« いろんな経験が出来た人生2度目の10kmマラソンでした【第30回新潟シティマラソン参加】 | トップページ | 寺泊シーサイドマラソンの伴走してきました【地域ボランティア】 »

2012/10/17

余計な判断はトラブルを生んだけどメーカーサポートに助けられました・・・【Scott RANSONのメンテナンス】

新潟シティマラソンの翌日の話ですが。

P9290084

前回乗ったときに気がついたアウターケーブルの不具合修正を試みました。

リアシフターの付け根部分のケーブルとアウターキャップが避けています。

P9290085

この前のチャーリーズカップの転倒の際、ムリな力が加わったのでしょう。
本来であればアウター、インナーケーブルともに交換すべきですが、前回のオーバーホールでシフターを含め全交換しているし、もうすぐ冬。
寒くなったらフルオーバーホールをするので、それまでは騙して使うことにします。

P9290086

リアディレイラーからケーブルを外し、よれたケーブルを纏めたのちアウターから抜き取ります。

P9290087

ケーブルカッターで裂けたアウター部分を切り取り先端を整えて・・・

P9290088

理論的にアウターを切った分だけインナーも切れるわけなので、アウターに通しやすいように先端を整える意味合いも込めてインナーをカットします。

後はインナーケーブルを通して、ディレイラーに取り付けてシフト調整をすればOKです。
その手順はブログのMTBメンテナンスのカテゴリーを辿ってください^^。

ここで気になったので、リアユニットの状況を確認することにします。
ポジティブ、ネガティブ両方のエアを抜いた後、スイングアームを動かしてみると・・・

P9290090

フルボトム問題なし。

P9290089

トップも問題なし。

ただ、オイルチャンバーにエアーが入った感じで、ボトムし始めにダンピングの効かない部分を感じました。

P9290091

RANSOMの場合このユニット長で最高165mmのストロークを確保しているので、仮に5mmのノンフリクションな部分が出るとSAGのセッティングに影響が出てしまいます。

改善するにはオーバーホールをしなければならないワケですが、自分で頑張れる次元と根気が無いので、メーカーに出すことにしますが、これまた冬まで待つことにします。

ということで、オーバーホールまで凌ぐ策を考えるために、ネガティブ側のエア量を高めて誤魔化そうとエア調整に夢中になっていたら・・・

P9290092_2

バルブを折ってしまいました・・・・
RANSOMのユニットのネガティブ側のバルブはユニットのピストンシャフト側に付いていて、その位置はシートステーからの入力をユニットに伝えるために介されたロッカーアームに隣接するため、エアポンプを付けたままでサスペンションを動かすのは禁止行為。
今回は遊びを確認するために、様子を見ながらスレスレの力加減でサスを動かしていたのですが、夢中になってうっかり強い力を入れてしまったということでした。

さて、このバルブを取り寄せるにはSCOTTに問い合わせが必要です。
しかし、このRANSOMは2006年モデルの2007年購入なので5年が経過しています。
それも、売れなかったモデルなので部品の調達に不安がよぎります。

いつもお願いしている自転車店に行き、救援要請。
SCOTTに連絡を取ってもらうと最後の1本の在庫があるとのこと。
急いで取り寄せてもらうことに。

発注から約1週間、届きました~☆

Pa140110

部品代¥525円(安っ!)、それに送料約700円、振込み手数料約200円・・・
部品代は良心的な設定なのに物流の矛盾を感じながら1400円ほど支払いました。

結局、最後の1本という「おどし」を聞き入れて無駄な調整は止め。

Pa140111

多少の遊びでSAGが下がり気味のセッティングではありますが、この状態で冬まで乗ることにします。

実はこのユニット、ロックショック製です。
オーバーホールはロックショックの代理店に出さないといけないのですが、ご存じのとおりSRAM系は巨大自転車が手放したため、現在代理店は空白状態。
来年までには新たな代理店が動き出すようで、それまではオーバーホールもお預け。
新しい代理店はオートバイ系のブランドが得意なところなので自転車屋さんに頼むよりバイク屋系が良いのかも。

暇になったらリサーチしてみましょう。

http://cyclist.sanspo.com/20848

|

« いろんな経験が出来た人生2度目の10kmマラソンでした【第30回新潟シティマラソン参加】 | トップページ | 寺泊シーサイドマラソンの伴走してきました【地域ボランティア】 »

scott RANSOM」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

MTBメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いろんな経験が出来た人生2度目の10kmマラソンでした【第30回新潟シティマラソン参加】 | トップページ | 寺泊シーサイドマラソンの伴走してきました【地域ボランティア】 »