« 厳戒態勢にもめげず乗ってきました【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | 長野安曇野に出張?でした【大町→安曇野→長野】 »

2008/09/10

王滝用のルートを設定してみました【GARMIN Colorado300】

GPSが新型になり、今までのデータが事実上流用出来ないため、王滝を走るためのルートを作成してみました。

Pap_2321

結構一長一短ありますなぁ・・・

ColoradoになってWayPointの数が倍の1000箇所に変わったので、今までのルート設定作業を続けても、より多くのWayPointを打ち込んで設定できると思ったら・・・
1ルートにWayPointは最大50個までって怒られちゃいました・・・
1ルートに50個じゃぁ王滝のようなロングディスタンスのルートではポイントを打ち切れません。

しかし、UUDのマップは林道まで掲載されており、GARMINのMAP SOURCEを駆使すれば登山道のルート検索が可能です。
ということで、WayPointによるルート設定の手法を改め、ルート検索を使った設定に自分が変わることにします。

初めに初期設定として、MAP SOURCEの交通手段をBicycleに変更しました。

Pap_2324

ツールバーからルートツールを選び、スタート地点から順にwaypointを打つっていくと走るべき林道をトレースするルートを即時に探してくれます。
王滝のようなひとけの無い林道で途中マップ上の林道が途切れている場合には、設定をダイレクトに変えてルート設定を進めます。

打ち込んだWayPointは、昨年同様プロファイル表の目標としていた上り下りの境目に打ち込み、チェックポイント間で1つのルートに設定しました。

Pap_2323

地図上に2か所ほど林道が繋がっていなかった部分をリカバリした他は、分岐が少ない山道のため、見事にルートをトレースしてくれました。

これをGPSに転送しても、全てのWayPointが「ROAD」と表示されてしまい、識別が困難になるほか、ルート設定の際WayPoint名が自動でつけられ、これが後で変更できないなど具合が良くありません。

Pap_2319

さらにパソコンのマネージャーには設定したルートについての詳しプロファイルを表示する機能も無いので距離や標高などの情報を取得するためにはカシミールを併用したほうが便利のようです。

そこで、今回は最初に累計距離を名称にしたWayPointをルート上に打ち込んでおき、そのWayPointを結ぶようにルート設定をしてみました。

Pap_2318

こうすると、自分の好みのWayPoint名を付けられるし、プロファイル表との相性も良いルート設定が可能となりました。

新しいプロファイル表は先ほど出来上がりましたので、パウチをして本番に挑みます。

今回は王滝よりGPSの評価が楽しい大会になりそうです・・・

|

« 厳戒態勢にもめげず乗ってきました【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | 長野安曇野に出張?でした【大町→安曇野→長野】 »

こだわりアイテム」カテゴリの記事

山岳サイクリング」カテゴリの記事

MTBイベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 厳戒態勢にもめげず乗ってきました【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | 長野安曇野に出張?でした【大町→安曇野→長野】 »