« 前回の復習をしてきました【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | ドライハーブでサーモンの香草ワイン蒸し【週末クッキング】 »

2008/05/11

ラゲッジスペースのリニューアル【マイカーメンテナンス】

今年に入ってからいろいろと手を入れてきた我が家のオットセイ(オデッセイ)ですが、

Sn381760

購入後一度も変えていなかったラゲッジマットを交換しました。

  趣味の関係で、いつも泥だらけのラゲッジスペース。高価なものを敷く必要もないので、ご覧のように建築用の養生マットを使っています。

前回は分割シートに対応するよう切り込みを入れましたが、切れて見窄らしくなったので今回はシンプルに仕上げることにします。

Sn381761

ハッチゲート側はストライカーの部分を避けるようにして輪郭を出して行きますが、作り直しなので採寸の必要もなく、ダマートで下書きをしてハサミで不要な部分を切り落としていきます。

Sn381762

反対側は補強の意味も兼ねてパイプ貼り付けるために両面テープを貼って・・・

Sn381763

海苔巻きを巻くように仕上げます。

Sn381764

ヘッドレストのステーを介して固定するための穴を開けて、工作用のホチキスで補強して出来上がり。

Sn381766

機能説明は説明するより装着イメージ画像で判断してください。

防音タイプのゴム製なのでロードノイズの高いオットセイには消音の効果も期待できます。

このマットに合わせて両サイドの汚れと傷を保護する意味を込めてこのようなアイテムを作ってあります。

Sn381767

前回のメルセデスの際はスチールパイプで組みましたが、今回はそれほどの力もかからないと思い、塩ビバイブで組んでいます。

それでも簡単なロープ固定や自転車を投げ込んだくらいでは内装に傷が付かないという役目は果たしてくれますし、そのフレームに透明のビニール製のテーブルクロスを貼って汚れを防ぎます。曲線の多い室内にビニールを貼るのは至難の業ですからね。

Sn381768

脱着性を考えて下の2本のフレーム接着していないので、ラゲッジに収める際にジョイント部を差し込んで固定します。

Sn381769

その上から先ほど仕上げたマットを被せれば、無神経に荷物を積んでも傷が付いたり汚れることはありません。

Sn381770

やはり「荷台」はトラックと同じくらいラフに使えた方が便利です。

|

« 前回の復習をしてきました【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | ドライハーブでサーモンの香草ワイン蒸し【週末クッキング】 »

オデッセイ RB1」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 前回の復習をしてきました【MTB山岳サイクリング】 | トップページ | ドライハーブでサーモンの香草ワイン蒸し【週末クッキング】 »