« とあるショップのツーリングに参加しました【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | お買い物に行ってきました【ポダリング】 »

2008/10/13

ディスクブレーキとリアディレイラーのメンテナンス【MTBメンテナンス】

愛車RANSOMの一昨日のメンテナンスは心がこもっていなかったため、結局昨日はトラブルを引きずりました。

Pap_2582

リアブレーキの片側のシリンダーは戻って来ないわ、リアディレイラーは微妙~に音出てるわ・・・

ブレーキのシリンダーってメンテしたときはちゃんと動くのに、いざ走ろうとすると固まっているのが悔しいですね。

Pap_2580

ご覧のように右側となるピストンが完全に潜って出ていません。
王滝のようなロングランの後とか、メンテした時に水分とかが原因で少しずつ固まっていくんだろうけど、遠慮したい作業だよなぁ・・・
上級グレードにするとこんなこと無いのかな?

前回(→http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2008/07/post_0833.html)は片側しか掃除していなかったので今回両方メンテすることにします。

Pap_2578

両方とも結構汚れていますが、レバーを握ってピストンを落とす方法は片方しか出来ませんので、片方をそれで落として、もう片方はアーレンキーなどを使って引っ張り出すことが出来ます(写真無いけど)

Pap_2579

作業中はこうやってブレーキレバーを少し握った状態で維持すればオイルが流れ出ませんよ。ご参考までに。

Pap_2577

前回同様このピストンを掃除します。

Pap_2575

ボディのシリンダー側もシールを傷つけないようにして掃除します。

掃除が終わったら可動部にブレーキオイルを少量塗ってピストンをシリンダーにはめ込みます。

Pap_2573

エア抜きバルブにブレーキを買ったとき付いてきたホースを取り付けちょっとだけ緩めておいて・・・
レバーの握りを戻すとリザーバタンクから自然とオイルが流れ込みます。

Pap_2572

補充時に泡立たせないよう気をつけながら、リザーバータンクのオイルを切らさないように気をつけて・・・
ホース側からエアと一緒にオイルが出てくることを確認します。
バルブへと空気を集めるイメージでゆっくりと本体の角度を少しずつ変えてオイルと一緒に気泡を送り出します。

この作業を神経質な方はタップリと。アバウトなワタクシはホースで3本分くらいはき出させれば完璧です。

Pap_2571

最後はラバー製のキャップを沈めて溢れるくらいにリザーバタンクにオイルを満たしてキャップを沈めて蓋をして完了です。

握った感じとピストンの動きがイメージ通りかを確認することを忘れないでください。

さて、リアディレイラーのメンテです。

といってもプーリーの動きが思わしく無くて僅かにかん高い摩擦音が出ていました。

Pap_2569

そこでプーリーを外して・・・キタネェ・・・

Pap_2568

パーツクリーナーで掃除したあと、先日作業小屋からボヤが出た会社のシリコングリスを使ってグリスアップをしておきました。

シールドといいながら、プーリーは絶対裏切られるのでMTB乗りにとって下側のセラミックは水で流れ出ないグリスアップと上側のBBの防水を兼ねたグリスアップ処理は気配りしないといけない部分です。

Pap_2567

最後にシリコンワックスで本体を磨いてメンテは完了。
結局走るたびにここまでメンテしないと、何かトラブルに苦しめられます。

ヘタすると走行1時間メンテ3時間だもんね・・・

                              はぁ~

あ!ブレーキパッドの割ピン割るの忘れてた!sweat01

|

« とあるショップのツーリングに参加しました【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | お買い物に行ってきました【ポダリング】 »

scott RANSOM」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

MTBメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
私も最近キャリパー分解掃除しました。
キャリパー割ってもオイルラインがOリングで
繋がっているだけでした。

ピストンは金属コンパウンドで磨いたら
良く動くようになりました。

あと、上位キャリパーでも動かなくなるのは一緒です。

逆に割れる方がピストン外すの楽です。(笑)

投稿: まさ | 2008/11/02 22:56

to まさ

ご訪問ありがとうございます。
ワタクシはボディには手を出したことがありません。
本体はスモールパーツじゃないのは理解できますが、
ピストンはパーツ表に出ていません。
シマノさんスモールパーツで出してくれればメンテ楽なのに・・・
でも、スモールパーツ出ていないってことは
ピストン抜き取りって容認されない分解作業なんですよね・・・

投稿: セニョ(管理人) | 2008/11/03 22:18

私も割ってみたことがあります。(M555キャリパー)
M965は確か分割できなかったような。分割できたほうが楽ですね。
ピストンの交換部品が無いということは、消耗したらおしまい、ということなんですかね。(コスト考えたらしょうがないのか。)
しかし気に入った部品は長く使いたいですね。M755のマスターシリンダーとかも部品が無いので困りますね。

でもピストンは山口選手のところhttp://www.specg.com/ でカシマコートされた仕様が出ていたりしますよ。ちょっと興味あります。

投稿: えて | 2008/11/04 18:32

to えて

カ・シ・マ・コート???>>検索
ほう、表面処理ですかぁ。
確かに1年でダストがこびり付いているようじゃ
テフロンのような処理も魅力ですよね。

ワタクシはアフターパーツを買い足すなら、
普及グレードを使い捨て派かな?
何といってもRANSOMのキャリパーはローター付きで
$25の投げ売りでしたから・・・

投稿: セニョ(管理人) | 2008/11/04 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とあるショップのツーリングに参加しました【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | お買い物に行ってきました【ポダリング】 »