« 会社帰ってから走ってきました【走行記録だけって感じで】 | トップページ | サドルを上げてみました【ポジション出しって難しい・・・】 »

2011/06/18

早起きして山サイしてきました【MTB山岳サイクリング】

昨夜は、あまりの眠さに22時前に就寝した結果、今日は5時前に目覚めてしまい、

Sn3i0022

であれば山サイに行っちゃおう~ってことで6時過ぎにこちらのポイントをスタートしました。

ここを走り出しにするのは数年ぶりで、
走り出しが変わればアプローチも変わるわけで、

Sn3i0023

いつもは下りに使っているルートをリバースして尾根に上がることにします。

早朝の澄んだ空気に川の流れ・・・

Sn3i0024

日本の原風景だなぁ~なんて感じながら林道を上がって行きました。
せっかく逆アプローチしたので普段と違うルートを視察するも、

Sn3i0025

倒木、崩落、倒木・・・
残念ながら使えそうにありません。

気を取り直していつものルートに戻って尾根道に到着。
今日はここを縦走することにしましょう。

Sn3i0027

まるで下草刈りをしたかのようにトレイル部分は草も少なく快適なコンディション。

Sn3i0028

スイスイと進んで、峠まで降りてきました。

引き続き、となりの山に移ることにします。
おっと、その前に、先週突っ込んだままのボトルの水をここのわき水で入れ替えることにしましょう。

Sn3i0029

エマージェンシー用の水なので本当は水道水が良いのですが忘れていたんですから仕方がありません。

登り始めるとすぐ一軒の作業小屋があり、いつもばぁちゃんが暮らしています。

Sn3i0030

このばぁちゃんは人なつっこくて、麓に家があるにもかかわらず好んでここで暮らして、いろんな人と話をするのが日課のようです。
ワタクシがこのばぁちゃんと話をするようになったのは3~4年前から。
すっかり顔も覚えられて、本日も30分近く立ち話をしちゃいました。

さぁ、長居しちゃいましたので先を急ぎます。
と、いっても標高300㍍くらいまで登り返せばあとは下るだけです。
昔の峠道だったと言われているこのルートは快適な山サイコース。
でも、時折ぬかるんだ場所があります。
轍を残さないようトレイルの端を走るように気をつけていましたが、登り返しで失速。
ワタクシより前に訪れたバイカーの轍に入ってしまい、深めの轍を残してしまいました。

Sn3i0031

斜度も斜度で、心苦しかったので一端停止。

Sn3i0032

足で踏み直して

Sn3i0033

轍を全部潰しておきました。

MTBで走るダメージからして、この一部分だけの些細な行動かもしれませんが、気配りは忘れないようにしたいものです。

Sn3i0035

楽しい下りはあっという間に終わっちゃうワケで、麓まで降りて来ちゃいました。

最後はアスファルトでデポ地に戻って早朝山サイも終わり。
10時には家に戻ることが出来ました。

これから梅雨に入ると天候やトレイルのコンディションも良くなくなるし、
加えて蜘蛛の巣も徐々に張り始めているので里山は敬遠したい季節です。

状況見ながら、あと1ヶ月くらい走ったらロードに転向しようかな。

TripOdom 20.7 km
Total Time 2:48:26
TotalAscent 599m
---
with COLORADO 300 logs

|

« 会社帰ってから走ってきました【走行記録だけって感じで】 | トップページ | サドルを上げてみました【ポジション出しって難しい・・・】 »

山岳サイクリング」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会社帰ってから走ってきました【走行記録だけって感じで】 | トップページ | サドルを上げてみました【ポジション出しって難しい・・・】 »