« ワンコにとってロードバイクはライバルです【休みの朝はロードバイクに乗ろう!】 | トップページ | ディスクブレーキ周りをオーバーホールしました【MTBメンテナンス】 »

2010/09/12

ポジション出しも大詰めです【ロードバイクメンテナンス】

ステム交換まで完了したポジション出しも大詰め。

Imgp0511

買った時から不満だったKOGA KIMERAのハンドルバーを交換することにします。

交換するハンドルバーはもちろんSHIMANO PRO製。
ワタクシはあくまでもMTBerで、ロードはお遊びな感覚。だから、KIMERAの見た目も当分は「買ったまま」重視でいくつもりなのでSHIMANO PROを基本に改装していこうと思います。

Imgp0512

しかし、今回はカーボンバーでグレードアップ。
「買ったまま」が基本ですが、サスペンションの無いロードバイクですからカーボンの振動吸収性は捨てられません。
購入先は懲りずに海外通販。
アルミのVIBEを国内で買うより安いので何かあると思ったら・・・

Imgp0513

「Integrated cable routing」だって。我がULTEGRAにはちょっと不向きな仕様。
サイト上は「dual cable routing」になっていたので、また騙されました・・・
まぁ、使えなくもないし返品している時間と送料のロスを考えると採算合わないのでそのまま使いましょう。

 

交換に当たっては、ここまで合わせてきたポジションを尊重するために、ブレーキレバーの位置を計って復元するようにしました。

Imgp0516

ブレーキレバーの上部の地上高と、

Imgp0517

サドル先端からの距離を測っておきました。

Imgp0522

ハンドルバーの交換自体はさほど難しくありませんが、ケーブルガイドに通すためにワイヤーを外す必要があります。

Imgp0523

とりあえず仮組の状態でサドルとの距離を測ると1cmほど遠くなったのでステムを交換することにします。

Imgp0524

距離が伸びることは、なんとなく予想していたので、純正装着と同じPLTの110mmを用意しておきました。

ハンドル形状も変わったので、ここから先のセッティングはフィーリングの問題。

Imgp0526

このフォトの右手側はアナトミックポジションを握ったときに良い感じの位置で、かつブレーキレバーへの指のかかりが良いポジション。
左手側は数値的にブレーキブラケット位置を復元した場合の位置ですが、ブレーキレバーとの関係がイマイチです。
ハンドルバーの角度とブラケット位置を変えながら妥協点を探して行く作業を重ね・・・

Imgp0527

作業段階での妥協点は何とか見つけました。
当然、ハンドル形状、握りの太さなどいろいろな修正要素があるわけで実際に走らないとなんとも言えません・・・

Imgp0531

バーテープを巻いて作業完了。
いやぁ~30年ぶりにテープ巻いたら大苦戦。
1時間以上かかってしまいました・・・

 

ロードレーサー初心者のセッティング出しの1コマでした。

|

« ワンコにとってロードバイクはライバルです【休みの朝はロードバイクに乗ろう!】 | トップページ | ディスクブレーキ周りをオーバーホールしました【MTBメンテナンス】 »

KOGA KIMERA ROAD」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

自転車パーツ・アクセサリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワンコにとってロードバイクはライバルです【休みの朝はロードバイクに乗ろう!】 | トップページ | ディスクブレーキ周りをオーバーホールしました【MTBメンテナンス】 »