« SCOTT RANSOMのお手入れです<その1>【MARZOCCHI AllMountain SL1のオーバーホール】 | トップページ | SCOTT RANSOMのお手入れです<その3>【駆動系のオーバーホール】 »

2011/03/24

SCOTT RANSOMのお手入れです<その2>【コンポーネントの交換

フロントフォークのオーバーホールに続いてコンポーネントの交換に着手しました。

Imgp1692

先日UPした通りブレーキ系と一部の駆動系のリフレッシュです。

これらの作業はすでに何度もUPしているのでポイントを中心に紹介していきます。

フロントブレーキキャリパーをDeoreLXからXTに交換するのですが、早速問題発生です。

Imgp1693

Φ180mmローターを使うためのアダプタが合わないことが判明しました。

Imgp1694

本体の肉厚が薄くなった関係で取り付けネジが長すぎることになったようです。

Imgp1695

工具箱を漁ってブレーキ固定用ネジ探すと4種類ほど見つかりました。
(左から1番目と2番目の2本が180mmローターアダプタ用のネジ)

Imgp1696

ちょっと強引でしたが、2番目と3番目の長さのネジを使って固定することができました。

今回からリアブレーキもΦ180mmローターに変更します。

Imgp1697

そのためのアダプタに換えつつ、こちらもDeoreXTのキャリパーに交換です。

Imgp1699

リアは問題なく装着することが出来ました。

Imgp1700

マルチコントロールレバーもようやくDeoreXTにアップグレードです。
(もはや廃盤になっていくであろうパーツですが)
ブレーキホースは前回交換したので使い回しする予定でエア抜きまでしたところで大失敗が判明・・・

Imgp1709

レバーの本体が変わったため、コネクティングの場所が変わったためホースの長さ足りなくなってしまいました。

Imgp1710

仕方がないです、ホースを作り直してエア抜きもやり直しです。
(エア抜き作業はこちらを参照→http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2009/11/scott-ransom-63.html

このマルチレバー驚いたのがリザーバータンクが倒立状態になっていること。

Imgp1772

なので、エア抜き作業は上下が反転するようひっくり返して作業します。
ビックリした・・・

Imgp1773

構造的にはエアが入ってしまってもレバーのピストンに入らないようエア室的なものも用意されていますが過信は禁物のようです。

エア抜きは念入りに行い、理サーバタンクのキャップを付ける際もエアを噛まないよう最新の注意をしました。

ブレーキ系の装着が終わったら次はシフトライン。

Imgp1714

シフトラインはブレーキと反対でアウターの長さに余裕が出たので不要な分をカットして再利用することにしました。

Imgp1777

ブレーキパッドは、前回レジン&メタルのミックスの組み合わせが好印象だったので今回もここからスタート。
XTになってサーボウェーブ効果でブレーキタッチが軽くなるだろうし、
前後Φ180mmに変わったし、
結構楽しみ~☆

|

« SCOTT RANSOMのお手入れです<その1>【MARZOCCHI AllMountain SL1のオーバーホール】 | トップページ | SCOTT RANSOMのお手入れです<その3>【駆動系のオーバーホール】 »

scott RANSOM」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

MTBメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SCOTT RANSOMのお手入れです<その1>【MARZOCCHI AllMountain SL1のオーバーホール】 | トップページ | SCOTT RANSOMのお手入れです<その3>【駆動系のオーバーホール】 »