« 暖かくて風が強くて雨がパラつく日でした【そんなときは考えてないで漕ぎ出すのが一番】 | トップページ | とんでもないことが起きちゃいました【MTB山岳サイクリング】 »

2011/10/23

クーラントとエアコンフィルタの交換をしました【RB1オデッセイのメンテナンス】

月末までに車検出してくださいとお願いされて、トライアスロンに気を取られているうちに終わっていた車検。

Imgp3356

特に問題は無いんだけど、手を入れる必要があるところは盛りだくさんなので冬になるまえに終わらせましょう。

まずはクーラント。
一昨年のメンテナンスで変えなくても良かったのに抜いちゃったクーラントを一斗缶で用意しました。
50%希釈済みでそのまま使えるウルトラeクーラント。

約8リットルあれば足りるのですが、1リットル缶で1,280円、18リットル買うと1万円弱であれば、他の車にも使おうかなぁ~ってことで一斗缶にしました。

交換自体は至って簡単。

Imgp3357

ラジエーターキャップを外して、ラジエーター下部の中央のドレンプラグを緩めてクーラントが抜け終わるのを待ちます。

Imgp3358

その間にリザーバータンクを外してリザーバータンクの中身も捨てて綺麗に洗います。

Imgp3369

クーラントが抜け終わったらドレンプラグを締めてウルトラeクーラントをスッコンスッコンを使って溢れないように注入していきました。
ラジエータホースのあたりに空気が溜まりやすいので握ったりしながら入れるのがコツです。

Imgp3370

オデッセイの修理書を参照すると、最終工程でリザーバータンクのMAXライン+400cc入れるとの指示がありましたので、とりあえずこれくらい入れておきましょう。

仕上は・・・

Imgp3371

設定温度LOで電動ファンが2回動いたらエンジンを止めて減った分を再充填(減ってなかったけど)。

Imgp3372

設定温度HIで電動ファンが2回動いたらエンジン止めて減った分を再充填(また減ってなかったけど)。

上記と同じようにエンジン回転を1500rpmで1セット。
またまた2500rpmで1セット。

と、ヒーターホースの中も循環するようにしてエアを追い出して完了です。

次にエアコンフィルタ。

Imgp3359

これは工具も不要で簡単に交換可能です。

Imgp3360

グローブボックスの左側ダンパーアームのフタ側を下方向に「パチッ」っと外します。

Imgp3362

グローブボックスの両側を内側に押し込みながらストッパーを避けてボックスを下に垂らしてしまいます。

Imgp3363

エアコンユニットが現れ、上にある横長の引き出しを爪を外して引き抜きます。

Imgp3364

引き出しからフィルタが現れるので、このフィルタを新品に変えます。

今回のフィルタはBLITZの光触媒とかいう製品で、

Imgp3365

洗って再利用可能なフィルタ。ホントかどうか・・・

Imgp3366

おやおや?AIR FLOWの矢印どおりに組もうとすると合いません。

Imgp3367

説明書の片隅に逆に装着する車もあり、製品的にはAIR FLOWの向きは問題無いとの記述がありました。
だったら、AIR FLOWなんて書かなきゃ良いのに・・・

Imgp3368

気を取り直して、外した手順で元通りに戻せば完了。

フィルタ交換はあまり興味ないんだけど、ディラー系に車検出すと結構変えろとうるさいんですよね。
洗って使い回せることになったので交換不要。断る理由に使えるかな。

|

« 暖かくて風が強くて雨がパラつく日でした【そんなときは考えてないで漕ぎ出すのが一番】 | トップページ | とんでもないことが起きちゃいました【MTB山岳サイクリング】 »

オデッセイ RB1」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

DIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暖かくて風が強くて雨がパラつく日でした【そんなときは考えてないで漕ぎ出すのが一番】 | トップページ | とんでもないことが起きちゃいました【MTB山岳サイクリング】 »