« 寝不足を解消しましょう【そうだ!ロードバイクに乗ろう】 | トップページ | 里山ライドを楽しんできました【MTB山岳サイクリング】 »

2010/07/02

フリーホイルの交換と各部のグリスアップを施しました【MTBメンテナンス】

雁坂峠越えで雨の中のライディングとなったので水を抱きそうな部分のチェックと清掃に着手します。

Ts3o0001  

実はRANSOMは以前からフリーはゴロゴロ言うし、アウターは破損してるし、あまり良いコンディションではありませんでした。

フリーのボディは怪しいことは分かっていたので、事前にASSYを発注しておきました。

ということで、スプロケットを外してボディを外すことに。

Ts3o0022

ところが、このXTの完組ホイル、薄刃スパナのサイズが17mmになってしまった・・・
手持ちは15mmしかなかったのでSOS!

道具を借りて無事フリーを取り外すころが出来ました。

Ts3o0023

開けた途端、シールが外れ、真っ黒なドロドロしたグリスが・・・
シールの不良でベアリングの中に水が入ってしまったようです。
2年前にガタを調整した際の手順がいけなかったのかな?

その他のメンテナンスポイントとしては、クランクシャフトを抜いて、水の進入をチェック。

Ts3o0002

異常なし。
この年代のBB部分のシールはかなり制度が高く、全く心配はいらなそうです。

Ts3o0004

シフトアウターの破損部分。
これはアウターの交換が必要なので、インナーケーブルと併せて交換することに。

Ts3o0005

RANSOMはフルアウターで、そのアウターもタイラップで留めていく仕様なので、意外と簡単。

Ts3o0006

必ず水が進入するヘッド部分も抜き取って、しっかりとグリスアップをしました。

Ts3o0007

フロントフォークのシール部分も確認。
シリコングリスは減っているものの、泥の進入は皆無。

Ts3o0009

今回もフォーク部分しっかりとグリスアップをするだけでメンテナンスは終わりにしました。

そうそう、WAKOSのチェーンルブ。

Ts3o0010

1日雨の中に居て、さらに水洗いで泥を洗い流したまま放置してみましたが、全くチェーンから錆は発生しませんでした。
この結果からすると、泥と水への効果も十分期待出来そうです。
一方、レスポを使っていたときは、リンク部分やローラーから錆が出ていたので軍配は上がったようです。

会社から帰って、家族が寝静まった夜に、独り黙々と作業を進めました。
これで、今週末は気持ちよく乗ることが出来そうです。

天気も曇りかな?
行けそうな気がする・・・

|

« 寝不足を解消しましょう【そうだ!ロードバイクに乗ろう】 | トップページ | 里山ライドを楽しんできました【MTB山岳サイクリング】 »

scott RANSOM」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

MTBメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

うちのXTホイールもゴロンゴロン言うのでハブを分解しました。
ブレーキローター側のベアリングがドロドロで受けがデコボコになってしまっていました。
買って2年以上ノーメンテだったので仕方ないですね。
で、部品を取り寄せようとしたらなんと入荷予定が9月!シマノらしくない。

今年は野沢がなくなったので、お盆休みに京都である石段ダウンヒルに参加します。
それまでに直したかったのですが・・・。

投稿: いんちょき | 2010/07/07 18:03

toいんちょき

ハブ側のボールレースが痛むとハブ交換=ホイール交換になるのが切ない・・・
走っていて異常を感じた時には遅かったりするので、やっぱりメンテは必要だよね。
とくにMTBは水洗いが常識。こまめなメンテが要求されます。
それに比べると、ロードは楽だね。
走り終わったらサッサっと拭いておしまいだもの。
時間がないときに乗るには最高な乗り物だ・・・・

投稿: セニョ(管理人」) | 2010/07/09 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寝不足を解消しましょう【そうだ!ロードバイクに乗ろう】 | トップページ | 里山ライドを楽しんできました【MTB山岳サイクリング】 »