« 佐渡ロングライドに挑戦!【大会当日<その1>】 | トップページ | 佐渡ロングライドに挑戦!【大会当日<その3>】 »

2010/05/18

佐渡ロングライドに挑戦!【大会当日<その2>】

次の難関は大野亀。ここも速度は別にして難なくクリア。

Ts3o0020

あと1ヶ月もすればカンゾウの花がキレイなんだろうなぁと思いながらも先を急ぎます。

はじき野エイドステーションは休憩無しで通過しました。8時45分頃通過。

苦手な登りも克服したので、一緒に走ってくれそうなバイクを探します。
すると、元気よく休憩上がりのKUOTAのライダーがワタクシを抜いくれました。
しばらく後ろに付いて休憩させていただいていると、目の前に巨大な集団を発見。
30台は連んでいます。
距離は縮まるものの、両津までに追いつく気がしません。
すると、KUOTAのライダーがワタクシに振り返かえって一言。
「あの集団まで行きたいですね」
休ませていただいたお礼にワタクシが引っ張りましょう。との気持ちを込めて前に出て、
ハンドルの下を握って一気に加速、アベレージ35km/hオーバーで集団を目指します。
後で思うとKUOTAのライダーはずっとワタクシが前に出て来るのを待っていたのですね。
気づきませんでした。スミマセン。

両津まで20㌔も無いところでようやく連結完了。
大集団の中で休憩することにします。
この集団の先頭20人くらいはヘルメットに黄色のリボンを付けています。
どこかのショップの集団かぁ~
と思ってよく見たら、三条のショップ○カモトさんの一団ではありませんか。
といって、集団から離れる気もしなかったので、このまま付いて両津まで行くことにしましょう~。
○カモトのみなさん、ありがとうございました。

Ts3o0022

9時39分。両津の弁当ステーション到着しました。

Ts3o0021

本日最大のサービスショットです。こんなボランティアのお嬢さんから弁当を受け取ります。

ここまで3時間半弱、アベレージにして29.5km/hで走ることができました。

ステーション手前で見覚えのある顔を発見。
嬉しいことに、会社の後輩が到着を待っていてくれました。
お弁当を食べて、応援の後輩の友達の子供をいじって遊んでいると、
「オツカレサマ~」と外人さん。
よく見ると、assos日本総代理店の代表さん。
「オシイ~99テン」
そうです、ワタクシがフルassosのウェアで固めているの見て声をかけてくれたのです。
「クツシタがウチのとチガウねぇ」
サイズⅡの在庫が無かったことを伝えるとブースにあったということでした。
「ん、今日はもう畳んであったじゃないですか・・・」
まぁ、靴下とアンダーは従兄弟のMIZNOから回ってくるからそれで十分。

ワタクシの横で弁当を食べ始めたので、昔ダウンヒルで全日本を回っていたことを伝えたら、その頃から日本に居てMTB系の外人さんは沢山友達が居たとのこと。
ワタクシもその頃の話を思い出し、SCOTTのポールからはダイネーゼ貰ったとか、当時のMTBだろうがネタを話していたら繋がる繋がる。
懐かしい~。楽しい~。面白い~っ!

なんてことしていたらあっと言う間に時間が経ってしまいました。
時刻は10時12分。30分以上休憩しています。
後始末もそこそこに再スタート。

両津をスタートすると早々に、またまた○カモトさんご一行様に追いついてしまいました。
抜くのも無謀、離れてもまた追いつきそうだし、しばらくは追走することにします。
このあたりがロードレースの駆け引きの作戦に準ずるんだなぁ~と感じつつ前に経つタイミングを伺います。

水津を廻って、越佐海峡側に出ると向かい風になりました。

Ts3o0024

海の向こうに弥彦角田が浮かんでいます。
向かい風だと集団が有利、そのまま松ヶ崎を回り多田エイドステーションまで来てしまいました。
またまた、○カモトのみなさん、ありがとうございました。

<続く...>

|

« 佐渡ロングライドに挑戦!【大会当日<その1>】 | トップページ | 佐渡ロングライドに挑戦!【大会当日<その3>】 »

ロードサイクリング」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 佐渡ロングライドに挑戦!【大会当日<その1>】 | トップページ | 佐渡ロングライドに挑戦!【大会当日<その3>】 »