« 玉砕された縦走計画にリベンジしました【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | 炎天下の中走りました【MTB山岳サイクリング】 »

2008/07/20

ディスクブレーキのメンテナンス【MTBメンテナンス】

朝から走ろうと思って各部をチェックしていたら、ブレーキの引きずりが気になっちゃって、走る前にメンテナンスをすることにしました。

Pap_2101

ピストンの稼働面周辺にダストが溜まり、動きが悪くなったことが原因ですが、最終的にはピストンを抜いての大作業になりました。

まず、パッドを外してパーツクリーナーと歯ブラシで落としてみます。

Pap_2110

でも、組み直してちょっと走ってみましたが引きずった感じは改善されませんでした。

仕方がないのでレバーを何度も握り、ピストンを脱落させてピストンの周動面を微粒子コンパウンドで磨いて汚れを落としてみました。

Pap_2105

綺麗になりましたが、ここまでやるとエア抜きをやり直す必要があります。

ブレーキを買った時に付いてきた黄色いブロックをキャリパーに付けて作業開始。

Pap_2104

ついでなのでラインのブレーキオイルも全部入れ替える感じでシマノのボトル半分くらい入れ替えました。

Pap_2102

さすがにここまでいじれば動作は完璧。
朝から乗る予定は叶いませんでしたが、その後乗っても全く問題なし。
でも、削り過ぎると問題が出そうなメンテ方法ですなぁ・・・

そうそう、メタルとレジンを組み合わせたパッドの状況ですが、
王滝半分と山サイ数回こなしてこの状態です。

Pap_2111

どちらも殆ど減っていません。制動力は限りなくメタルに近い感じ。
もう少し乗ってみないと評価も難しいなぁ。。。

|

« 玉砕された縦走計画にリベンジしました【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | 炎天下の中走りました【MTB山岳サイクリング】 »

scott RANSOM」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

MTBメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 玉砕された縦走計画にリベンジしました【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | 炎天下の中走りました【MTB山岳サイクリング】 »