« メンテナンスの続きで今度はRANSOMの番です【MTBメンテナンス】 | トップページ | 交換したステムの具合を確かめに行ってきました【ロードバイクのセッティングを固めよう!】 »

2010/08/16

山サイ用シューズを新調しました【Northwave Expedition GTX】

悲願のvibramソールの山サイシューズ Northwave Expedition GTXをゲット。

Imgp0150

しかも、この時期は蒸れて辛そうなGore-Tex仕様です。

今使っている山サイシューズは2年前に買った物。
http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2008/04/post_b963.html
渋々シマノを買ったのですが、やはり満足行きませんでした。]

 

普通にポダリングしてる分にはそんなに問題無いのですが、ソールが滑る・・・
ソールが減ったといえば2年も履いているので確かに減っています。
そのせいか粘土質の土、岩場で滑って足下がおぼつかないことがここのところしばしば発生。
1人山サイが多いので、つまらない原因でアクシデントを呼ばないためにも履き替えを決断しました。

Imgp0151

標準のインソールがチープだったので、ロード用シューズに付属していたソールに交換しました。

Imgp0301

ストラップは当然として紐の部分は今時の山シューズ定番のクイックレースを採用しています。
ただ、引き上げた紐のループを納めるポケットが無いため、始末を誤ると枝等に引っかけてしまいそうです。

と、普通のブログネタならここまででオシマイにするのですが、お盆特別企画でエクストラコンテンツ~っ!

手持ちのシューズと比べてみましょう~☆

 

Imgp0293

用意したのは左から、今までで一番のお気に入りだったDIADORAのシューズ(43size)、現在使用中のSHIMANOのMT-41(45size)、今回買ったNorthwave GTX(44size)、この春から使い始めたトレイルラン用シューズLafuma(44.5size)です。

Imgp0294

裏返すとSHIMANOは論外として、さすがはvibram。減ってないとしても、ブロックの深さと位置が岩場でも良い仕事をしてくれそうです。
一方、DIADORAとLafumaのかかと部分が広くなっています。Lafumaはトレイルラン用ですから当然ですが、不安定な場所でもかかとをホールドしてくれますね。

Imgp0297

ホールド性から言えば、かかと部分のシェルが堅いこの2足は好感もてます。

Imgp0298

ちなみに他の2足・・・古いだけかな?
でも、チャリ用のシューズはソールが硬い分、かかとのホールドが弱いと脱げやすくなって結構登りで苦戦することになります。
純粋な山サイに限定できれば、もっとハイカットなシューズでもいいのかもしれません。

Imgp0299

ソールに話しに移ればDIADORAの良かったのがつま先が柔らかかったこと。

Imgp0300

今回のNorthがこんな感じ。
つま先が柔らかかったおかげで登りの押し上げとかが凄く楽で、かかとも安定していてとトレッキングシューズとしての機能が良かったことが好印象の要因でしょうね。

Imgp0296

さて、今度のNorthWaveはどういう評価になるのか。
全ての理想を満たす製品なんて存在するワケはないのでワタクシのバイクシーンにマッチすること、これが良い製品の最大条件でしょうね。

|

« メンテナンスの続きで今度はRANSOMの番です【MTBメンテナンス】 | トップページ | 交換したステムの具合を確かめに行ってきました【ロードバイクのセッティングを固めよう!】 »

こだわりアイテム」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

自転車パーツ・アクセサリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メンテナンスの続きで今度はRANSOMの番です【MTBメンテナンス】 | トップページ | 交換したステムの具合を確かめに行ってきました【ロードバイクのセッティングを固めよう!】 »