« 八十里越えにチャレンジじてきました(その1)【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | ブレーキ系のオーバーホール時期が来ました【MTBメンテナンス】 »

2010/09/07

八十里越えにチャレンジしてきました(その2)【MTB山岳サイクリング】

(その1)からの続きです

(→http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2010/09/post-afc9.html

楽しい下りも束の間。高清水に到着です。時刻は10:45。

Imgp0456

清流の水はめっちゃ美味しい!汲んで帰りたいくらいでした。

高清水からはまたまた登り。今回最高点の峠を目指します。
相変わらず道は最悪。藪漕ぎ、崩落の繰り返し。

Imgp0459

決して落ちたのではなく、

Imgp0460

必死に「よじ登る」場所ばかり・・・

Imgp0457

それでもたまに乗れる場所があったり、

Imgp0464

巨木に道をふさがれたり・・・

アドベンチャーを超えてサバイバルゲーム感覚になって来ました。

Imgp0462

「空堀」に到着。
ここの分岐点で国道289号線と合流。ここから先が「点線国道」になります。

Imgp0465

クライマーが喜びそうな烏帽子山を眺めながら、MTBでさえ乗車困難な「国道」を進みます。

Imgp0466

いやぁ~景色が良いですねぇ~。暑さもそれほど感じません。
遠くに粟が岳山塊、宝蔵山、白山、そして菅名岳までくっきりと見えます。

反面、路面コンディションはというと・・・
最悪の連続。あまりの酷さに機嫌を損ねてフォトを取る余裕もありません・・・

Imgp0467

「鞍掛峠」に到着。時刻は12:50!。
鞍掛峠までの2kmの道のりになんと1時間40分も費やしています。
ひたすら続く崩落の連続で街道筋なんて陰も形もなく。僅かに片足が乗せられる程度の筋があるだけ。
しかも藪に覆われているため慎重に探りながら進みました。
もちろんバイクはほぼ担ぎ・・・・
死ぬほど疲れた・・・

 

決して多く休んだつもりはありませんでしたが、ここで30分も休憩。気がつくと13時を回っています。

帰りの列車が只見駅発16:24分。あと3時間しか無いことに気づいたら気持ちの余裕が無くなって来ました。
残るは下りのみ!(のハズ・・・)いさ!出発!

Imgp0469

ここから田代平まではゆるい下り基調で岩とガレ場の連続。
2人ともそれ系の走行テクは問題ないので淡々と進めます。

Imgp0470

「田代平」に到着。13:41分。
30分かかっていません。順調順調・・・

Imgp0471

道幅が広くなって、入広瀬からの林道に合流しました。
ここで残りの行程をキャンセルして林道を下って入広瀬に降りる方法も考える必要があります。
残り2時間半・・・・

Imgp0472

林道から左にそれて只見に向かいます!

下りは下りだけど、思ったほどペースが上がらない下りを淡々とこなして行きます。
それでも、新潟県側よりは街道の状況も良いようです。

Imgp0473

「木の根峠」(八十里)到着。時刻は14:00。
予定より1時間ほど遅れている・・・
鞍掛峠手前でのロスタイムが響いているなぁ。

この先はホント余裕が無くて、殆どフォトが無い。
ごめんなさい。

路面状況としては数十ある沢は全て掘れていて沢渡り。絶壁を登ることも何度か。
街道が崩落して迂回させられるところ。
湿地帯のようにヌタヌタなところを繰り返しながら進みました。

気持ち良く乗れたのは大麻平手前2kmくらいから。
この2㌔は、ここまでの死闘を忘れさせてくれるような路面が続いていました。
手作りの橋、天然のテーブルトップ。
落ち葉でドリドリのスイッチバック。
いやぁー下りはいいなぁ~☆

Imgp0476

「大麻平」に到着っ!。時刻は15:52。

Imgp0478

新しく出来た国道より下にホコリを被ってひっそりと立っている「史跡」を気にしながら国道に上がると・・・・

Imgp0477

新潟側に向かって大きなトンネルが口をあけていました。

 

列車の出発時刻まであと30分。下り基調とはいえ10㌔はありそうです。
切符を買って、輪行して、着替えて・・・・
無理そう・・・
それでも必死に走りました。(走らせました)
途中、地元只見の高校生らしき連中が我々に挨拶してくれました。

Imgp0481

只見駅到着。時刻は16:20。
切符を買おうとお金を出していたら駅員さんが、
「あと2分だよ」
「自転車は乗ってから袋に入れなさい」
「切符は中で買いなさい」
なんて嬉しいお言葉でしょう。

Imgp0482

というわけで、まるでサイクルトレインのような光景。
停車駅も少ない只見線、ゆっくりと輪行して着替えることが出来ました。
ただ・・・飛び乗った関係で、
何か食べたかったのに買えなかった・・・
冷たい飲み物も買えなかった・・・

この後、小出で乗り換え、長岡で乗り換え、三条に着いたのが19:00。
同行者の奥様に迎えにでて貰って、ワタクシの車を回収し終わったのは20時を回っていました。

ついに念願のMTBで八十里越を達成しました。
しかし、走ったというよりは「担いで登って押し続けた」って感じ。
乗車出来たのは距離の20%くらいかな?下れたのは10%に満たないかもしれない。
時間で換算したら、全行程のうち下れたのは30分くらいかな?

今回の八十里越計画は新潟で活動するMTBフリーライダーとして何としても走破しておきたかったという見栄。
地図を見るたびに「いつかは・・・」って思っていたフィールド。
だから今回の達成感は格別。気持ちいい~!

この達成感。
みなさんも是非どうぞ!(嘘)

TripOdom 38.7 km
Total Time 9:22
TotalAscent +1248:-1100 m
---
with COLORADO 300 logs

|

« 八十里越えにチャレンジじてきました(その1)【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | ブレーキ系のオーバーホール時期が来ました【MTBメンテナンス】 »

山岳サイクリング」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

絶対行きたくない・・・・。これはオレには完全に無理ですね。

投稿: じじい | 2010/09/08 23:38

to じじい

絶対無理だよ。
誘わないのでご安心ください。

投稿: セニョ(管理人」) | 2010/09/09 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八十里越えにチャレンジじてきました(その1)【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | ブレーキ系のオーバーホール時期が来ました【MTBメンテナンス】 »