« アツアツのポトフとピザを作りました【休日クッキング】 | トップページ | RANSOMにフレーム保護処理をしました【MTBメンテナンス】 »

2010/02/13

FSRのリアシフトケーブルを交換しました【MTBメンテナンス】

この1週間は雪が降ったり止んだり、積もったり溶けたりと雪に振り回されています。

Pap_2689

よって、いつ出動するかわからないので先日の大雪の通勤で不具合を起こしたシフトラインのメンテをしました。

想像通り、アウターが割れて中に水分が浸透しています。

Pap_2688

ここから進入した水が氷点下の寒さでインナーチューブの中で氷結してシフトケーブルの動きが悪くなったものと思います。水が凍ると体積で1.1倍になると言われています。
リターンスプリングの力では戻せないくらい膨するってことですね。

Pap_2687

新しいワイヤーを通して基本的に前と同じながさでアウターを切っていきます。

Pap_2685

プチテクとして、古いケーブルを通して切ることでアウター内のライナーを潰さずに切ることができます。

Pap_2683

BB下のアウターが長くてたるんでいたので、今回はスッキリとした長さにしてみました。

これが大失敗!
FSRはチェーンステーのピボットがBB上にあるため、この部分はサスペンションが稼働する際に双方のアウター受けの距離が激しく変わる部分でした。
そのため、ゆとりを持った長さのアウターになってることをすっかりわすれてました。
ふと気になってサスを可動させてみたから気づいたものの、このままにしたらサスが動くたびに勝手に変速することになりました。

Pap_2682

そこで、アウターの長さを前回+1センチくらいに切り直して付け替えました。

Pap_2681_2

これで問題ないでしょう。

Pap_2679

最後に変速調整をして、巷で評判のレスポをチェーンに吹いて完成。

Pap_2680

チャリをいじると乗りたくなります。
明日、世間の目を無視して雪道サイクリングにでもでかけましょうか・・・

|

« アツアツのポトフとピザを作りました【休日クッキング】 | トップページ | RANSOMにフレーム保護処理をしました【MTBメンテナンス】 »

自転車」カテゴリの記事

MTBメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アツアツのポトフとピザを作りました【休日クッキング】 | トップページ | RANSOMにフレーム保護処理をしました【MTBメンテナンス】 »