そこから先はほぼ平坦。
寡黙に漕ぎまくって佐和田に到着~☆

Dsc00191

時刻は16時20分!!
予定20分遅れ、リミット10分前。

完走証を受け取り、つみれ汁を流し込んで・・・
お焼きがない!あんこもクリームな無い!
今年から無いの?

後から聞いたら奥様は食べたとのこと・・・
セニョがゴールしたときには、かけらどころかケースも無い状態に隠蔽されていたのかぁ。。。
そんな感情も実は後からのもの。

両津までは市街地走行、風も読めないのでとにかく早く会場を後にする必要があります。
FaceBookにゴールして両津に向かう近況を打ち込んで16時27分、両津に向けて走りだしました。

<つづく>

|

« 糸の切れたタコとなり両津から小木を目指します【2013佐渡ロングライド210】 | トップページ | フィニッシュから佐渡汽船、そして恒例!言いたい放題【2013佐渡ロングライド210】 »

ロードサイクリング」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 糸の切れたタコとなり両津から小木を目指します【2013佐渡ロングライド210】 | トップページ | フィニッシュから佐渡汽船、そして恒例!言いたい放題【2013佐渡ロングライド210】 »