« 小佐渡を一周回ってきました【秋だ!会社の連中引き連れてサイクリングしてこよう】 | トップページ | 熱だしてダウン・・・ »

2010/10/16

10回目の車検対応【21年目の整備】

21年目、走行距離は195,000kmになったGZ20のソアラ。

Imgp0710

10回目の車検のための整備を施しました。

Imgp0713

故障箇所は何故か前回と同様の箇所で、今回の症状はヒーターのウォーターバルブSVから負圧漏れてシューシュー言っています。

Imgp0712

前回と同じ自己診断機能を呼び出す操作を行い、やっぱりおかしいことを確認しました。
その他を点検したら、ステアリングギアボックスのダストブーツが割れていたのと、柿本の溶接痕から生ガスが漏れている形跡を発見しました。

 

と、ここまでが先週の話で、ウォーターバルブとダストブーツをトヨペットの発注。
その他、ブレーキフルード、クーラントを購入。その全てが揃ったので作業に着手しました。

ラジエーターの点検です。

Imgp0755

キャップを外したら水垢が多少認められました。
フラッシング剤は用意しなかったのでサーモスタットを外して水圧でラジエーターとエンジンのウォータージャケットに強制的に水を流して掃除しておきました。

Imgp0757

(結構汚れが出てきたのでやらないよりマシでしょう)

サーモスタットを元に戻してネジを締め付けて行くと怪しい感触が手に伝わって来ました・・・

Imgp0758

ネジが折れた・・・

Imgp0759

丁度良いストックが無かったので、近所のトヨペットに急行!

Imgp0760

流用できるネジを分けてもらいましたぁ。

作業続行!

Imgp0761

クーラントを入れて、

Imgp0762

残りの分は水道水を入れたあと、ラジエーターキャップを開けたままエンジンを回して10分くらい減って行った水を補充しながらエア抜きをします。

Imgp0763

そのほか、マフラーを耐熱パテで補強して

Imgp0764

ウオーターバルブを交換して

Imgp0765

診断をかけて正常に動作することを確認しました。

 

時間の関係でフォトを用意出来なかったのがブレーキオイルの交換ですが、この作業は前回のオデッセイの車検整備のやり方と同じなので、その記事を探してください。

ステアリングギアボックスのダストブーツは・・・
前回同様整備工場にお願いすることにしましょう・・・

|

« 小佐渡を一周回ってきました【秋だ!会社の連中引き連れてサイクリングしてこよう】 | トップページ | 熱だしてダウン・・・ »

」カテゴリの記事

DIY」カテゴリの記事

コメント

ヘッドカバーのTWIN CAM 24VALVEって文字が誇らしげでカッコイイ!
今の車で2L 6気筒エンジン無いですからね。

投稿: インチョキ | 2010/10/22 11:11

to インチョキ

最近の車はエンジンフード開けると大きなプラスチックのカバーが居座っていて
メカニカルな感じがしなくて嫌いです。
ソアラは当時としては珍しく100%電子制御な車だったけど、
かなりアナログ感があって好きです。

直6のついんかむ24はもう珍しいけど、いまどきカローラでも4バルブ・・・

投稿: セニョ(管理人) | 2010/10/23 22:12

先日はシューズでお世話になりました! 室蘭の のってぃんです。

さて、少し前の記事ですけど、ボクも先日カミさんの軽4の車検整備していて、セニョさんもやってたんや~って、、、レスさせていただきます。

Z20が21年ですか!  ・・・早いなぁ。。。
「ニューソアラ」ってイメージが強いですよね。ボクが中学~高校生~そしてもう少し 位ですね。
あぶない刑事で人気が出たレパードとのライバル関係がとても懐かしいです。
友達も何人か乗ってましたしね!

ウォーター系がいろいろメゲてきているみたいですね。
・・・まぁ20年の間に、その他の所も結構交換してきてるとは思いますが・・・
うちの軽4は丸9年やったんですが、21年ですか、、、、甘いなぁw

それにしても、あの時代から自己診断機能が付いているとは!!
確かにデジパネなんかもカッコよかったですね。

まだまだ乗られるんですね、ステキやと思いますよ!


投稿: のってぃん | 2010/10/24 01:04

to のってぃん

結婚前、「10年乗ります!」って足りないお金を親から借金して
当時の年収並のGZ20を購入した車です。
TURBO嫌いが功を奏して下のグレードだけど、サンルーフ、アンチロックブレーキなど
ふんだんなオプションが付いてます。

潤滑系はこちらのブログ
http://senor.blog.so-net.ne.jp/archive/c20356101-1
の8回目の車検で徹底的にやったので、
ここにきて水回りかな・・・
次車検を取ることには2回目のタイミングベルトの時期がやって来ます・・・

投稿: セニョ(管理人) | 2010/10/24 23:41

向こうのブログ読ませていただきました!・・・コメントはこちらで良かったのでしょうか??

修理書とも言うんですね。ボクはバイクオタクなんで「サービスマニュアル」のがピンときますね。
ボクもスバルにサンバーのSM買いに行ったら、そんなん買う人居ません、、、的な対応でしたw
パーツリストも買おうとしたら、もう販売中止。。。今はCD-ROMになってるんですね。
もちろん入手しましたが、やっぱり冊子の方が見やすいです。

ソアラは元年なんですね、、、ボクは高2でした!
89年は他にR32、Z32の年ですよね。
確かにあの頃のハイソカーソアラ。正にバブル末期で買うときの苦労が目に浮かびます。

記事からもかなりの愛着を感じますし、そう簡単に手放せませんよね~
是非、大事に乗ってあげてください!

投稿: のってぃん | 2010/10/26 02:49

>直6のついんかむ24はもう珍しいけど、いまどきカローラでも4バルブ・・・

昔ってTWIN CAMとかDOHC、TURBO、VTEC とかって言葉にワクワクしたのに、今や普通ですからね。

ハイブリットという言葉にワクワクしないのはなぜだろうって思うことがあります。

投稿: インチョキ | 2010/10/26 19:33

to のってぃん

オデッセイは未だ紙のマニュアルでした。2.6K円だったかな・・・
ホンダは、自己診断は無いし、診断チャートも無いので、マニュアルあっても原因特定は「感」が必要です。
もっとも、今時はAssy交換なので、プラグ差し込んでコンピューター診断して、
悪いところは根こそぎ替える整備が常態化してるので、詳細な原因究明は必要とされてませんね。

メルセデス乗っていたときはコンピューターリセットまでディーラー行かないと出来ないし、
整備はドイツ語読めなくて超適当な修理がし、CD貰えないし・・・
もう梁瀬はゴメンだ・・・


to インチョキ

>ハイブリットという言葉にワクワクしないのはなぜだろうって思うことがあります。

うん。「ほじょきん」と「げんぜい」のほうが気になる・・・

投稿: セニョ(管理人) | 2010/10/27 01:57

こんにちは。

とても懐かしい車だったのでコメントさせていただきます。
私も十数年前にこの車を乗っていました。

思い出に残る故障は、信号待ちのときに、ボンネットから真っ白な煙がモクモクと・・・。
「やばい、爆発する!!」なんて思いましたが、原因はラジエターの冷却液の漏れでした。

整備士の方に「この型のエンジンには多い症状なんだよな」なんて言われて修理してもらった記憶があります。

お大事に乗り続けてください。

投稿: 信州人 | 2010/11/20 16:21

to 信州人

気に入っているから手放さないのと、
最近はこの頃のようにコダワリのある車が無くって
次の候補が浮かばないんです。

決して大事にはしていませんが、
気心が知れて具合の悪いところが感じやすいくらいの付き合いになりました。

まだまだ乗りますよ!

投稿: セニョ(管理人) | 2010/11/21 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小佐渡を一周回ってきました【秋だ!会社の連中引き連れてサイクリングしてこよう】 | トップページ | 熱だしてダウン・・・ »