« やっぱりトレイルがイチバン【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | ホタテとエビのロッソとリングイネのカルボナーラ【イタメシクッキング】 »

2008/09/29

9回目の車検整備(第一回)【基本整備】

我が家のSOARERも、いよいよ20年目に突入です。

Pap_2411

来月の車検に向けて土曜日は基本整備とついで整備をしました。

手始めにライセンス灯のバルブ交換。

Pap_2409

この前片方が切れてそのままにしていましたが、交換しようとバルブを買いに行ったら7.5Wという規格がみあたりません。仕方がないので5Wで代用しましたが明るさはそれほど変わりませんでした。
でも、明るさがびっこになるのは嫌なので左右交換することにしました。

Pap_2408

このころの部品は手が込んでいて、分解するたびになんだか嬉しくなちゃいます。

次にホーンの交換。

Pap_2407

購入以来使っていたVWのホーンがダメになって前回の車検時に冗談でFIAMMの2連に改装したものの、レスポンスの悪さから普通のホーンに戻すことにしました。

Pap_2406

セコハンで1セット\1,480のINDYホーンとやらを買ってきて、買い置きのコードやギボシ端子などを使って配線コードを自作して、

Pap_2405

取り付けは従来からのステーを流用して簡単に終わらせました。

順調順調。

次にブレーキ関係。

Pap_2404

車の下に潜るのは嫌だったので今回はカップの中のオイルをストローで吸い出して新しいオイルに入れ替えて終わりにしました。
前回の車検時に交換しているので、今回は嘘をついてブレーキラインのオイルも交換したことにしちゃいましょう。。。。

次はエアクリーナー。

Pap_2403

ヤフオクで千円ちょっとで新品が出ていますが、まだ使えそうなので今回はエアーを吹き付けて汚れを飛ばして終わりにしましょう。
距離も走っていないしこれで十分です。

さて、車検項目ではないけどイチバン厄介な整備に着手します。
なんと、ヒーターが効かない・・・

この車はその原因を調べるための診断機能とトラブルシューティングが完璧に用意されています。
現行のオデッセイでさえこれだけの手順は用意されてないし、前に乗っていたメルセデスはサービスに行ってThinkPadをシリアル接続しなければ原因の特定とリセットさえ出来ないという不自由な車たちでした。

Pap_2402

さて、マニュアル通りに「DEF」と「自動」を押しながらイグニッションをONにすると・・・

Pap_2400

全てのランプが点灯して3秒後に20.0~29.0を1秒ずつ表示して、

Pap_2399

この表の機能が正常に動いているかを確認することができます。

Pap_2398

その結果、故障箇所はこの部分と判明。

Pap_2397

ASSYを外して、マニュアルにあるチェック項目に従って診断をすると

Pap_2395

ウォータバルブVSVが不良であるという診断結果になりました。

会社の車の1ヶ月点検が間近なのでその時に部品を発注することにしましょう。
それにしても原因究明が完了するまでマニュアルを読みながらでも20分とかかりません。
コンセプトとしては25年前の車なのに・・・

これが世界のトヨタの品質ですね。

Pap_2394

ウオータラインに手を加えたこともあり、ラジエタードレインを外して冷却水を抜いて濃縮のLLCを2㍑に残りは水道水を満たして冷却水の交換も終わり。

Pap_2392

次の休みに足回など下回りを点検すれば車検整備は完了です。

もし、あと2年乗ることになると2回目のタイミングベルトの交換が必要になりそう。
これもプーリー付きでヤフオク出てたなぁ・・・

|

« やっぱりトレイルがイチバン【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | ホタテとエビのロッソとリングイネのカルボナーラ【イタメシクッキング】 »

」カテゴリの記事

DIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱりトレイルがイチバン【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | ホタテとエビのロッソとリングイネのカルボナーラ【イタメシクッキング】 »