« 炎天下の中走りました【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | RANSOMのリンクをメンテしました【MTBメンテナンス】 »

2008/07/24

壁掛けエアコンの取り外し【住まいのDIY】

夏本番だっちゅーのに、寝室のエアコンの具合が悪くなりました。

Pap_2142

色々調べた結果、室外機の基盤不良と解ったのですが、15年前のエアコン。
部品があるわけもなく引退いただくことにしました。

エアコンを換えるということは、新しいエアコンの価格に加えて、取り外し、リサイクル料、取り付けの費用が発生するということ。
相場を調べると取り外しは2~5K円。リサイクル料が約3K円。取り付けが10~15K円。本体以外で2万も必要になる費用が許せない・・・
本体はメーカーを問わなければ取り付け込みで40K円を切る製品もあるので、いかにその他の費用をカットするかが購入の課題に。
取り付けは、エアパージを真空引きにしなければ配管キットを5K円で用意することで自分で出来そう・・・

メーカーは第一希望を三菱に、その次を東芝としてヤフオクまで物色してお買い得を探してみました。
そんでもって、自分で取り付けても配管キットが5K円くらいするので、取り付けが10K円を切っていれば取り付けを依頼する方向で製品の物色にかかりました。

悩むこと2日。会社帰りに某カメラ店に寄ると8時までのタイムセールで取り付け込みで三菱が43K円。取り付け無いと33K円。
外すのと処分は自分で、取り付けはお願いするというプランに決定!

ということで昨日は会社を速攻退社してエアコンの取り外しを試みました。

Pap_2144

必要な工具はドライバーと6角レンチとスパナとモンキー程度。

Pap_2145

壊れたとはいえ、幸い辛うじて動くので5分くらい冷媒を循環させた後・・・

Pap_2141

高圧側(送り出し)のバルブを6角レンチで締めて引き続き運転することで配管内の冷媒がコンプレッサーで抜かれて真空になって行きます。これをポンプダウンというらしいです、
情報によるとポンプダウンの時間は2~5分とまちまち。
ワタクシは3分ほど運転しました。

Pap_2140

運転を止める前に低圧側(戻り)のバルブを閉めて室外機に入った冷媒が逆流しないようにしてからスイッチを切ります。

Pap_2139

低圧側のバルブを押して、冷媒が出ないことを確認しつつ空気を配管に送ります。
ここまで来れば終わったも同然。

Pap_2136

室外機への電源ケーブルを白いロックをマイナスドライバで押しながら抜いて・・・

Pap_2137

接続部をスパナで外して
配管からオイルが出ないよう気をつけながら

Pap_2134

室内側から配管を抜きやすいようにパイプを真っ直ぐに戻して

Pap_2132

フックで引っかけただけの室内機を外して取り外しは終わりです。

Pap_2130

室外機のあった部分に溜まったゴミを綺麗にデッキブラシで掃除する時間があるのが自分で外したメリット。
業者さんはここまでやらないからね。
ついでに二階のベランダを全部掃除して、室内の壁も綺麗に拭いて新しいエアコンを迎えました。

古いエアコンの処分は決して不法投棄では無く、オモロイルートを発見しました。
それはまた別のオハナシ。。。

Pap_2129

今日会社から帰ると無事に付いていました。

でも、今晩は涼しくてエアコン要らないみたい・・・

|

« 炎天下の中走りました【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | RANSOMのリンクをメンテしました【MTBメンテナンス】 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

DIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 炎天下の中走りました【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | RANSOMのリンクをメンテしました【MTBメンテナンス】 »