« 小木で一休みして標高差600mを登ります【2013佐渡ロングライド210】 | トップページ | 野菜の苗を植えました【早起きガーデニングとなりました】 »

2013/05/17

フィニッシュから佐渡汽船、そして恒例!言いたい放題【2013佐渡ロングライド210】

このフォトはセニョのスタートシーンを送っていただいたもの。

Imgp0127

改めて見て、でっかい体だなぁ・・・

ハンドル幅が広すぎる感じがしていましたが、見る限りそんなことなさそうですね。
そのままにしておきましょう。

今年のロングライドの所要時間は9時間55分。
実質スタート時間であるBコースの奥様のスタート時間を適用すれば9時間48分というところ。
毎年走って感じているのが、210kmを走る体力より、10時間、12時間自転車に乗っているという「時間軸」、精神力が必要だということ。
早い連中が7~8時間で走りきるのは当たり前のこと。普段から練習してますから。

趣味の一つとしてバイクに乗っている方々がマイペースとはいえ、12時間も漕ぎ続けるチャレンジスピリッツはスゴイと思います。
12時間走っても、シグナルストップが数回、少ない交通量、なんたって全域にわたって広がっている絶景がそのチャレンジスピリッツを支えているのは言うまでも無く参加者の皆さんは感じているはず。

そのフィールドを提供していただいている島のみなさん、大会を支えているボランティアのみなさんに敬意を払わねばなりません。
今回走って、BやA3コースの走行マナーはとても良かったと思います。
むしろ、まくりまくったセニョの場違い走行のほうがマナー違反な感じがしました。

マナーに関しては、唯一、夫婦岩のトイレ休憩場所で右側を追い越し中に先導が休憩に入り、後続が慌ててブレーキかけて左折して来て我々の行く手を塞いぐ形になりぶつかりそうになったシチュエーションに遭遇くらい。それも、Bコースの早いライダーによるチーム走行が要因、奥様と一緒だったこともあり、集団にならないよう走っていたので、去年のような怖さを感じることはありませんでした。

結局、足に自身のあるライダーで構成する集団走行が周囲を危険にさらしてるのかな?
まぁ、セニョレベルの中途半端に早いライダーの見栄や意地が自身のスキルを考えず判断不能な状況に陥っているという問題で、本当に早い方々はチャンと走っているのでしょう。
参加者もサイクリングイベントとロードレースイベントの違いをわきまえることが必要なんですよね。

ボランティアについては、A3最後尾であったこともあり、Aの最後尾走行ボランティアの方から色々話を伺いました。
コース誘導とか年々ボランティアが減っているようです。
我々は飽きれば参加しなければ良いだけなのであまり感じませんが、大会を続けて行く苦労ってこのあたりも苦労があるんですよね。
先日無事に50歳になったセニョです。このあたり、大人の目で観察しながら出来ることを考えていくことも必要なのかな?

・・・・

話が変わってゴールから帰宅まで。

無事にゴール、佐和田を後にしたセニョですが、次に待つ試練は両津までの自走移動。
奥様は親戚に迎えにきていただき、無事帰宅。
お風呂に入って荷物を纏め、両津まで送っていただく段取りも完璧、セニョは手ぶらで両津で合流します。

幸い風は追い風。いえ、何故か両津に着く直前から向かい風。
何としても17時までには付きたい気持ちに焦りがでます。
疲れた体は焦るほど力むペダリング、速度が上がりません。
焦っているので秒針が気になります。

両津の街を抜け、佐渡汽船に到着したのが17時5分!
出航30分前。何とか間に合いそうです。
2台のバイクを輪行して、荷物を纏めると10分前、急いでジェットに飛び乗ります。

前日の予約状況では空席だった最終便も乗ってみると満席。

Dsc00192

以外にもロングライドの方より一般観光客が多い感じ。
座席が2階の奥のほうだったので、通路の最後尾でこっそりと着替えて多少はリフレッシュ。
ちょっと遅れてジェットが出航すると、海面には霧が立ち込めています。
高速船なので視界不良は大敵、判断によっては欠航しそうなくらいの霧が立ち込めていますが、今日のこの便は欠航することもできないでしょう。

おみやげだったハズの橡餅を3つ頬張り、腹ごしらえも完了。

お・や・す・み・な・さ・い・・・

Dsc00193

目が覚めると新潟西港に入港していました。
時計を見ると19時前。所要時間は1時間半。
視界不良で速度を落として航行したようです。

最後に乗ったこともあり、一番最初に受け取ることの出来たバイクを担いで駐車場へ、
そこから自宅までは20分、軽く後始末を終わらせシャワーを浴び20時過ぎには自宅でくつろぐことができました。

やっぱりこの時間に帰らないと翌日が辛い・・・

0512_2

さて、2013年の佐渡ロングライド210、仕込んだプログラムも無事にコンプリート。
この流れで行けば奥様と210kmに参加する流れとなりますが、果たして彼女にとってそれが楽しく感じるかは疑問です。

これから半年かけて来年の行動計画を立てようと思います。
参加した皆様、ご苦労様でした。
風は強かったけど、とても素敵なサイクリング日和に恵まれました。

また来年?佐渡で会いましょう~☆

セニョはしばらくはMTB、そして9月の佐渡トライアスロンに向けて準備をして行きまーす!

|

« 小木で一休みして標高差600mを登ります【2013佐渡ロングライド210】 | トップページ | 野菜の苗を植えました【早起きガーデニングとなりました】 »

ロードサイクリング」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小木で一休みして標高差600mを登ります【2013佐渡ロングライド210】 | トップページ | 野菜の苗を植えました【早起きガーデニングとなりました】 »