« 雨が上がったので走ってきました【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | 時間が無いなりに走ってます【MTBサイクリング】 »

2009/06/16

前後のサスペンションをオーバーホールしました【ScottRansomとMARZOCCHI AMSL1のメンテナンス】

この土曜日は雨がたまに降ってくるコンディション。

Pap_0189

走るにも不安があったのでRANSOMのメンテナンスをすることにしました。

基本的には昨年の秋にやったメンテナンスと同じ工程(→http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2008/09/scottransommarz.html)
違いはMarzocchiのフォークオイルの量を変えたことです。

 

フロントサスペンションMarzocchiAMSL1のメンテナンスから。

Pap_0187

ステムを外してコラムを抜くとシールドとはいえ、やはりホコリと水が入り込んでいます。

Pap_0185

ここまで酷いと一気にパーツクリーナーで汚れと古いグリスを落として・・・

Pap_0184

グリスアップを施して再生しました。

Pap_0183

フォークのオーバーホールはアッパーを外してカートリッジを取り出しますが、

Pap_0181

フォークオイルは全く汚れていないし、

Pap_0176

前回と比べるとダストシールも殆ど汚れていません。

インナーロッドとアウターシェルを綺麗に掃除したあと、前後を入れ替えながら差し込んででみましたが、何のストレスも無く全域で稼働することから歪み(曲がり)などは出ていないようです。

Pap_0174

ダストシールの内側、インナーロッド、アウターのガイド部などを丁寧にグリスアップしたあとボトム側のネジを締めてオイルを注入する準備をします。

Pap_0173

今回のオイル量は右が50cc強、左は20cc弱で用意しましたが、ビーカーに残ったオイル量を考えると3~5ccは少ない充填量になったと思います。

Pap_0172

オイルを入れてアッパーも締めてエアーの充填無しでストロークさせると10mmほど残して150mmのストロークとなりました。
前回より10mmほど少ないストロークとなりました。

Pap_0169

エアーを充填して有効ストロークを計ってみると140mmほどになりましたがこれ良しとしましょう。

Pap_0167

ヘッド部にたっぷりとグリスを盛って

Pap_0166

組み上げました。

Pap_0165

続いてRansomのリアサスのオーバーホール。

Pap_0164

シートステーのロッカーアーム部のネジを緩めて外してみると、予想通りシートステーのリア側のピボットの動きが渋い・・・

Pap_0163

アームを外してシムをみると汚れが結構入り込んでいます。

Pap_0162

ユニットも外してベアリングの点検ならびに各部の清掃も併せて行います。

Pap_0159

一通り掃除をして順番に組み上げて行くと、ピボット部でこれくらいの誤差が出ています。
リアのスイングアームが少し左に歪んだ可能性があります。

Pap_0158

幸い、関連箇所のネジを緩めて借り締めしながら組んだところほぼストレス無く組み上げられたので、軽傷だったようです。

Pap_0156

メンテナンスが終わったので一通り組み上げて軽く走りながら前後のエアー充填量の調整を行いました。

Pap_0155

今回のメンテは結構良い感じに仕上がりました。

Pap_0168

途中雨が降り出して慌ててパラソルを出しての作となりましたが見た目はかなりバカンス気分に見えていますなぁ。。。

 

<セッティングメモ>

MARZOCCHI AMSL1→Top=5.5bar/bottom=6bar
Scott Ransom →(+)=22bar/(-)=20bar

|

« 雨が上がったので走ってきました【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | 時間が無いなりに走ってます【MTBサイクリング】 »

scott RANSOM」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

MTBメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨が上がったので走ってきました【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | 時間が無いなりに走ってます【MTBサイクリング】 »