« 送料無料は時間と交通費を削減します【ケミカル品の購入】 | トップページ | 9回目の車検整備(第一回)【基本整備】 »

2008/09/28

やっぱりトレイルがイチバン【MTB山岳サイクリング】

朝9時頃自宅を出て、先日プランニングしたフィールドを走ってきました。

Pap_2444

高速を飛ばしてスタートポイントに付いたのは9時半過ぎ。
ちょっと遅めのスタートになったりいろいろあって4つのポイントを繋ぐ予定でしたが2つのポイント止まりとなりました。

今日のスタートは、発電所とりんご園と温泉とスキー場と遊覧船があるところ。

Pap_2443

目指すポイントにはちょっと距離がありますが、そこはあえて自分に厳しく走る距離を設けてみました。

Pap_2440

暫くは国道のリエゾン区間なので退屈しのぎに脇道を発見して暫く進んで見ると・・・

Pap_2439

線路に突き当たってオシマイ。ちょうど目の前を列車が走り去って行きました。

Pap_2438

などなど、失敗しながらも福島県への県境越えのツーリング気分で暫く走って、本題の峠へアプローチしました。

Pap_2437

とおもったら、峠道に沿うように地図にない林道が出来ていました。

林道が出来てしまうと旧道は廃れてしまうため、まずは林道を登ってみると・・・

Pap_2436

残念ながら行き止まり。
来た道を戻り旧道へアプローチし直しました。

Pap_2435

登り始めは舗装してあるものの大きな倒木があったり、藪に覆われていたりもう大変。

Pap_2432

ススキや蜘蛛の巣と格闘しながらも無事に峠に到着しました。

標高370m、ここから峠の反対側に標高差で約200mほど落としたダウンヒルが楽しめる予定です。
登り側とは違って、下りの北側斜面は藪も蜘蛛の巣も無い快適な下りが続きました。

Pap_2431

乗車率は限りなく100%に近く約2㌔のダウンヒルには満足。
昔の峠ということでしたが、手入れをされた形跡は無いもいのの、切り通しも殆ど無く半分は最近整備されたトレイルのような気がします。

Pap_2429

麓に降りると「山神社」そのままな名前の神社です。

ここからまたリエゾン区間でアスファルトの林道を登り、

Pap_2427

この大きな看板を目印に林道に入ります。
(ミラーで映った看板と文脈で推測してください)
この辺りは植林した杉の木が多く到る所に巡回用の作業道が点在しています。

Pap_2426

この中にきっとオモロイトレイルもあるんだろうなぁ・・・

Pap_2423

と思いながらも目的の峠を目指して渓流沿いの林道を進みます。

さて、次のポイントに到着です。

Pap_2422

仮にも森林公園という名称が付いている地域なので、木道なんて拵えてそれなりの雰囲気が出ています、が、人は誰もいません。

Pap_2421

綺麗に下草が刈られたつづら折れを押して登って峠へと進みます。

峠に到着しました「飯豊山」・・・・

Pap_2420

標高670mそんなワケないです。

Pap_2419

昨晩の冷え込みで遠くに見える本物の飯豊連峰は初冠雪のようです。

それでは本日のメインイベント、標高差400m距離1.5kmのダウンヒルの始まりです。

Pap_2417

いえ、階段と沢渡り、ロープを張った斜面の連続・・・・

とはいうものの階段の部分を除き、かなりハイレベルなトレイルライディングを楽しむことが出来ました。

Pap_2416

フィニッシュはこんなに素敵な吊り橋。

Pap_2414

結構高さあるんだな、これが・・・・

Pap_2413

そしてここにも何故か「山神社」。

ここから先は残念ながらケータイの充電切れ。
車まで戻って終わりなので特筆すべきこともありませんが・・・

今日走った2本のトレイルはどちらも楽しめることが判明しました。
2箇所とも降りる方向で全く違うコースが楽しめそうです。

今日走っていて気づいたのですが、北側と南側の斜面でその特性が変わるんだなぁと。
南側はしっかりとした粘土質に乾いた腐葉土が乗り、沢も殆ど無い、
北側はじめじめとして谷も険しく路面のマディ。
日が当たる当たらないという単純な違いに加え、このあたりは雪深いのでその辺りも影響しているのでしょうね。
今度フィールドを探す際はそのあたりを考えてみようと思います。

TripOdom 60.5 km
Total Time 6'10"
TotalAscent 1124m
---
with COLORADO 300 logs

|

« 送料無料は時間と交通費を削減します【ケミカル品の購入】 | トップページ | 9回目の車検整備(第一回)【基本整備】 »

scott RANSOM」カテゴリの記事

山岳サイクリング」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 送料無料は時間と交通費を削減します【ケミカル品の購入】 | トップページ | 9回目の車検整備(第一回)【基本整備】 »