« 輪行して前回の続きを走ってきました(その1)【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | 午後から大荒れで来週は雪だるまマークです【午前のうちに走っておこう!】 »

2010/12/07

 輪行して前回の続きを走ってきました(その2)【MTB山岳サイクリング】

朴の木峠を下りて部落に来たら自販機を発見しました。

Imgp1191  

普段は買うことのないトマトジュースに何故か触覚が動いたので、ささやかですが休憩しましょう。

 

おにぎりを食べるのに、お茶という気分じゃないし、ジュースも変。
ワカメご飯とトマトジュースがなんだか合いそうな気もしたし・・・
まぁとにかく、このトマトジュースはドロッとしてなくて意外とイケてた。

Imgp1190

さて、本日3つめの峠「萱野峠」に進みます。

Imgp1192

この峠も民家の物干し竿の脇を入って行くようなアプローチでした。
(フォトは振り返ってパシャっと)
石畳が敷かれているようなのですが土砂に埋もれているようです。

Imgp1193

そのため、有志による掘り起こしが幾度となく繰り返し行われているようで、その功績を称えるプレートがいたるところに立っていました。

Imgp1194

ん?三本橋?箸?

まぁ、渡れなくもないので3本のうち2本を伝って対岸に渡りました。

Imgp1195

萱野峠は入り口が曖昧な感じでしたが、いざ峠に入るとこんな道標がいたるところに。
迷う心配はなさそうです。

Imgp1196

ん?また橋?箸?

あぁ~、チャリを立てかけたところにコンパネが立てかけてありました。
なるほど。普段はコンパネを打ち付けてあるんですね。
これから雪が降るので、雪から橋を守ためにコンパネを外してあったのかぁ~。

山頂に向かって進んで行くと、たびたび道標にこんなキズが・・・

Imgp1199

熊の爪痕???
いやぁ~、何か違う。
誰かのイタズラじゃないのかなぁ・・・
と考えながら、でもチョッとおそるおそる登っていると頂上に到着。

Imgp1201

ここの峠は300m無いので以外と楽勝でした。

さぁ下りましょう。

Imgp1202

西側斜面はまだまだ冬の光に包まれていますが、師走の日差しはあっという間に沈み始めます。
14時を回るとだんだん心細くなって来ました。
自然と足が速まります。

Imgp1205

ステキな吊り橋に出てきたら萱野峠もコンプリート。

ここも黒沢峠同様、下りは石畳で覆われていました。
ただ、黒沢のように苔むした切り出した感じの石畳ではなく、自然の石を敷き詰めた感じで大きさも形も不揃い、結構鋭利な石もあったりで黒沢峠以上に気を遣った峠でした。

さぁ、いよいよ本日4つめ。

Imgp1206_2

そして、本日の行程で一番の標高を誇る大里峠に進みます。

これを越えると我が新潟県。
ところがところが、時刻は14時半を回っています。

予想の所要時間は最短で1時間。
状況によっては2時間はかかるかもしれません。
ちょっと時間配分を間違った(あるいはゆっくりしすぎた)気がします。

Imgp1207

しかし、ここをパスしたら十三峠制覇の未練が残った状態で冬を迎えてしまいます。
状況次第では撤退をすることにして進むことにしましょう。

Imgp1209

最初の内はダートな林道なので頑張って登って行くと、

Imgp1210

すぐに分岐でトレイルに進むことになりました。
ここのトレイルは旧道と電力線の巡視路が入り交じった感じの構成。

Imgp1212

巡視路かと思うとこんな一里塚のような山も現れます。

ふと、ここで左側にピンクのリボンを発見。
「あーーまっすぐ行くと鉄塔に行って行き止まりなのかな?」
リボンに従うにしても、左に下りていくとは変な感じ・・・
さっきのルートとは違うルートで、でも、確実に戻っています。
不安になりGPSで確認すると進んで来た巡視路とは別の旧道があるようで、そのルートに乗って引き返してしまったようです。

Imgp1213

ミスコース!

よりによって時間的な余裕が無いときに限ってミスは起きるもので、焦りは禁物です。
でも、焦ります。

Imgp1214

振り返るとまだ太陽が山肌を照らしているのでもう少し進めそうです。
こうなると普段は諦めてしまうような斜度の登りも、時間を稼ぐために可能な限り乗って頑張って漕いで上がります。

Imgp1215

やったぁ~大里峠の頂上です。
本日の無事を感謝して、これから帰り道も無事帰れるようお願いして、下ります。

下りは新潟県側で雪が多いせいなのか、崩落していたり沢がトレイルを削っていたりと、結構荒れていました。
そんなこともあり、今までで一番テクニカルな下りとなりました。

おっっと!!

Imgp1216

足を付いたら底なし沼のようにズボッと・・・・
思いっきり靴の中に水が入って来たぁ・・・

時刻は15時半を回りました。

Imgp1218

木立の中はかなり暗くなっています。

Imgp1219

逃げるように下りまくって、林道に出てきました。
ここからの林道が結構長い・・・

Imgp1221

やっとの思いで「わかぶな高原スキー場」まで帰って来ました。

時刻は16時を回りました。
今日はもうオシマイかな・・・

でも、もう一つ・・・

Imgp1224

ここを曲がって榎峠に行ってみたくなりました。
相変わらず看板が出ていませんが、標高差は100mくらいの峠だったハズだし、舗装路で国道回りで帰っても少し遠回りになるし、ちょっと様子見て決めようかな・・・

Imgp1223

あら、通行止め。

普段なら「うそぉ~」って感じで意地でも進むのですが時間が時間だし、何かあると明日からは雪。
春まで発見されないのも嫌なので素直に国道を戻りましょう。

Imgp1225

国道で関川に戻ることには夕日で空が赤く染まっていました。
やっぱり榎峠に進まなくて正解だったようです。

Imgp1228

無事に車のデポ地「ゆーむ」に到着しました。

朝の動きだしが遅かったし、この時期は日没も早いので6時間じゃ今回の行程が精一杯のようです。

 

クレープ食べたし、走り残した十三峠も走ったし、思いっきり中途半端な志は無くなったかな?
昨日のロードと今日の山サイは、気分的に走り収めになりました。

TripOdom 47.2 km
Total Time 5:58
TotalAscent 1602 m
---
with COLORADO 300 logs

|

« 輪行して前回の続きを走ってきました(その1)【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | 午後から大荒れで来週は雪だるまマークです【午前のうちに走っておこう!】 »

山岳サイクリング」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

ボクは米沢に3年住んでたんですが、よく横根のスキー場にハーフパイプしに行きました。
その辺はMTBが面白いんですね。
あの頃乗ってたら、米坂線沿線にも行ってたのかなぁ、、、と思います。

それにしてもバヤリースのトマトなんてあるんですか!?

・・・トマト&トマトジュースは大好きなんですが、、、、それは????

投稿: のってぃん | 2010/12/08 22:37

to のってぃん

ノマドのように日本中でいろんなことやっていて
充実した(遊びで)人生になりそうですね。

最近、このあたりを走り始めたのですが、稜線がおとなしい山が多いので、
楽しめるところがいっぱいありそうで気になっています。
それに加えてこのあたりは、熊の出没も多いようなので、
稜線とは別のリスクもありそうな地域ですね。

投稿: セニョ(管理人) | 2010/12/11 19:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 輪行して前回の続きを走ってきました(その1)【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | 午後から大荒れで来週は雪だるまマークです【午前のうちに走っておこう!】 »