« 毎年恒例デッキクリーニング【週末の庭いじり】 | トップページ | 手作りピザ【週末クッキング】 »

2008/05/20

ダイニングのパソコンラック作成【住まいのDIY】

あまりテレビに執着心が無いので、食卓の団らんを壊すテレビは車載テレビのお古を使い回していました。

Pap_1835

このテレビを撤去して地デジパソコンを機能的に使う「台」を用意することが今回のミッションです。

Sn381817

いつものように簡単な図面を引いてから始めます。
今回はMDF合板をチョイスしました。着色を前提とした製作物であれば、狂いも少なく強度もまずまず、日曜大工に適した板だと思います。

ここで作業ポイントを1つご紹介します。

Sn381818

電ノコを使う際、電ノコの歯とガイドのサイズを考慮しながらガイドとなる棒をクランプで固定して、その棒に沿って電ノコを走らせると曲がらずに綺麗な木口となります。
寸法出しに計算が要りますが、沿わせて切って行けるので、気を遣わず綺麗に、結果としては早い仕事になります。

Pap_1844

細かいところはジグソーを使って・・・

Pap_1843

いつものようにルータでホゾを切って・・・

Pap_1842

プレカットが終わるまで約2時間半。
制作物が小さい分誤差が許されないので手間がかかりました。

Pap_1841

続いてホールソーでケーブルホールを開けたり、

Pap_1840

皿ネジ用を潜らせるための面取り穴を開けたりしながら部分的に組み付けて、

Pap_1839

裏になる部分は今回塗装をしました。
この際、接着をする部分はマスキングしておかないと木工ボンドは水性なので接着力が落ちてしまいます。

Pap_1838

台の前面部分は裏側に溝を切り、アルミのL字レールを接着して歪まないよう補強しました。

Pap_1837

組み上げる前に、MDFの表面には我が家のシステムキッチンの色と類似した色のカッティングシートを貼ります。

Sn381806

(毎回、色名を忘れて苦しむので備簿録としての画像)

Pap_1836

あとは、組み付けてれば完成です。棚の背面板には暇つぶしにホールソーでアクセントとなる穴をいくつか開けました。
デザインというよる「掴む場所」を演出したかったという感じです。

さて、テーブルへ取り付けをしましょう。

Pap_1834

基本的には両面テープをメインに固定しますが、補助的に木ねじも併用して強度を上げ、念のために極小のボールキャスターを取り付け負荷分散を図りました。(キャスターは写真の青い円錐型の部品)

Pap_1833

何故か付いている蝶番の取り付けは水平機を使って机の表面と同じ傾きを再現します。

Pap_1832

これで完成!夜中の2時までかかってしまいました。

Pap_1831

ここにパソコンが乗ればそれほどテーブルの表面を置き場所に奪われること無く・・・
パソコンとして使う時は首が回ることで、画面と向き合えるようになる設計です。

Pap_1830

意外と19インチ画面ってデカイ。
もう少し小さな画面でも良かったかなぁ・・・

|

« 毎年恒例デッキクリーニング【週末の庭いじり】 | トップページ | 手作りピザ【週末クッキング】 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

DIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毎年恒例デッキクリーニング【週末の庭いじり】 | トップページ | 手作りピザ【週末クッキング】 »