« やべぇ、またロードネタだ・・・【走り出しは意外と暖かかった】 | トップページ | 決戦用ホイールを用意しました【KOGA KIMERA ROADのチューンアップ】 »

2012/01/08

スタックダウン対策に着手しました【MTB山岳サイクリング】

昨年、売れ残りを購入したMarzocchi55ataが結構問題児であることは周知の事実。

Imgp3585

セニョのMarzocchiはまだ症状が現れていませんが、オフシーズンのオーバーホール作業の一貫として、スタックダウン対策を施すことにしました。

天気は良いけど寒いこの時期、

Imgp3587

古いスキーウェアを着て、カセットボンベのガスストーブで暖を取りながら車庫で作業します。

作業前に、ATAの上下のエア抜き。

Imgp3588

なんだか、泡だったオイルが出てきました。やな予感・・・

Imgp3593

バイクスタンドにフォークを固定してフォークを裏返して片足ずつオイルを抜いていきます。

Imgp3594

本日の主役のATAユニットを取り出します。

Imgp3595

ATAはリバウンド側のブッシュもエアで行っているので、組み付けの際に充填する(閉じこめる)エア量を決めるためのユニット長を計っておきました。

Imgp3599

ATAの外筒(下側)のフタをモンキーで回してピストンを抜きます。

Imgp3601

ATAダイアルのアッパー部分を外してみると、何と水が・・・

Imgp3606

動きには関係ないところなので、組み付け時にグリスをてんこ盛りにしておきました。

Imgp3607

ATAの外筒(下側)のエアバルブを筒の中に押し入れていくとバルブ付きのボトムキャップと紐で繋がった中間ピストンが出てきました。

Imgp3609

それぞれのエア室の機能はそのうち説明するとして、ひとまず分解完了。

使われているOリングの規格を探ることにします。

原始的ですが、ノギスを使って外径を計って・・・

Imgp3604

内径、直径を測ってネットを使って寸法から規格を割り出します。

Imgp3605

どうやら内径19Φが3つ、20Φを1つを交換すればスタックダウンは回避できそうです。

Oリングの他、フレームのベアリングもついでに発注、消耗品はこの際すべて交換することにしました。
今日発注して、来週には部品が来るでしょうから、そうしたら整備の続きをします。
ってことで今回はここまで。

このほか、BB、ハブベアリング、先日破損したリアスプロケットあたりも部品を調達して、この時期にメンテナンスしておくことにします。

XTも新しくなり、29erも確実に居住権を得て来ているこの時期、本当は新車が欲しいのですが、ロードなんて手を出したら時間も資金も無くって・・・
しばらく新車はムリかなぁ・・・

|

« やべぇ、またロードネタだ・・・【走り出しは意外と暖かかった】 | トップページ | 決戦用ホイールを用意しました【KOGA KIMERA ROADのチューンアップ】 »

scott RANSOM」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

MTBメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やべぇ、またロードネタだ・・・【走り出しは意外と暖かかった】 | トップページ | 決戦用ホイールを用意しました【KOGA KIMERA ROADのチューンアップ】 »