« オデッセイの2回目の車検と延長保証の恩恵【マイカーメンテナンス】 | トップページ | FSRで走ってきました【MTB山岳サイクリング】 »

2009/08/31

チェーンステーを補修に出すことにしました【MTBメンテナンス】

補修部品を輸入代理店に部品を頼んだものの当然日本に在庫は無く、海の向こうから取り寄せると2~3ヶ月かかることになります。

Pap_0092

その間、やっぱり乗りたいので、えて氏ご推薦で、DHブームには奇抜なフレームを作成していた溶接屋さんに補修をお願いしました。

 

Pap_0008

チェーンステーを外すのは意外と簡単。淡々と作業が進みました。

Pap_0032

破断面を見ると半分が溶接のビート部、もう半分はチェーンステーの部材が破断した状態。
今回のコースにドロップが多くてフレームに負荷をかけたことも一因ですが、破断面の色から推測するともう少し前からクラックが来ていたようです。

目で確認してはいましたが、溶接痕ではクラックも見分けにくく、ましてギア板側ですからそう簡単に見つけられなかった箇所です。

土曜日に電話連絡を入れ、メールで状況を送って診断していただきました。
その結果「修理可」の判断をいただき本日梱包して送りました。
6061の材質の問題点も説明いただきましたが、昔、VIGORE片岡に乗っていた頃も熱処理していない6000系だったので、熱処理していないアルミのデメリットは理解しています。
でも、今シーズン持ってもらえば補修部品が届くハズ・・・・

Pap_0038

補修が完了して届くまではこの前乗り損ねたFSRに活躍してもらいます。

RANSOMの復活はフジアロイさんの技術を信じて待つのみです。

 

えて、提案アリガトウhappy01

|

« オデッセイの2回目の車検と延長保証の恩恵【マイカーメンテナンス】 | トップページ | FSRで走ってきました【MTB山岳サイクリング】 »

scott RANSOM」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

MTBメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オデッセイの2回目の車検と延長保証の恩恵【マイカーメンテナンス】 | トップページ | FSRで走ってきました【MTB山岳サイクリング】 »