« 日帰りで佐渡ヶ島行ってきました【いや、トレーニングではありません】 | トップページ | 今年始めて100km超を走りました【つい遠くに走ってしまいました】 »

2011/03/21

タイヤが緊急事態です【ロードチューブレスタイヤに改装】

ちょっと前にメンテしていて、タイヤに小さなスポットを発見!

Imgp1786

まだ大丈夫かなぁ~と思っていたらタイヘンなことになっていました。

佐渡に行くときにかなりやばいなぁ~と思っていたのですが、タイヤを替える準備が出来ていなかったので優しく走るよう心がけていましたが、ここまで進んでいたとは・・・

トレーニング台が我が家に来てから少なくとも週1回1時間は回していたので、前後の減りの違いからもトレーニング台が原因なのは一目瞭然。
タイヤを痛めるとは聞いていましたが、まさかここまで減るとは思いませんでした。

新しいタイヤはせっかくチューブレス対応のホイールなんだからやっぱチューブレス。

Imgp1787_2

選択肢が少ないという状況下のもとHUTCHINSON Fusion3を選択。
といっても、3ヶ月ほど前に買い置きしておいた我が家のストック品。

空気が漏れる、填めるのがタイヘンという評価を参考にしつつ、ワタクシなりに考えて填めてみることにしました。

まず、調達が必要だったのはチューブレス用バルブ。
普通はホイールを買えば付属するものですが、完成車のKIMERAに付いていませんでした。

Imgp1789

このバルブは2月の始めに注文しておいたのですが、リアが欠品で1ヶ月ほど待ってこの連休前の土曜日にようやく入手したもの。
そんなこともあってタイヤ交換が出来ずに、ここ数回はスポットを承知で乗らなければならなかったワケです。

交換を始めましょう。

Imgp1788

片側のビートを填めてリムに落とすところまでは当然問題なし。

Imgp1790

ワタクシは反対側のビートを填めるこのタイミングでバルブを差し込みました。
この理由は、カマボコ型のゴム部分とリムとの隙間が結構タイトで、填めるのに苦労しそうだったから。
でも、まだネジは締めません。

これから入れる側のビートをハメながら、すでに入っている側のビートを持ち上げる感じで、入れている側のビートのほうがより深くリムの中心に落ちているようにずらしながら入れていくと、タイヘンはタイヘンでしたが良い感じに填りました。

Imgp1792

今回は十分手順を考えて作業したので簡単に感じましたが、ダウンヒル用のリムにダウンヒル用のタイヤを填める方がもっとタイヘンな印象です。
ポイントは左右のビートの位置替えかな?
このニュアンスが解る人はチューブレスも怖くないと思います。

タイヤが入ったらバルブをきっちりと固定すれば装着完了。

Imgp1793_2

コンプレッサーで一気に7気圧まで上げてビートを填めて交換作業は無事終了。

Imgp1795

タイヤが赤くなくなったので一気に締まった印象に変化した我がKOGA KIMERA号です。

タイヤの中に入れるHUTCHINSONのProtect'airも用意してあるのですが、今回は石けん水も使わず填めてみました。
今後、この状態でどれくらいのエアが抜けるかをチェックして、その後Protect'airを入れてその差を見たかったため。
気になる方は数週間後くらいにブログをチェックしてみてください。

|

« 日帰りで佐渡ヶ島行ってきました【いや、トレーニングではありません】 | トップページ | 今年始めて100km超を走りました【つい遠くに走ってしまいました】 »

KOGA KIMERA ROAD」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

自転車パーツ・アクセサリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日帰りで佐渡ヶ島行ってきました【いや、トレーニングではありません】 | トップページ | 今年始めて100km超を走りました【つい遠くに走ってしまいました】 »