« 2012佐渡トライアスロンRタイプに挑戦【大会前日】 | トップページ | 2012佐渡トライアスロンRタイプに挑戦【大会当日】<その2> »

2012/09/05

2012佐渡トライアスロンRタイプに挑戦【大会当日】<その1>

毎度の3:30起床

P9020011

昨年同様、オデッセイは奥様に託してセニョはウォーミングアップを兼ねて自走で会場に向かいます。

会場入りしたのは5:00を回っていました。

この時点で気温はすでに28℃、風も結構あります。
スイム的には出しの風になるので目に見えて荒れてはいませんが、これから2時間この勢いで吹かれると間違いなくVを回って戻って来る際に大変でしょうね。

P9020014

6:00スタートの赤帽子のAタイプを見送り、我々はボディマーキングへ。

P9020015

両手をオバチャンに押さえ込まれ腕に「9002」とアンバランスな字体で書き込まれました。

P9020017

今年のRタイプのトランジットエリアはゼッケン順に用意されたカゴにテントも完備されていたので安心して荷物を持ち込めました。

会場アナウンスで水温27℃風速7.6m/sと告げています。
スイムとしてもかなり温かめ、バイクにしては両津~水津の海沿いは10m/s超えの風速を覚悟する必要がありそうですね。

ここからはパートごとにそれぞれの時間が流れ始めます。
スイムの春ちゃんはウエットスーツに着替えて、スイムチェックとウォーミングアップ。
セニョはおにぎりや大福をちびちび食べて栄養補給と水分補給でスタートを待ちます。

7:40 スイムスタート!
ランの○山先生はまだギャラリーになってスタートを見送れますが、セニョはあと40分もすれば出番が回ってきますからストレッチ、持ち物チェックやシミュレーションを開始しました。

8:15 スタートから35分経過。
春ちゃん戻ってきません・・・
実力的にはトップで戻ってきてもおかしくないのに・・・
リレーチームのスイマーもどんどん戻って来ます。
スイムはアクシデント=命につながるのでちょっと心配・・・
無事かな???

0dscn5747

おっ!来た!来た!

8:40 バトン代わりのICタグを春ちゃんの足からむしり取りいよいよバイクのスタートです。
昨年の2位独走のバトンタッチとは違い、前も後もバイクがタクサンいます。
Bタイプの選手に混じって9000番台(リレー)の選手も視界に入りました。
今何位なんだろう?どれくらいのレベルのライダーが居るんだろう??
などと自分のポジションを考えながら、ひとまず自分のベストペースを掴むよう試みます。
ここから水津を廻るまでは向かい風、30km/hを下回らない程度のペースが走りやすいようなのでひとまず目標AVGを32km/h程度で走ってみます。

走り出し早々、佐和田を抜けるまでにRタイプの威勢の良いバイク3台に抜かれました。
新穂に向かうまでには捉えることが出来ましたものの、1台だけ強者が居てしばらく抜きつ抜かれつが続きました。
バトルの結果、気がつくと心拍は170を超えアラームゾーンに突入!メーターが警告を発しています。

ここまで練習でも165以上上げることが出来なかった心拍数が走り出し10kmで170まで上がってしまいました。
体的に異変はありませんが明らかに飛ばし過ぎで、後半を考えるとこれ以上続けると完走も危うい可能性大。
やむなくペースダウン、セニョの負けとしてバトルは打ち切り。
小さくなっていく背中を見送りました・・・
(おそらくRタイプのベストラップのバイク)

<つづく>

|

« 2012佐渡トライアスロンRタイプに挑戦【大会前日】 | トップページ | 2012佐渡トライアスロンRタイプに挑戦【大会当日】<その2> »

スポーツ」カテゴリの記事

ロードサイクリング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012佐渡トライアスロンRタイプに挑戦【大会前日】 | トップページ | 2012佐渡トライアスロンRタイプに挑戦【大会当日】<その2> »