« 塗装にとりかかりました【MTBメンテナンス】 | トップページ | 塗装の後処理と文字入れです【リジットバイク大作戦】 »

2009/03/08

マスキングをして色を塗ります【リジットバイク大作戦】

ポイントとなる第一色目が乾いたので、メインカラーの塗装に入ります

Pap_2879

その前に夜の間に残したい部分のマスキングをしました。

Pap_2878

大きな面積は普通の紙テープ、境目になる部分は多少収縮性のあるマスキングテープを使いました。
上手な方はここまでしなくても良いでしょうが、ワタクシのような「ニワカ」はこれくらい慎重でないと。。。

一夜明け、スプレーガンを使って塗装開始です。

Pap_2877

ぶっちゃけコンプレッサーを購入以来、今回初めてスプレーガンを使います。
購入したエナメル系のペイントをどの程度希釈して良いのかもわからず最初は手探り状態・・・
最初は(ペイント)1:(溶剤)1から始めました。

Pap_2876

今まで使っていた模型用のエアブラシではこの程度の濃さでも辛い濃度に感じましたが流石はコンプレッサー、最終的には3:1の希釈で3気圧に絞っても余裕で吹き付けてくれました。

Pap_2875

と、こんな色で塗りあがりました。

しかし・・・

Pap_2874

ためし吹きした部分が見事にダレてしまいました。
ここは乾いてから補修することにしましょう。

さて、塗装が乾くまでパーツチョイス&クリーニングをしましょう。
テーマは80年。

Pap_2873

フルリジットですが、せっかく手元にGirVinステムがあるのでこれを使いましょう。

Pap_2871

そうなるとアヘッドは使えないので、ここから昔ながらのネジのヘッドセットの組を探す必要が・・・

Pap_2870

ありましたぁ~シマノのDXのヘッドセットが揃いました。

ブレーキも昔のカンティブレーキ。

Pap_2869

磨きをかければ(右側)まだまだ綺麗になります。

Pap_2868

錆びた部分はポスカで塗ってごまかしましょう・・・

ということで、使う部品のチョイスが終わりました。

Pap_2867

ハンドルバーをストレートバーを詰めようか、それともSCOTTのAT3を使おうか悩むところです。

まぁ、組みながら考えましょう。

Pap_2866

さて、塗装も乾いて来たのでマスキングを剥がすことにします。

Pap_2865

テープを剥がして出てくることで現れる別の色。この瞬間はいつもワクワクしちゃいます。

Pap_2864

こんな感じで仕上がりました。

これからダレた部分を処理して文字入れをして仕上げて行きます。

話は変わりますが、今日本屋に行ったら「MTB日和」って言う本が出ていました。
その表紙のバイクが殆ど同じ色・・・・
入れようとした文字の感じまで・・・・
これじゃぁパクッたと思われてしまいますなぁ。
でも、久々にMTBを知っている編集者の新刊が出たって感じでしたね。

ちなみに、ワタクシのフルリジット大作戦は昨年末から計画が動いていましたので。。。
ちょっと言い訳させていただきました。
ミルキーオレンジにすれば良かったなぁ。。。

|

« 塗装にとりかかりました【MTBメンテナンス】 | トップページ | 塗装の後処理と文字入れです【リジットバイク大作戦】 »

自転車」カテゴリの記事

DIY」カテゴリの記事

MTBメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 塗装にとりかかりました【MTBメンテナンス】 | トップページ | 塗装の後処理と文字入れです【リジットバイク大作戦】 »