« 昨日は乗りましたよっ【元気出して行こう!】 | トップページ | ポジションをFIXして走ってきました【そうです。今日は休みでした】 »

2011/03/16

MTBのオーバーホールを始めました【MTBメンテナンス】

SCOTT RANSOMに乗り換えてから約3年半になりました。

Imgp1675

もう少し乗ることにして、疲れた部分をオーバーホールすることにしました。

SCOTTのCR1テクノロジーは想像以上に優秀で、過激な野沢ダウンヒルマラソンを2回の他、月2回ペースの山サイ、派手な転倒を経てもフレーム自体は全く衰えを感じません。

一方、コンポーネントは、ブレーキローターが減り、キャリパーのピストンの制度が落ちたり、リアディレイラーのガタも多くなっていました。

そこで、コンポーネントを中心に部品調達を行いました。

リアディレイラーは今使っているものと同じ

Imgp1676

SHIMANO DeoreXT RD-M772のSGS。
いわゆるシャドウタイプ。
雑誌などでは従来のM771のほうが良いように書いていますが、ワタクシは好きです。

ブレーキキャリパーは「ようやく」XTに昇格です。

Imgp1683

SHIMANO DeoreXT BR-M775のレジンとメタルを1コずつ。
メタルのパッドは先日買えた物を再使用。
今回入って来たパッドはストックの予定です。

そして、フロントに続きリアも180mmローターを用意しました。

Imgp1677

RT-79とマウントパーツ。180mmはやっぱ利きが違いました。

そして、今回最大の決断箇所となったブレーキ&シフトレバー

Imgp1681

SHIMANO DeoreXT ST-M775。9速のデュアルコントロールレバーです。

Imgp1682

チェーンの購入に併せて、今年はロードバイクに乗り始めたので10速対応チェーン切りも用意しました。

「最大の決断」とは、DeoreXTも10速がリリースされたこと。
今回購入したパーツの他、リアスプロケットとフロントチェーンリングも交換の必要があります。
ってことは10速化も可ってことです。
今後XTは間違いなく10速がスタンダードとなるので、MTBを乗り続けるならどこかのタイミングで10速にシフトする必要があります。
他に数台あるバイクが9速のままであるなかRANSOMだけを10速にするのか?
これが一番の悩みでした。

結局9速に決めた理由がデュアルコントロールレバー。
10速のデュアルコントロールはXTRも含めラインナップから消えているようです。
これが結構大問題で、ラピットファイヤーは以前もイイワケを書いたのですが、古傷の関係で1日乗ると右手の親指が痛くなって、最終的にはハンドルバーを握ることが出来なくなってしまうのです。
さらに、9速とデュアルコントロールレバーが消えゆくため、今回買ったレバーは約\13,000と激安。結局この安さが決定打になり9速維持に決めました。

そして、ブレーキキャリパーとリアディレイラーはアフェリエイト報酬で正味\3,000で調達することが出来たので全部で\20,000くらいの出費で揃えることが出来ました。ラッキィ~

すでに取り付けは始めていますので、ボチボチとアップしていきますのでお楽しみにぃ~

|

« 昨日は乗りましたよっ【元気出して行こう!】 | トップページ | ポジションをFIXして走ってきました【そうです。今日は休みでした】 »

scott RANSOM」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

自転車パーツ・アクセサリー」カテゴリの記事

MTBメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日は乗りましたよっ【元気出して行こう!】 | トップページ | ポジションをFIXして走ってきました【そうです。今日は休みでした】 »