« 夏野菜の収穫が終わりました【週末の庭いじり】 | トップページ | オデッセイのバッテリーまた上げた・・・【バッテリーの購入と交換PartⅡ】 »

2009/09/18

RANSOMを組み上げました【MTBメンテナンス】

修理から上がってきたチェーンステーを元に戻しました。

Pap_0069

先週末の仕事ですが、バタバタがあってアップが遅くなりました。

修理のため外したチェーンステーやパーツ類を元に戻してセッティングをやりなおします。

Pap_0076

チェーンステーにベアリングを取り付けます。

Pap_0075

簡単に打ち込みたくなるベアリングですが、RANSOMの構造はデリケートなので、汎用ステーとネジやワッシャーを組み合わせてネジをしめこむことで圧入しました。

ここまで分解したので、普段はあまり触れない部分もメンテすることにしてBBを分解してみました。

Pap_0068

軽く汚れてはいるものの、回転内部はしっかりとグリスが残っていてシールドの高さが伺えます。
BB部の確認が出来たので、しばらく安心して乗ることが出来ます。

Pap_0066

BBの締め付けに力をかけやすくするために、反対側に汎用ステーを介してクイックシャフトで専用工具を固定してねじ山にグリスをすり込んでBBを締め込みます。

Pap_0059

BBシャフトを通す前にもたっぷりとグリスを塗りつけて泥やホコリの進入を防ぎます。

Pap_0060

よく見るとクランク側にはシールドリングが埋め込まれていて、回転部からの汚れを防ぐ工夫がされていることに気づきました。
ホローテックになってクランクの締め方が変わったから出来た配慮ですね。

RANSOMのアームの付け根は不思議な構造をしていて、今回ネタにしようといっぱい写真を撮ったものの、どうにも活字にできませんでした。

Pap_0064

おゆるしください。

Pap_0063

不思議な軸受け構造のスイングアームを固定して、

チェーンステーとシートステーとの差を確認すると、ご覧のように5mmほど左にズレています。
今回の修理が原因ではなく、前回メンテ時も同じくらいズレていました。
最初に外したときはここまでの歪みは無かったので、幾とない転倒などの外力で歪んだものと思われます。 

Pap_0055

しかし、こうして見るとホイールの芯は出ているのでストレスはあってもなんとかなっているようです。

Pap_0056

ガシェットを入れた部分もチェーンやギアにあたることはありませんでした。

Pap_0057

ワイヤリングをやりなおして・・・

Pap_0054

チェーンをつないで変速調整をすると・・・

Pap_0052

作業場がこんな感じに散らかってしまう手順の悪さ。(性格の問題とも言うようです)
後片付けが悪いワタクシでございます。

Pap_0051

まぁ、とにかく復活しました。
でも、暫定と考えて控えめな気持ちで(走り出すと忘れる)走るようにしましょう。

こうして復活すると、だんだん野沢ダウンヒルマラソンの決勝を走れなかった悔しさが込み上げてきました。壊れたバイクを見ていると諦めもついていましたが、やっぱり走りたかった・・・・

|

« 夏野菜の収穫が終わりました【週末の庭いじり】 | トップページ | オデッセイのバッテリーまた上げた・・・【バッテリーの購入と交換PartⅡ】 »

scott RANSOM」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

MTBメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏野菜の収穫が終わりました【週末の庭いじり】 | トップページ | オデッセイのバッテリーまた上げた・・・【バッテリーの購入と交換PartⅡ】 »