« ロードシューズのうんちく<その1>【SiDI GENIUS 6.6 CARBON LITE VERNICE 】 | トップページ | 年末は忙しい・・・【ここ最近のはなし】 »

2011/12/12

ロードシューズのうんちく<その2>【SiDI GENIUS 6.6 CARBON LITE VERNICE 】

シューズのサイズはクリアすることが出来、SiDIの良いフィールを味わうことができたのですが、足の外側(小指側)が痛い感じ。

0imgp3471

そこで、ソールに手を加えてフィット感を高めてみました。

SiDIのソールはお世辞にも良いとは言えない代物。

手始めに今まで使っていたSidasに入れ替えてローラー台を回してみました。
足裏にフィットした感じはさすがに成型したインソール。
しかし、NorthWaveのシューズで使っていた形状のまま、SiDIのソールに形を合わせることもなく入れたため、すぐにギブアップ。
そもそも薄手なSiDIのソールの代わりにSidasでは厚すぎ。
ソール以外のフット感をスポイルしてしまっています。

Imgp3533

そこで、SiDIのソールに手を加えることで自分に合ったシューズを目指すことにします。
用意したのが薄手のスポンジと両面テープ。
しかも、最近ご無沙汰なスキーメンテナンス道具の中から引っ張り出して来たスポンジパッドなので費用は0円。

今回調整したのがスキーで言うところ「カント」調整。

セニョはO脚がに股系なため、ペダリング運動は母子球で踏み込む前に小指側に重心がかかってしまい、結果として痛みや疲れがその部分から起きてきます。

この状態を回避するのが「カント」調整。
それと、細長なシューズ形状で、小指以外の指先が遊び過ぎている感じも気になったのでその部分も調整してみます。

何度も履いたり脱いだり、パッドを切ったり貼ったりして仕上がったソールの裏側がこちら。

Imgp3534

シューズの裏が外側に向かった傾斜するようにするための母指球側を上げるためのパッドと、指先先端をそり上げるようにするためのパッド。
右側の先端が二重になっているのは、セニョは足は右足のほうが小さいから。

まだローラー台で30分しか回していないけど痛みも無く良い感じ。
今度天気が良いときに外でいろんな負荷をかけて踏んでみることにします。

|

« ロードシューズのうんちく<その1>【SiDI GENIUS 6.6 CARBON LITE VERNICE 】 | トップページ | 年末は忙しい・・・【ここ最近のはなし】 »

自転車」カテゴリの記事

自転車パーツ・アクセサリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロードシューズのうんちく<その1>【SiDI GENIUS 6.6 CARBON LITE VERNICE 】 | トップページ | 年末は忙しい・・・【ここ最近のはなし】 »