« ポジション出しも大詰めです【ロードバイクメンテナンス】 | トップページ | 山サイ用のバックパックを買い換えました【Camelbak Alpine Explorer】 »

2010/09/14

ディスクブレーキ周りをオーバーホールしました【MTBメンテナンス】

先日購入したディスクブレーキのパーツを装着します。

Imgp0532

その他にグリップ交換などのプチメンテナンスもやりました。

まずはグリップを抜いてしまいましょう。

 

ボルトオンタイプを嫌って両面テープで固定してあります。

Imgp0533

その両面テープを剥がすためにドライバーを隙間に差し込んで、パーツクリーナーを吹き込みながらグリップを回すと簡単に抜くことができます。

Imgp0534

今回はキャリパーを分解するので、ブレーキレバーを半引き状態で固定します。
こうすることでリザーバータンクのオイルが流れ出ることを防ぎます。

Imgp0535

対向ピストンは片方だけが出ていて半効き状態。

Imgp0537

キャリパーハウジングのネジを外して2つに分解、コンプレッサーでビストンを押し出します。

Imgp0538

金属磨き「ピカール」でピストン周辺のダストを削り取ります。

Imgp0539

左は清掃前、右が清掃後。ピカピカになりました。

Imgp0543

ハウジング側もピカールを使って歯ブラシでゴシゴシ・・・

Imgp0544

こんな感じで十分でしょう。

Imgp0545

ピストンを六角レンチを使って押し込んで、

Imgp0546

ネジロックをかけながら組み立てればオーバーホール完了です。

 

Imgp0550

フロントフォークも外したついでにチェックしました。

Imgp0551

相変わらずシールの具合も良くて全く異常なし。

Imgp0552

古いシリコングリスを全部拭き取って

Imgp0553

新たにグリスアップしておきました。

Imgp0555

フォークをフレームに戻したら、ブレーキの取り付けとエア抜きをしました。
その詳細は別ページで。。。
(→http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2009/07/post-98ca.html)
と、こうやって過去の記事を見ていると年に1回この時期にメンテしてしるんだなぁ・・・

メンテナンスを続けます。

Imgp0556

ローターはセンターロックなので特に難しいこともなく交換完了。

Imgp0557

180mmのマウントスペーサーはこんな感じ。

Imgp0558

スペーサーの分ネジを長くして装着するので一見理にかなっているのですが、ネジが垂直に入らない状況となるため、球面上のワッシャが当たり面を補正しています。

Imgp0560

一通りコンポーネント系の作業が終わった段階で、日本では見つけることのできないWTBグリップの新品を装着します。

Imgp0561

ハンドルバーに両面テープを貼って

Imgp0562

両面テープとグリップの内側にパーツクリーナーを吹き付けて一気に押し込めば装着完了です。

Imgp0563

ブレーキの当たりを出すために走りたかったのですが時間切れ。
次週の課題とします。

|

« ポジション出しも大詰めです【ロードバイクメンテナンス】 | トップページ | 山サイ用のバックパックを買い換えました【Camelbak Alpine Explorer】 »

scott RANSOM」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

MTBメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポジション出しも大詰めです【ロードバイクメンテナンス】 | トップページ | 山サイ用のバックパックを買い換えました【Camelbak Alpine Explorer】 »