« ロードバイクで出かけて走ってきました【ちょっと太った気がする・・・】 | トップページ |  輪行して前回の続きを走ってきました(その2)【MTB山岳サイクリング】 »

2010/12/06

輪行して前回の続きを走ってきました(その1)【MTB山岳サイクリング】

日東道無料解放企画の第四弾で今回も関川村まで車で走って、そこから米坂線で山形県へと向かいました。

Imgp1153

目的地はだいぶ手前の駅を走り出しの起点とします。

ん?そうそう、今日は会社を休みました。。。

Imgp1154

今日は始発に乗る元気がなかったので、9時45分発と約2時間ほど遅い出だし。
きっぶを買うときに駅員さんとしばし雑談。
最近は熊の目撃情報も無くなったそうです。
明日から荒れるようなので山に帰ったのかな?
いいことです。

Imgp1155

約45分の列車の旅で目的地の「伊佐領」に到着。

 

チャリを組み立てたら前回の復習となる黒沢峠にアプローチします。
前回ここを訪れたのは夏の終わりでした。

Imgp1157

そのため、ダム湖の水が少なく「不動出生橋」を通って対岸に渡ることが出来ましたが、今回はご覧のように完全に水没していてダム湖を巻いて黒沢に向かう必要がありました。

Imgp1159

本日一つめの峠「黒沢峠」に向けて出発~☆

Imgp1160

前回来てからまだ3ヶ月。記憶に新しいルートをトレースしていきます。

ただ、前回との一番の違いは木々の葉が落ちて非常に視界がよろしい。

Imgp1162

すると、前回気がつかなかった旧道を発見。
綺麗なバンクが出来ています。
時間があれば探検に行くのですが、この先まだタクサンの峠を攻略しなければならないので先を急ぎます。

Imgp1163

黒沢峠に到着。
2回目なので結構あっけなく頂上に来た感じがしました。

Imgp1165

次の峠にナビゲーションをセットして、下りましょう~

Imgp1166

ブナの葉が落ちて綺麗なスリバチ状のトレイルに見えますが、ここは黒沢峠。
葉っぱの下は石畳でガレガレ。見た目で騙されてはいけません。

黒沢峠攻略完了!。
この峠は、飛ばせるような峠でも無く、ほどほどテクニカルなルート。
でも、とても街道の面影が素敵な峠で結構お気に入りです。

Imgp1167

ん?何だこのポスターは?

Imgp1168

越後街道~十三峠・恋の道~
ふぅーーーーーん・・・・

さて、先を急ぎましょう。

Imgp1169

次の峠は貝淵峠。
県道の隅に、ほんの数百㍍ほど残った峠。
一応行ってみたもののヌタヌタ・・・

Imgp1172

タイヤの轍が見事に残るようなコンディション。

Imgp1173

マナーとして当然踏み直して水筋を消しておきました。

本日2つめの峠「朴の木峠」に向けて出発~☆

と、活字にすると簡単なのですが、この峠の入り口は民家の間の細い路地を入る感じのアプローチ。
もちろん案内看板も無し。

Imgp1175

住宅街を抜けるとこんな感じの生活道路(畦道)が続いています。
しかし、ここも足場が悪い。

Imgp1176

タイヤも潜るし、押して上がっても靴が足濡れギリギリのところまで泥が迫ってきます。

Imgp1177

アスファルトの林道と合流。
しばらくアスファルトの道で上がっていくと、

Imgp1178

なんだかほのぼのした道標を発見。

道標自体は古いのでしょうが、林道を造った際に移設したのでしょう。
土台はコンクリートでした。

Imgp1181

森林公園を通過して「化物杉」を過ぎたあたりから

Imgp1182

またまた本格的な石畳の旧街道が現れました。
下りの石畳はテクニックを駆使して下れるのですが、登りは安定したトラクションがかけられず、ゲツバタ・・・
迷わず押しましょう~

Imgp1183

朴の木峠に到着。
小国の街がちーさく見えまーす。
この時期は葉っぱが無いので視界が開けていて結構好きです。(ヒルも居ないし・・・)

Imgp1184

新潟方面には飯豊の山が真っ白になって横たわっていました。
逆光なんだか雪なんだか解らないフォトしか撮れませんでしたが。

Imgp1185

さて、下りましょう。チェーンを潜って・・・・
おっと、ナビゲーションの軌跡が少しズレていることで間違に気づきました。
正解はフォトの左下に下りる「溝」のようなライン。
ここも道標が無いのでアプローチが大変そう・・・

上に走っていた林道を造る際に残土が落とされたようで、旧道自体もガタガタ。。。

Imgp1187

こんなに綺麗なバンクになっているのに、右側は笹藪を化していて走ることができません。

Imgp1188

その後は良い感じの峠道となりました。

Imgp1189

朴の木峠攻略!
って、出口もこんな感じで何の目印も無い峠でした。
山頂付近はかなり荒れていてロストはしないにしても進む方向を考えてしまうし、何より入り口も出口も民家の土地に入っていくようなアプローチなので、用意周到で来ないと迷ってしまうようなルートでした。

<つづく>

 

|

« ロードバイクで出かけて走ってきました【ちょっと太った気がする・・・】 | トップページ |  輪行して前回の続きを走ってきました(その2)【MTB山岳サイクリング】 »

山岳サイクリング」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロードバイクで出かけて走ってきました【ちょっと太った気がする・・・】 | トップページ |  輪行して前回の続きを走ってきました(その2)【MTB山岳サイクリング】 »